Top Story

icon
IT部門の新型コロナウイルス対策

「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略

トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。

(2020/05/25)

新着記事

news03.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【後編】

新型コロナでサプライチェーンが混乱、影響を最小限に抑える方法とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけとして発生したサプライチェーンの混乱。それに対処するために企業ができることとは何か。

(2020/05/21)
news09.jpg
テレワーク文化になじんでいないと難しいことも

「ERP」は出社せずに導入できるのか? 新型コロナの在宅勤務で課題に

パンデミックの影響で出張や対面打ち合わせが困難になったために、ERPシステムを導入中の企業は「いかにテレワークで導入作業を進めるか」を検討する必要に迫られている。そもそもテレワークでの導入は可能なのか。

(2020/05/22)
news01.jpg
レジリエンス計画が必要な理由【後編】

重要なはずの「レジリエンス」はなぜ後回しにされるのか?

障害発生時の回復力「レジリエンス」は確かに重要だ。一方で具体的な取り組みに着手できている企業は多くはない。その背景には何があるのか。取り組みのハードルを下げる手段とは。

(2020/05/21)
news08.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】

コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明する

新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。

(2020/05/15)
news01.jpg
新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】

間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント

「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。

(2020/05/11)

注目連載

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション

大企業と同様、中堅・中小企業も業種によってIT投資意向の変化は大きく異なってくる。業種、業態ごとに今、求められるIT活用とは何か? それぞれの業績やIT投資意向を踏まえて考察していく。

中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究

SMBにおいても導入が一巡したグループウェア。一方で、多様化するワークスタイルに適合するソリューションとして期待されるのがSaaS型のサービスだ。オンプレミス型にはないメリットを持つ製品を取り上げていく。

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤

中堅・中小企業にとって、IT投資対効果を最大化することは難しい課題。本連載では、投資の検討において見失いがちな「目的(=方向)」と「時期(=位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供しよう。

中堅・中小企業向け製品紹介

財務会計パッケージ編

人事・給与パッケージ編

もっとExcelを活用する!

業務をラクにする! SMBのExcel活用術

企業内に数多く作られたExcelのデータ資産。IT予算が限られているからこそ、これを生かしたい。たかがExcel、されどExcel。ワークフロー、Web化などExcel資産を生かす方法はここにある。