VMware Cloud on AWSが導くハイブリッドクラウドの新世界


オンプレミスの運用と同じように「VMware vSphere」をクラウドで使えたら、どれだけ楽になるだろうか――。ミッションクリティカルなシステムをクラウドに移行し、ビジネスの敏しょう性や効率を高めつつ、性能や安定性、セキュリティも確保する選択肢として注目を集める「VMware Cloud on AWS」。本サービスで実現する「最適なハイブリッドクラウド」とは?

VMware Cloud on AWSとは?

VMware Cloud on AWSは、Amazon Elastic Compete Cloud(EC2)のベアメタルサーバにVMware SDDCを実装した、ホスト占有型のクラウドサービスだ。VMwareとAWSが共同で開発したサービスであり、AWSでオンプレミスと同じvSphereを利用できる。



Specialコンテンツ

2ノード構成提供開始でスモールスタートが可能に


テレワークなどで急増するクラウドニーズにより、“初めてのクラウド移行”や“急を要するコストの最適化”に悩む一人情シスは少なくない。現在の企業には、クラウドの利点を生かしつつ、既存の人材・スキルで運用できる仕組みが必要だ。この相反するようなニーズに応えるクラウドサービスがあるとしたらどうだろうか。2ノード構成も可能になり、災害対策用のサービスも強化する予定だという、そのサービスのメリットをあらためて整理しよう。

両方を知るベンダーが考える「リフト&シフト」

VMware vSphere環境の利用者から注目を集める「VMware Cloud on AWS」。だが、導入前に手軽に試す方法はあまり知られていない。運用方法や周辺業務プロセスの変更など、影響範囲を知るにはどうしたらよいだろうか。

企業側が適切な要件を把握できないケースも:@IT Special

VMware Cloud on AWSはオンプレミスで利用しているVMware vSphere環境をAWSで稼働できるようにするクラウドサービスだ。だが、そのまま利用すると「バックアップとネットワークの課題」にぶつかるという。この課題の解決方法はあるのか?

“その先”を見据えたクラウド移行

国内でもクラウドへのリフト&シフトの動きが鮮明になってきた。しかし、実現したいことばかりに目が向いて、移行後の“シナリオ”がおろそかになっていないだろうか。

VMware vMotionでは解決しない真の課題

既存業務システムをクラウド化するには、技術とプロジェクト運営の両面で多くの課題を解決する必要がある。しかしオンプレミスのシステムはさまざまな要件で稼働しており、事はそう簡単ではない。どうすればよいのか。

専任ソリューションアーキテクトが語る未来

クラウドを前提としたシステム構築が常識となる中で、既存システムの移行が問題となっている。だが、仮想化ソリューションを採用している企業は安心してほしい。AWSが推薦する最適な移行方法がある。そのメリットとは……。

「VMware Cloud on AWS」のデータ保護戦略

オンプレミスとクラウドを併用するならば、バックアップデータを適切に管理する手段を用意する必要がある。オンプレミスの「VMware vSphere」環境と、クラウドの「VMware Cloud on AWS」環境に適したデータ保護戦略とは。

クラウド提供/クラウド利用、2つの顔で語る:@IT Special

NECは企業のクラウド活用を支援する「NEC Cloud Solutions」のメニューに「VMware Cloud on AWS」を加えている。どのような意義があるのか。ユーザーが得られるメリットは何か。同社の担当者に話を聞いた。

仮想化環境のクラウド移行、運用 虎の巻

オンプレミスの仮想化環境を丸ごとクラウドに移行して運用するにはどうすればよいのだろうか。「VMware Cloud on AWS」環境で高い機動性と運用効率を確保する方法とは。

ITリソースの管理や災害対策に最適な手法は

大学のITシステムは、必要とされるITリソースが学生や教職員の活動に合わせて大きく変動するという特徴を持つ。限られた人員と予算の中で、必要なITリソースを確保し、大学独自のITインフラの課題を解決するにはどうすればよいのだろうか。

事例集

英大手交通サービス提供企業のStagecoachは、市場ニーズの変化に迅速かつ柔軟に対応すべく、新たなIT管理手法を模索していた。そこで同社は、ミッションクリティカルなアプリケーションの刷新を機に、基盤のクラウド移行を決断する。

vSphereベースのプライベートクラウドとパブリッククラウドが共存する環境に限界を感じていたトレンドマイクロ。クラウドに精通する同社は、膨大な時間と工数を要する、パブリッククラウドへのワークロード移行をどのように実現したのか。

ITインフラに柔軟性とスケーラビリティをもたらすものとして期待されるクラウドだが、移行には膨大なコストと開発負荷が伴う。これらの負荷を抑え、スムーズなクラウド移行を果たしたゼンリンデータコムの取り組みとは?

マルチクラウド環境を展開する企業向けにサービスを提供するFactionでは、顧客ニーズの変化に対応すべく、新たなデータ保護ソリューションの提供を考えていた。その実現に向けて、同社はあるベンダーとのパートナーシップを構築する。

CADやプロジェクト進捗管理などのデータを長期保管している千代田化工建設では、基盤のサイロ化により、初回バックアップの長時間化をはじめ課題が頻発していた。この課題を解決し、97%もの効率化を実現した方法とは?

関連資料

仮想環境のクラウド移行を検討するも、さまざまな疑問点から移行できずにいる企業は多い。そこで活用したいのが、AWSのベアメタル環境上で稼働するVMwareソフトウェアベースのクラウドサービスを実際に体感できるハンズオンセミナーだ。

オンプレミスの仮想化環境をクラウド化するに当たっては、移行後の安定稼働への懸念、止められない仮想マシンなどが足かせとなって、移行に踏み切れないケースが少なくない。そんな懸念を一掃する選択肢が「VMware Cloud on AWS」だ。

クラウド移行の簡素化をはじめメリットの多いVMware Cloud on AWSだが、導入に当たり、ネットワークデザインの選択に悩むケースは多い。そこで最適な接続方式やネットワークサービスを選ぶためのポイントを紹介する。

クラウド導入に欠かせないPoCだが、ユースケースごとに検証項目は異なる。そこでデータセンターの拡張やクラウド移行、災害対策などの用途別に検証項目・準備項目をまとめた。スムーズなクラウド利用に役立ててほしい。

ハイブリッドクラウドでは、仮想化基盤をそのまま移行するだけでなく、移行後のネイティブサービスとの連携などクラウドジャーニーの策定が重要だ。VMwareとアマゾン ウェブ サービスが連携したサービスは、このニーズにどう応えたのか。

VMware Cloud on AWSや、ネイティブAWSで構成するSDDCを軸とした、ハイブリッドクラウドの導入に際しては、各サービスの仕様を考慮する必要がある。オンプレ−クラウド間の接続方式をはじめとした懸念点と、その解消法を解説する。

クラウド移行は以前に比べて容易になったものの、多様な目的・ビジネスケースが考えられる。VMware vSphere をスムーズにクラウドに移すVMware Cloud on AWSを活用し、長期的なメリットを生み出すためには何を押さえるべきなのか。

先行きが不透明な現状を乗り越えるためには、自社におけるIT基盤の今後の在り方を見定めることも重要となる。そこで注目したいのが、「SDDC」「働き方改革」「ハイブリッドクラウド」の領域で、解決策の検討を支援する3つのセッションだ。

クラウドがビジネスに不可欠となった今、AWSへの移行・運用・監視などを強力にサポートするAWSパートナーネットワーク(APN)パートナーの重要性は高まる一方だ。経験豊富なAPNパートナーが提供するAWS対応サービスの魅力を解説する。

スペシャル対談

VMware Cloud on AWS活用お客様

提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2020年9月30日

Copyright© 2022 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.