Loading
2009年02月27日 00時00分 UPDATE
PR

指静脈認証システム「静紋」なりすまし防止の切り札「指静脈認証」はコスト削減にも効く

数ある生体認証技術の中でも認証精度やスピードで評価を得ている「指静脈認証」。指紋認証からのリプレースはもちろん、他システムとの連携でコスト削減を実現した事例も増えている。

[ITmedia]

 セキュリティ意識の高まりから、利用者本人を確実に認証する手段として生体認証を採用する例が増えてきている。中でも注目されている手法が「指静脈認証」であり、銀行ATMでの相次ぐ採用や携帯電話ショップでの全国規模導入など、生体認証システムの主流として定着しつつある。また、最近では利用者本人を確実に認証する手段としてだけでなく、他システムとの連携利用によりコスト削減につながるソリューションも増えてきている。

 生体認証には幾つか種類があるが、指静脈認証のどのようなメリットを受けて採用が進んでいるのだろうか。また、どのようにコスト削減を実現しているのだろうか。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「丸紅情報システムズ株式会社」に収集される
  • 「丸紅情報システムズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「丸紅情報システムズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:丸紅情報システムズ株式会社

提供:丸紅情報システムズ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部