Top Story

icon
「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断

クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由

ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。

新着記事

news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり

AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。

news03.jpg
モバイル管理システムの進化

「MDM」から「EMM」、そして「UEM」へ 歴史から学ぶデバイス管理の進化

クラウドサービスやモバイルデバイスの普及、セキュリティリスクの増大などが、デバイス管理システムを進化させてきた。「MDM」製品から「UEM」製品への進化の歴史を振り返る。

news05.jpg
ベンダーに課題を残すモバイルBI【前編】

“期待外れのモバイルBIアプリ”がなくならないシンプルかつ悩ましい理由

BIベンダーの中には、簡潔な洞察を提供する効果的なモバイルアプリを開発している企業がある。一方でPC向けのダッシュボードをスマートフォンで再現しようと奮闘しているBIベンダーもある。

news05.jpg
コンポーザブルインフラ用語集

「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”

「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。

news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

news04.jpg
ハードウェアに迫る危険【前編】

Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性

Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。

news01.jpg
データベースのモダナイズ【後編】

マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

news03.jpg
患者対応に変革を起こすIT【前編】

「診療予約日に来ない患者を減らすシステム」を病院が構築 その仕組みとは?

診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。医療グループのMontefiore Medical Centerが進めた、予約日に来院しない患者を減らす取り組みを紹介する。

news01.jpg
「5G」の期待と現実【後編】

「5G」の性能を”前評判”通りに信じてはいけない納得の理由

「5G」は「4G」と大きく違うが、しばらくはその違いを実感できない可能性がある。両者の違いと、企業が知っておくべき“現実”を解説する。

news02.jpg
「RPA」から「IPA」へ【後編】

「学習」するロボットは業務の自動化にどう役立つのか

RPAを高度化した技術である「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)は、ソフトウェアロボットに「学習」させることができる点が特徴だ。学習によって何が可能になるのか。IPAの利用例を基に説明する。

news04.jpg
「サーバレス」で開発にまつわる負担を軽減

機械学習アプリを「FaaS」で開発すべきこれだけの理由

機械学習を導入する際は、幾つかのハードルを越えなければならない。その有力な手段となり得るのが「FaaS」だ。それはなぜなのか。

news07.jpg
量子コンピュータの向いている分野とは

「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

news06.jpg
製品によって搭載機能に違いも

「Wi-Fi 6」の2つの仕様「Wave 1」「Wave 2」の違いは?

「Wi-Fi 6」は「Wave 1」と「Wave 2」と呼ばれる2つの仕様に分かれる見込みだ。それぞれどのような機能が仕様に含まれるのか。予測を基に解説する。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

いまさら聞けないCI/CD入門

「1月22日号:いまさら聞けないCI/CD入門」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2020/1/22)

無料eBook:特選プレミアムコンテンツガイド

次世代無線LAN「Wi-Fi 6」が2023年まで普及しない理由

次世代の無線LANとして注目を集める「Wi-Fi 6」。「Wi-Fi 5」までとの違いもさることながら、気になるのは本格的な利用はいつ頃にすればよいのかという点だ。過去の傾向を踏まえて検討する。 (2019/12/19)

特選テーマサイト

変化する金融とITの関係

FinTechや仮想通貨(暗号通貨)などの取り組みが広がり、金融とITの関係は確実に変化している。一方でリスクも顕在化してきた。本テーマサイトでは金融業界を取り巻くIT環境の今を紹介する。 (随時更新)