失敗しない“企業目線”のタブレット選定術

タブレットは導入しただけでは意味がない。ビジネスの場で有効活用できることこそ、企業が選ぶべきタブレットの絶対条件だ。業務アプリが問題なく使え、安全性や拡張性も高く、用途に応じた選択肢が充実――。本当の意味で「仕事で使えるタブレット」の姿を示そう。

法人向けタブレット市場動向

IDC Japanによると、企業がタブレット導入でAndroidを選択する理由について、「本体が安価」が50.8%と、突出して多いことが分かった。

(2013/12/4)

IDC Japanは産業分野別の国内法人タブレット市場に関する調査結果を発表した。

(2013/6/27)

タブレットの使い勝手やできることは、OSによって大きく異なる。タブレット選びに失敗しないためには、各OSの特徴を熟知しておくことが不可欠だ。主要OSの特徴を解説しよう。

(2013/8/2)

多くの企業が従業員へのタブレット配布を検討している。そうした中、調査会社、米Moor Insight & Strategyのアナリストは、iPadではなくWindows 8タブレットを推奨している。

(2013/4/22)

BYODのサポート対象にWindows 8.1端末を含めてもらいたい――。こうした思惑からか、Windows 8.1にはBYOD解禁の助けとなる幾つかの機能強化が施されている。主要な強化点を見ていこう。

(2013/11/21)

Windowsタブレットを選択する上で、OSはWindows 8とWindows RTのどちらを選ぶべきか、企業利用におけるメリット/デメリット、iPadに対するSurfaceの競争力などについて有識者に聞いた。

(2013/4/19)
【DELL テックセンターブログ】

Windows 8 タブレットPCであれば、既存のPCを置き換えて、メイン機として利用できるか?とお考えのIT担当者も多いと思いますが、まずはモバイル専用機として見た場合の押さえるポイントについてご紹介いたします。

(2013/3/7)

導入したタブレットは、当初の想定通りに利用できているのか? 導入や運用に当たっての課題は何か? タブレットのユーザー企業7社の議論から、こうした疑問を解き明かす。

(2013/8/19)

導入に苦労したにもかかわらず「使えない端末」の烙印を押されたタブレット。使い道を探るべく現場の声を聞くも、要望を全て実現するのは、今のタブレットだと難しそう。そもそも、選んだタブレットが間違いだった?

(2013/8/20)

法人向けタブレットOSの本命Windows8.1を理解する

Windows 8.1には少なくとも16の新機能が盛り込まれる予定だ。特に注目されるのがタブレットデバイスやBYODに役立つ機能。その全貌を紹介する。

(2013/7/2)

Windows 8に対する企業ユーザーの反応の鈍さを受けて、Windows 8.1には大企業のIT部門にアピールする複数の新機能が盛り込まれている。

(2013/7/5)

ワーク・フォルダは、複数のWindows 8.1 PCやモバイル・デバイスの間でユーザー・ドキュメントなどを共有・同期させる機能。ワーク・フォルダに保存された情報はクライアント・デバイスへダウンロードされ、オフラインでも自由に閲覧・編集できる。

(2013/11/28)

Windowsタブレット活用事例

2014年開校の川崎市立川崎高等学校付属中学校は、1人1台のタブレットPCと教員向け研修プログラムでICTを活用し、思考力やコミュニケーション能力を身に付ける教育を推進する。

(2014/1/29)

営業を強くするクラウド名刺管理「Sansan」により、人脈情報の共有化/可視化を実現した徳島県。その取り組みを支えるのが、堅牢性と耐久性に優れ、長時間稼働が可能なWindows 8タブレットだ。

(2014/1/27)

Windows 8タブレットの安全な導入に関して、企業の管理者は教育業界のIT担当者から幾つかの教訓を得ることができる。

(2013/11/18)

コヴェントリー大学のITサービスのローカルデリバリ責任者が、他の端末ではなくWindows 8タブレットを選んだ理由を説明する。

(2013/12/5)

タブレット/スマートフォン向け電子教科書が普及する中、米国の教育機関ではWindowsベースのタブレットPCの採用が広がっている。iPadにはないメリットがあることがその理由だという。

(2013/6/12)

スマートデバイスの運用や管理をいかにスムーズにするか。長崎大学がその解として選択したのは、Windows搭載タブレットの採用だったという。その理由と導入効果を探る。

(2013/7/30)

佐賀県は、なぜ県立高等学校の生徒用端末としてWindowsタブレットを選定したのか。端末を配布せず、生徒の自己負担とした理由は。佐賀県教育庁の福田孝義氏の話をまとめた。

(2013/10/25)

全県立高校へのBYOD採用が注目を集める佐賀県だが、同県が取り組む教育IT化の取り組みは多岐にわたる。佐賀県教育庁の福田孝義氏の話から、その実態を探る。

(2013/11/7)

注目のWindowsタブレット製品レビュー

【DELL テックセンターブログ】

私物デバイスを使って、場所や時間に縛られず効率的に仕事を進める――。そんな新しいワークスタイルへ移行する有力な手段が「BYOD」だ。スムーズにBYODを採用するための具体策を示そう。

(2013/5/13)

市場にはさまざまなタブレットがあるが、真に企業目線で作られたものは意外と少ない。こうした中、企業利用を第一に考えて開発されたタブレットが登場した。その真価を探る。

(2013/12/26)

AtomからCore iまで、SIMフリー(3G)も選べる。デルが日本でもWindows 8.1タブレット「Venue Pro」シリーズを投入。6つの差異化ポイントを挙げ、その優位性をアピールした。

(2013/11/14)

Office付きでも+2000円。3万9980円からの低価格が目を引く8型Windows 8.1タブレット「Venue 8 Pro」。質感の高いボディ、Office付きでも4万1980円、3G対応のSIMロックフリー、Bluetoothキーボードなど、デルの“本気”が伝わってくる新モデルだ。

(2013/11/16)

Windowsタブレットは「PCにより近い存在であること」が、iPadやAndroidタブレットとの差異化になるが、デルの「Venue 11 Pro」はその特徴を突き詰めたモデルといえる。

(2013/11/19)

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2014年4月30日

Copyright© 2019 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Windows 8.1 + タブレットを体感 Microsoft Office 365 ハンズオンセミナー
デルへのお問い合わせはこちらからどうぞ