クラウドネイティブの世界でビジネスを止めない運用サービスはなぜ生まれたのかビジネスに貢献できるクラウド運用とは

ITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義となっている今、求められている運用のあり方とは何なのか。どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。

2023年11月15日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 あらゆるビジネスコミュニケーションがデジタル化されている今、ビジネスを支えるITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義になっている。経営環境変化が激しい中、「ニーズの変化にいかに迅速に応えるか」が差別化要素となっていることを受け、開発、リリースのスピードを上げるべく、クラウドネイティブに取り組む企業も増えつつある。

 しかし、いかに迅速に開発できても、リリース後に安全、安定的、かつ快適に使えなければ、ITサービスの意義は半減するどころか、ビジネスのブレーキにすらなり得る。実際に、ITサービスのレスポンスが遅れる、停止するといった事故が起こり、ビジネスに影響を与える事象が目立っているのも各種報道の通りだ。

 だが一般に、多くの企業はサービス運用に課題を抱えている。ビジネス展開に追従しながら、ITサービスを安定的に提供するためにはクラウドを使いこなすことが不可欠だ。しかし使いこなすどころか、クラウドコストの最適化も難しい状況にある。

 では、どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。現実的な方法を探る。


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.