Top Story

icon
「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】

プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る

企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。

(2021/06/18)

新着記事

news01.jpg
Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】

「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは

サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。

(2021/06/13)
news06.jpg
「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】

いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?

「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。

(2021/06/10)
news02.jpg
Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【前編】

「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? 判明した問題は

「Python」ソースコードを実行可能ファイルに変換する開発ツール「PyInstaller」が、サイバー犯罪者のマルウェア開発を容易にする可能性があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。

(2021/06/06)
news04.jpg
スマート化するRPA【後編】

RPAとAIを連携させても失敗する、“RPAの潜在的なリスク”に注意

RPAとAIを連携させることにより、インテリジェントに意思決定するシステムを構築できる。自ら学習し、改善するシステムの可能性も開ける。だが、RPAにはあるリスクが内在する。

(2021/06/08)
news02.jpg
幾つ使い分けられる?

その変数は「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」のどれなのか? 命名規則の違い

開発者は変数の基本的な命名規則を知っておく必要がある。主要な命名規則である「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」の違いを理解しよう。

(2021/06/05)

注目連載

UMLモデリングツール製品紹介

オブジェクト指向によるモデリングを行う際に用いられる表記方式であるUML(統一モデル記述言語)はソフトウェアの設計だけでなく、業務分析やビジネス設計にも利用されている。本連載では、UMLモデリングを支援する主要なツールを紹介していく。

エンタープライズRIA開発の最新動向

企業においてRIAシステムをより簡単に構築するにはどうすればよいのか? 本連載ではRIA関連製品やプラットフォームを提供するベンダー7社の製品担当者に話を聞き、各社の取り組みを紹介する。