Top Story

icon
アプリの利用増加で懸念

Apple、Google、Samsungに医療記録の管理を任せて大丈夫か?

米国では、モバイルデバイスを用いて自身の医療記録にアクセスする利用者が増えている。だが、こうしたデバイスに保管される医療データのセキュリティとプライバシーに懸念する声もある。

(2018/12/11)

新着記事

news06.jpg
医療機関のあらゆる業務を円滑にする

医療現場の人工知能(AI)活用は、診断支援、遠隔医療、病院経営に「効果あり」

人工知能(AI)関連システムを導入する医療機関が増えている。患者のケアと業務管理の双方に潜在的なメリットがあることを多くの医療従事者が認めつつあるからだ。

(2018/11/22)
news02.jpg
医用画像やウェアラブルデバイスのデータを活用できる可能性

「次世代医療基盤法」はなぜ生まれ、医療情報の活用をどう変えるのか?

個人が健康管理に使うヘルスケアデータや、病院が管理する医療情報をビッグデータとして収集し、医学研究に活用する動きがある。2018年に施行された「次世代医療基盤法」は、この動きを後押しする可能性がある。

(2018/11/19)
news12.jpg
利便性とセキュリティのどちらを取るか

病院がサイバー攻撃を受けると心臓発作患者の死亡率が結果的に増加の可能性

バンダービルド大学の調査では、データ侵害に対する病院の対処と心臓発作患者の死亡率の間に関連性がある可能性を示唆している。

(2018/11/16)
news05.jpg
医療用APIが普及すれば実現できること

命を守り、費用と時間を節約する「診療診断支援機能」(CDSS)の可能性

オープンソース技術や医療用APIがあれば、医療ITは飛躍的な進歩を遂げるだろう。ある医学博士は「後はただ前進するだけだ」と考えている。同氏は医療用APIの普及がもたらす可能性の一つとして、診療診断支援機能(CDSS)の進化を挙げる。

(2018/11/13)
news02.jpg
使いたくなるPHR/EHRの姿【後編】

千葉大学病院「SHACHI」が実現した、医療情報連携を持続させるエコシステム

患者が自身の健康情報を管理し、医療機関と共有できる「PHR」は、まだ身近な存在とは言い難い。普及とサービス維持の鍵となる「予算/収益の確保」を、千葉大学医学部附属病院の「SHACHI」はどう実現したのか。

(2018/11/13)

製品一覧

医療分野向け製品一覧

電子カルテやレセコン、医用画像システムなど、医療分野のIT製品をジャンル別に紹介する。

注目連載

診療所向け電子カルテ製品紹介

本連載では、診療所でも導入しやすい電子カルテシステムをベンダー取材を通して紹介する。

“医療のIT化”最新動向

本連載では「レセプトオンライン請求義務化」などの最新動向について、医療関係者へのインタビューを通して、その現状や課題を探る。

注目記事

医療のIT化が遅れている原因は何か?

「ほかの分野と比べてIT化が10年遅れている」ともいわれる医療分野。その原因と今後求められるシステムの理想像について、コンサルティングを行っているアクセンチュアの井形繁雄氏に聞いた。

国立成育医療研究センターが目指すITシステムの理想像とは?

さまざまな種類の情報システムが活用されている医療分野だが、他の分野と比べてIT化が10年遅れているともいわれる。医療機関がより良い方法でIT化を進めるにはどうすればいいのか?

被災した医療従事者が果たすべき役割とは

自らが被災した医療従事者は、何よりも優先してその職務を全うするべきなのか? 阪神・淡路大震災において、被災地の病院で診療行為を行った医師の体験を紹介しよう。