“ITサービスの品質向上”と“コストの最適化”を両立――鍵は運用の「見える化」「標準化」「自動化」にあり

激変するビジネス環境に迅速かつ的確に対応し、複雑化するITサービスの品質向上とコストの最適化をいかに実現するか――。そこで重要となるのが、システム運用の「見える化」「標準化」「自動化」である。実践的なシステム運用管理を可能にする“現場視点”の運用ノウハウを紹介する。

システム運用管理

仮想環境が増える中、システム運用で注目されているのはプロビジョニングオートメーションやランブックオートメーションのような、更なる自動化である。単純にツールを導入して自動化しても失敗してしまう。実際の経験に基づいた自動化のポイントについて解説する。

導入事例

採用の決め手はバッチ処理の「柔軟性」「低コスト」「エージェントレス」

導入事例

Senjuと歩む運用管理20年の歴史を振り返る

導入事例

リリース業務の一元化、自動化、進捗状況の見える化で内部統制を実現
※資料の閲覧にはSenju Clubサービスへの会員登録が必要です

導入事例

AWSで450万曲配信、障害の内部対応を実現させた運用管理製品とは
※資料の閲覧にはSenju Clubサービスへの会員登録が必要です

導入事例

かさむ独自システムの改修コスト、パッケージ切り替えの決め手とは?
※資料の閲覧にはSenju Clubサービスへの会員登録が必要です

統合運用管理

さまざまなメッセージや対応依頼であふれるシステム運用の現場だが、ノウハウは属人化しており対応に手間取るケースが多い。自動化と手動運用の「いいとこどり」の運用管理ツールなら、必要な情報を選び、正しい対応へと導いてくれる。

システム運用・維持管理コストの削減は、多くの企業に共通の課題となっている。システム運用改善でコスト削減を実現した3社の解決策から、成功する運用改善策のポイントをつかもう。

導入事例

グループ110社1000台を監視、多拠点運用の標準化を実現
※資料の閲覧にはSenju Clubサービスへの会員登録が必要です

サービスデスク

仮想化やクラウドの活用が進むとシステムの変更が激しくなり、プログラムリリース作業が増加する。リリース業務の一元化、自動化で、申請業務の効率化と内部統制対策を実現した企業の取り組みを紹介しよう。

富士電機ITセンターのユーザーサポート部門が、単なる問い合わせ対応から、ビジネスに貢献するサポート部門へと変革を遂げた理由とは? 本資料でその経緯を見ていこう。

トラブル撲滅に向けての「変更管理」と「リリース管理」

ITサービスマネジメント実現には運用プロセスの改善が不可欠である。本資料では運用プロセスを改善する12の工夫を紹介する。

導入事例

ICTソリューションビジネスが拡大 盤石のサービスマネジメント体制構築のため、外資系ツールからSenju Service Managerへのリプレースを決断

導入事例

金融機関向けクラウド基盤、いかにして高レベルの統制ルールを適用したのか
※資料の閲覧にはSenju Clubサービスへの会員登録が必要です

運用基盤サービス

mPLATリーフレット

運用管理も「所有」から「利用」へ。Senju Familyをベースにしたシステム運用環境をSaaS型で提供

mPLAT製品紹介

mPLATサービスの特徴はシステム運用管理に必要な機能を全てAWSから提供し、管理対象にはエージェントソフトも含めて何も用意する必要が無いこと。運用基盤もサービス型の時代に!

提供:株式会社野村総合研究所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Senju Familyをベースにしたシステム運用環境をSaaS型提供

ハンズオンセミナー開催中

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-736-580
 (平日10:00〜18:00)
フリーダイヤル営業時間以外:045-336-6490
e-mail:senjuinfo@nri.co.jp