Top Story

icon
生成AIで変化する開発【第2回】

なぜ開発者は「ソースコード自動生成」を素直に喜べないのか?

開発分野における生成AI導入が広がっている。生成AIツールを使うことで開発が効率化することが期待できる一方で、開発者がそれを素直に喜べない事情もある。どういうことなのか。

(2024/04/10)

新着記事

news04.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

“バグの出にくい”プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の基礎知識

堅牢性や再利用性を高め、よりバグの少ないソースコードを作成したいならば、関数型プログラミングの利用を検討しよう。主要な関数型プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の概要を紹介する。

(2024/04/10)
news13.jpg
Web3が再注目される予感【前編】

“インターネットの進化”「Web 3.0」とはつまり何なのか?

「Web 3.0」は、インターネットに対する考え方や利用方法に変化をもたらす存在だ。Web 3.0とは何かを理解するには、幾つか基本を押さえておく必要がある。Web 3.0に関する市場動向と併せて解説する。

(2024/04/10)
news01.jpg
Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【後編】

Pythonのサンプルプログラムで分かる「if __name__ == “__main__”」の使い方

「Python」のプログラミングで使われる「if __name__ == “__main__”」という構文は、何のためのものなのか。どう役立つのか。サンプルプログラムを使いながら、使うべき場面とそうではない場面を解説する。

(2024/04/05)
news02.jpg
LLMで変わる開発【後編】

“AIインフラ”でも論争になる「オンプレミス」対「クラウド」 どう選ぶべき?

自社データを用いてカスタマイズした「プライベートLLM」を運用する場合、ユーザー企業はインフラの構築や運用にどのように向き合えばいいのか。そのポイントを解説する。

(2024/04/05)
news08.jpg
AIによるモダナイゼーションの可能性【中編】

生成AIで脱「COBOL」も? メインフレームは再び注目されるのか、それとも……

生成AIを動かすインフラとして、メインフレームは今後再び注目を集めることになるのか。企業によるモダナイゼーションに向けた動きと併せて解説する。

(2024/04/04)