生成AIでマーケティングはどう変わる? 日本アイ・ビー・エムに聞く効果の実態ヒトやカネで解決できなかった問題も解消

マーケティング担当者は今、消費者ニーズの変化に対応すべく、良質なコンテンツを次々と生み出すことが求められている。だが、企画から施策実施までのタイムラグ、コスト不足など、課題は尽きない。この状況を、生成AIはどう変えるのか。

2024年05月29日 10時00分 公開
[ITmedia]

 消費者の関心や行動が多様化し、テクノロジーのトレンドが目まぐるしく変わる現在。それらの動向を迅速にキャッチアップして「顧客ファーストの体験をどう提供するか」「届けたいメッセージをターゲットにどう訴えるか」という問いは、人手不足に悩むマーケティング担当者やサービス担当者をさらに悩ませる課題だ。

 「生成AI」が登場したことで、すがるような思いで「それ、AIでできないの?」と期待をふくらませるマーケターも多いだろう。AIを使えば、ネット広告の効果アップを狙ってPDCAサイクルを爆速で回したり、ターゲットが大人数でも各個人に最適化したサービスを提供したりできる可能性がある。

 そんな夢のような話があるわけ……と思うかもしれない。AIを使ってみたものの成果につながらなかったという経験からAI活用に見切りを付けた人もいるはずだ。しかし、諦めるのは待ってほしい。うまくいかなかったのは、あなたがAIの真価を引き出す活用方法を知らないからだ。

 「デジタルマーケティング×AI」「顧客体験×AI」の領域で知見をためて、業務の効率化やコスト削減による再投資、ビジネスの成長につなげる方法を編み出した企業がある。それが日本アイ・ビー・エムだ。取材すると、同社のノウハウを惜しみなく明かしてくれた。

※本稿は、ITmedia ビジネスオンラインからの転載記事です。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.