過去記事一覧 (2022 年)

5 月

/tt/news/2205/18/news10.jpg
「Zoom IQ」の存在意義【前編】

「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘

営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。

/tt/news/2205/17/news02.jpg
これからの「Web会議」運用のいろは【第3回】

Web会議では「見た目」よりも「声」を気にすべき理由と、その改善策

Web会議の快適性を左右するのは映像の見やすさだけではない。音声の聞き取りやすさも重要だ。IT部門が「Web会議の音声品質」を改善する上で、知っておくべきトレンドを探る。

/tt/news/2205/16/news08.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【後編】

PC以外はクラウドへ 戦渦のウクライナでIT企業が実践する「事業継続計画」とは

ロシアのウクライナ侵攻が続く中、業務を継続しているウクライナのIT企業は、どのような事業継続計画を用意していたのか。SoftjournとDataArt Solutionsの事例を紹介する。

/tt/news/2205/10/news03.jpg
これからの「Web会議」運用のいろは【第2回】

「使い方が分からないWeb会議用機器」が会議室に現れたら危険信号

オフィスの会議室に新しいWeb会議用機器を導入しても、操作や設定が難しいと社内普及は進まない。オフィスワーカーもテレワーカーも平等にWeb会議を利用できるよう、運用管理で気を付けるポイントは。

/tt/news/2205/09/news10.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【中編】

ウクライナのIT人材流出が「安価な労働力」の前提を崩壊させる

ウクライナのIT企業DataArt Solutionsは「戦渦の影響で、ウクライナではIT人材の大規模な流出が起きている」と説明する。避難のためにウクライナのIT人材が諸外国に移住した後、起こり得る「労働市場の変化」は。

/tt/news/2205/02/news12.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【前編】

戦渦のウクライナで事業を継続するIT企業、それぞれの「信念」

戦渦に巻き込まれながら、ウクライナのIT企業は目の前の仕事に最善を尽くそうとしている。安全な地域に移転して事業を継続する、それぞれの企業の信念とは。

4 月

/tt/news/2204/27/news07.jpg
バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】

Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?

「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。

/tt/news/2204/22/news15.jpg
これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】

会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由

これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。

/tt/news/2204/22/news14.jpg
NEWS

「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が約6割 中堅・中小企業が抱えるDXの課題とは

デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業を対象にしたIT投資動向調査の結果を発表した。中堅・中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の大きな課題とは。

/tt/news/2204/22/news06.jpg
Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【後編】

「Teams」がちょっと便利になるMicrosoftこだわりの機能とは?

テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にまつわる不便さの解消を目指し、Microsoftは「Teams」「Outlook」の強化を続けている。主要な機能を見てみよう。

/tt/news/2204/20/news13.jpg
バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【前編】

イベントのオンライン移行で「失われたもの」とは?

Web会議ツールをはじめとする動画技術は、働く人々を結ぶ役割を果たしてきた。ただしイベントの用途に関しては、まだ十分な支持を集めているとは言えない。何が足りないのか。

/tt/news/2204/15/news08.jpg
Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【前編】

在宅組と出社組間の“あの違和感”を解消する「Teams」「Outlook」の機能とは

Microsoftは「Teams」と「Outlook」を強化し、ハイブリッドワーク向けの機能を充実させる。「今日はテレワークか、オフィスワークか」を気軽に選びやすくする、会議の調整機能やWeb会議の画面レイアウトとは。

/tt/news/2204/13/news02.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【後編】

「クラウドRPAはこれから売れる」と専門家が予想する理由

さまざまなベンダーがクラウドRPAを提供する中、オンプレミスRPAに偏っていたユーザー企業のニーズに変化が見え始めた。「今後の新規導入はクラウドRPAが主流になる」と専門家は言い切る。その理由は。

3 月

/tt/news/2203/31/news12.jpg
CIOはDXをけん引するパイロット【後編】

“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件

DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。

/tt/news/2203/31/news05.jpg
Webサイトの「エコ基準」【後編】

「1クリック分のCO2排出量」を減らすことがとても大事な理由

「Webサイトを含めあらゆるデータの背後には、それをホストするサーバがあり、膨大な量の二酸化炭素を排出している」と専門家は指摘する。現実的な「インターネットの省エネ化」とは。

/tt/news/2203/31/news11.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】

「クラウドRPA」がすぐには売れない理由

ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。

/tt/news/2203/30/news16.jpg
CIOはDXをけん引するパイロット【前編】

DXにかかわるCIOの3タイプ「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?

米国のある調査によれば、CIO(最高情報責任者)がDXを推進する際の役割は「機長」「副操縦士」「エンジニア」のいずれかに分類できるという。それはどういうものなのか。

/tt/news/2203/29/news10.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【前編】

「クラウドRPA」が売れない 「RPAはオンプレミス」がまだ常識

RPA市場でクラウドシフトの機運が高まらない。RPAベンダー各社がクラウドRPAをこぞって提供する一方で、ユーザー企業の間ではクラウドRPAの利用は広がっていないという。調査結果を基に実態を整理する。

/tt/news/2203/29/news02.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【後編】

「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張

高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。

/tt/news/2203/30/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【後編】

Excel関数「XLOOKUP」は何がすごいのか 「VLOOKUP」との違いとメリット

「Excel 2021」で注目の新関数「XLOOKUP」は、従来の関数「VLOOKUP」のどのような欠点を克服しているのでしょうか。書式例とともに、そのメリットを解説します。

/tt/news/2203/24/news07.jpg
Webサイトの「エコ基準」【前編】

「画像だらけで重いWebサイト」は認めない 環境保護団体EFWAの認定制度とは

英国の環境保護団体Eco-Friendly Web Alliance(EFWA)は、2030年までに新たに排出される二酸化炭素量を50万トン削減することを目指し、「環境に優しいWebサイト」の認定制度を開始した。これはどういうものなのか。

/tt/news/2203/22/news04.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【中編】

「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は

活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。

/tt/news/2203/23/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【前編】

「VLOOKUP」の使い方をおさらい――Excel新関数「XLOOKUP」を使う前に

「Excel 2021」には注目すべき新関数「XLOOKUP」があります。XLOOKUPを理解するには、同様の役割を担う既存関数「VLOOKUP」の知識が役立ちます。VLOOKUPの基本事項をおさらいしましょう。

/tt/news/2203/15/news09.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【前編】

NFTとは? 400億ドル規模に急成長、知財重視の企業には懸念も

「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)の市場が盛り上がりを見せている。一方で法律専門家は、知的財産権や著作権、商標権に関する法整備が追い付いていないことを危惧する。

/tt/news/2203/12/news01.jpg
コンシューマー向けディスプレイ付きスマートスピーカーの「限界」

「Echo Show」「Google Nest Hub」をWeb会議で使うなら気を付けたい2つの問題

Web会議に「Echo Show」「Google Nest Hub」といったコンシューマー向けのディスプレイ付きスマートスピーカーを使えるようにすれば、テレワーカーの利便性を高めやすい。ただし対処すべき問題もある。それは何か。

/tt/news/2203/09/news15.jpg
「社外秘のファイルをうっかり共有」を防止

「Box」と「Slack」「Teams」が連携強化、利便性と安全面でうれしいポイントは

「Slack」や「Microsoft Teams」が、「Box」との連携機能を進めている。こうした動きは、IT管理者にとってどのようなメリットがあるのか。利便性の向上やガバナンス強化といった「うれしい」要素をまとめた。

2 月

/tt/news/2202/23/news02.jpg
「働き方を選びたい」の声に応える

テレワーク時代の今こそ考える「オフィス勤務」は何が良く、何が駄目なのか

「コロナ禍でも働き方を選びたい」という従業員の声に応える上で、テレワークだけでなくオフィス勤務を選べるようにすることは重要だ。テレワークが普及した今、あらためてオフィス勤務の利点と課題を整理しよう。

/tt/news/2202/15/news03.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【後編】

「社員の健康を守るためのPC監視」はありなのか? 問われるプライバシー問題

心身の健康を守る目的で、MicrosoftやCisco Systemsは従業員のPC利用状況や生産性の監視ツールを提供している。こうした監視ツールは雇用主からの需要がある一方で、その存在意義を疑問視する専門家もいる。

/tt/news/2202/10/news04.jpg
「オンボーディング」のRPA活用【後編】

「RPA」があれば楽になる新人受け入れ作業5選

新人スタッフの受け入れ時、人事部門にはさまざまな手作業のプロセスが発生する。中にはRPAで自動化できる工程もある。RPAが活用する5つの利用シーンを紹介する。

/tt/news/2202/09/news01.jpg
ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【後編】

Zoomが「Web会議依存」からの脱却を進めなければならない理由

ハイブリッドワークが浸透する中、Zoom Video Communicationsをはじめとするベンダー各社は、コミュニケーション手段の多様化を推し進めようとしている。その背景には何があるのか。

/tt/news/2202/08/news05.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【中編】

“働き過ぎる文化”にメスを ZoomやTeamsが「仕事から離れる」機能を加えた訳

ITベンダーは「従業員の燃え尽き症候群」の解決に向けた機能拡充に取り組んでいる。一方で専門家は「過重労働を是とする企業文化やマインドセットの問題は、ITツールだけでは解決できない」と警鐘を鳴らす。

/tt/news/2108/18/news03.jpg
「Web会議疲れ」の解決策【後編】

“脱・Web会議依存”が重要な、これだけの理由

Web会議の依存度が高まるほどWeb会議疲れが生じやすくなる。この当たり前の問題を解決するためにも、多種多様なコミュニケーション手段を用意し、それぞれの長所短所を理解して使い分ける必要がある。

/tt/news/2202/03/news08.jpg
「オンボーディング」のRPA活用【前編】

「RPA」で新人受け入れを楽にする“理想的な導入手順”とは?

新人の受け入れ時には、必要書類の作成や給与情報の入力など、人事部門はさまざまな登録作業に追われる。こうしたオンボーディングの過程で発生する定型作業にRPAが役立つ可能性がある。成功のために何をすべきか。

/tt/news/2202/01/news26.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【前編】

「コロナ禍前よりも精神的に疲れた」人が8割 “いつでも連絡できる”の弊害か

コロナ禍をきっかけにコミュニケーションツールを使う機会が広がり、「仕事から離れられない」という問題が深刻化している。調査が示す「燃え尽き症候群の急増と離職リスク」とは。

1 月

/tt/news/2201/27/news10.jpg
コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには

“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし

コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。

/tt/news/2201/25/news10.jpg
ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【前編】

Web会議ブームでも「電話」は消えない 「音声通話」と「ビデオ通話」は融合か

Zoom Video Communicationsは「ユーザーにとって音声通話とビデオ通話の境目は薄くなった」とみる。同社は今後のユーザーニーズをどう捉え、どの製品分野を重視するのか。

/tt/news/2201/31/news03.jpg
「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第3回】

いまさら聞けない、テレワーク用デバイスに「最低限やるべき」5つのセキュリティ対策

やむを得ない事情でテレワークを実施している企業でも、IT資産を守るために「これだけは実施すべき」という、5つのセキュリティ対策とは。不正アクセスの入り口となるデバイスの管理方法に焦点を当て、解説する。

/tt/news/2201/24/news12.jpg
ネットワークを使った3つのメリット

秘密兵器「5G×IoT」は建設業界に何をもたらすのか?

企業にとって生産性の向上はいつでも優先課題だ。建設業界は需要が高まる中、「IoT」と「5G」を使って現場業務の改善に取り組む。

/tt/news/2201/14/news07.jpg
オンラインとオフラインの境界をなくす技術

テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例

テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。

/tt/news/2201/12/news09.jpg
パートナーやユーザー企業からは落胆の声

「Microsoft 365」の月額料金が値上げ 中小企業から非難ごうごうの理由

Microsoftは「Microsoft 365」の月額サブスクリプション料金を値上げする。この料金変更によって、米国の中堅・中小規模のパートナーやユーザー企業から苦情が噴出している。

/tt/news/2201/07/news14.jpg
「インテリジェントワークプレース」は是か非か

オフィス業務を自動化しても社員が幸せにならない理由

オフィスワークの自動化やコラボレーションツールを活用した「インテリジェントワークプレース」は、業務効率化に貢献する技術だ。ただし「導入すれば従業員が幸せになるとは限らない」と懸念を示す専門家もいる。