過去記事一覧 (2021 年)

9 月

/tt/news/2109/28/news06.jpg
制作スタジオを支えるストレージシステム【後編】

メディア企業がNVMeストレージとテープを好んで使う理由 Quantumを選んだ決め手は

映像制作会社のEFDは大量データを扱う将来的な事業拡大を見据え、Quantumのストレージシステムを採用した。どのような仕組みが必要だったのか。

/tt/news/2109/22/news10.jpg
制作スタジオを支えるストレージシステム【前編】

映像会社がストレージに「StorNext」を使う訳 “他社もまねしたい”仕組みとは

メキシコのある制作スタジオは、NVMe接続ストレージとテープバックアップを使って事業拡大を見据える。これを支えるのはQuantumの「StorNext File System」だ。

/tt/news/2109/22/news04.jpg
ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【後編】

「レジリエンス」を高めてダウンタイムコストを最小限に抑える方法

計画外のダウンタイム発生に備えて、最も重要なシステムのレジリエンスを高めることで、損失を最小限に抑えられる可能性がある。どう取り組めばよいのか。

/tt/news/2109/20/news01.jpg
新しいオフィスと働き方を探る【後編】

“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド

今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。

/tt/news/2109/17/news09.jpg
限られた予算で「HCI」を構築【後編】

「自作HCI」が「構築済みHCI」より“安い”とは言えないこれだけの理由

HCI導入を計画する際に十分な予算を確保できないときは、HCIを自前で構築することも選択肢になる。ただしその場合はメリットとデメリットを十分に踏まえておこう。落とし穴には注意が必要だ。

/tt/news/2109/14/news09.jpg
ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【前編】

「ダウンタイム」が招くコストを正確に見積もる方法

ダウンタイムは重大な損失につながりかねない。評判を損ねたり、売り上げを失ったり、余計なITコストが発生したりする恐れがある。こうしたコストを見積もる方法は。

/tt/news/2109/13/news03.jpg
新しいオフィスと働き方を探る【中編】

金融業が脱・オンプレミステレビ会議からの「クラウドWeb会議」移行を決めた訳

金融サービス企業のJPMorgan Chaseは、オンプレミスのテレビ会議システムからクラウドサービスのWeb会議ツールへと移行した。その背景には何があったのか。同社幹部に決断の理由を聞く。

/tt/news/2109/13/news01.jpg
「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第2回】

“テレワーク前提”なら無視してはいけない「セキュリティ」の課題と解決策

テレワークを一時的な施策ではなく長期施策として継続する場合に、無視できないのがセキュリティに関する課題だ。どのような課題があり、どうすれば解決できるのか。

/tt/news/2109/10/news08.jpg
限られた予算で「HCI」を構築【前編】

「自作HCI」と「構築済みHCI」の違い 予算化ではCPUやメモリの何を見るべきか?

HCIを導入する場合、事前に構築されたHCIアプライアンスを選ぶのではなく自前で構築することでコストを抑制できる可能性がある。その場合に検討すべきポイントとは。

/tt/news/2109/06/news03.jpg
新しいオフィスと働き方を探る【前編】

テレワーク推進のジョンソン・エンド・ジョンソンが「会議室こそ重要」と考える訳

Johnson & Johnsonはコロナ禍を契機にテレワークに軸足を移し、必要なコミュニケーションツールを導入した。同社が将来の仕事場の姿を模索するに当たって、「会議室」の在り方が重要だと考えた理由は。

/tt/news/2109/04/news01.jpg
原告側弁護士も“お手上げ”

「Zoom爆撃」訴訟が93億円で和解へ “大企業は和解金ゼロ円”の深い訳

プライバシー保護の不備が争点になっていた「Zoom」の集団訴訟は、和解金8500万ドルの支払いで仮合意となった。和解金は有料、無料ユーザー両方が対象となるが、大企業向けプランのユーザーは対象外だ。なぜなのか。

8 月

/tt/news/2108/30/news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Kindle超えの衝撃「POD」とは? Amazonの出版革命

オンライン書店から始まったAmazon.comは、出版業界を大きく変えてきた。今後も変化を起こせるのか。そうだとすれば、それはどのような変化か。これまでの取り組みを整理しつつ、同社の可能性と限界を探る。

/tt/news/2108/23/news01.jpg
「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第1回】

テレワークを避けられないなら最低限押さえておきたい「経営課題」とは

感染症対策として急場しのぎでテレワークを導入した企業が、テレワークを長期施策として捉えたときに、浮き彫りになる経営課題とは。主要な項目を整理する。

/tt/news/2108/11/news05.jpg
「Web会議疲れ」の解決策【前編】

Zoomも「Web会議疲れ」を問題視 “あの機能”がストレス軽減に役立つ?

ベンダー各社が「Web会議疲れ」の対策に力を入れている。会議予定が過密になるのを防ぐ機能や、Web会議に起因する疎外感やプレッシャーを軽減する機能を併用することで、ストレス軽減に役立つ可能性がある。

7 月

/tt/news/2107/07/news01.jpg
「Web会議」の5大トレンド【後編】

パンデミック前に「Zoom」を知らなかった人たちは、Web会議をどう使うのか?

Web会議ツールの進化が進み、ライブ配信の映像にさまざまな演出を加える編集技術が次々に登場している。そしてWeb会議は、今や利便性だけでなく人の交流スタイルや文化も変えつつある。

6 月

/tt/news/2106/30/news06.jpg
「Web会議」の5大トレンド【中編】

Web会議に慣れた人々が次に求める「アップグレード」は何か?

Web会議を日常的に使うようになると、ちょっとした不便や機能不足を意識しやすくなる。エンドユーザーが次に求める「もう少し良い機能」とは何だろうか。

/tt/news/2106/29/news09.jpg
私物スマートフォンを「鍵」にする

オフィス再開後に“非接触会議室”を作るなら考えたい「BYOD」3つの用途

オフィス勤務を再開してもソーシャルディスタンスの確保がまだ必要ならば、会議室の在り方を見直す必要がある。非接触型の会議室を構築する際、重要な役割を果たすのは私物スマートフォンだ。その理由は。

/tt/news/2106/28/news03.jpg
「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】

iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は

「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。

/tt/news/2106/23/news08.jpg
「Web会議」の5大トレンド【前編】

オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?

感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。

/tt/news/2106/21/news09.jpg
「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】

「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音

Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。

/tt/news/2106/17/news09.jpg
Web会議では「大げさ」で、チャットでは「ややこしい」ときに

Zoomの次は“ビジネス用TikTok”か? 「ショート動画共有」が熱い理由

「Web会議をするほどではないが、チャットで説明するには情報が多過ぎる」――。こうした微妙なニーズに合致する可能性があるのが、「TikTok」のようなショート動画共有サービスだという。それはなぜなのか。

/tt/news/2106/03/news01.jpg
NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【後編】

“脱NAS”とSAN導入を中堅・中小企業が考えたくなるタイミングとは?

現在利用中のシステムに「NAS」の性能が追い付かなくなってきたら、「SAN」への移行を検討するきっかけになる。中堅・中小企業がNASからSANへの移行を考える最適なタイミングを考察する。

5 月

/tt/news/2105/27/news04.jpg
NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】

「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題

中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。

/tt/news/2105/20/news06.jpg
NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【前編】

中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に乗り換えたくなる性能、拡張性の理由

今や中堅・中小企業でもSANは手が届きやすい存在になった。だからといってNASが時代遅れになったわけではない。NASからSANに乗り換えるとすれば、いつ決断すればよいのか。それを決めるヒントを紹介する。

/tt/news/2105/10/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「Teams」で「Excel」を使う利点と“落とし穴”

「Microsoft Teams」の機能は便利ですが、「Microsoft Excel」のファイルを使った作業では意外な不便さを強いられることがあります。Teamsを使った共同作業でExcelファイルを扱う際のこつとは。

/tt/news/2105/11/news01.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第4回】

「RPA」を長く使うなら無視してはいけない“長期的なデメリット”とは

「RPA」は効率性の向上に寄与し、短期的には良い影響をもたらす。ただし長く使うほどにデメリットも顕在化する。主要なデメリットを整理する。

4 月

/tt/news/2104/27/news03.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】

「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”

RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。

/tt/news/2104/23/news01.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】

「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。

/tt/news/2104/21/news01.jpg
「テレワーク×オフィス勤務」に必要なIT【後編】

Web会議を対面会議にもっと近づける「オンラインホワイトボード」の実力

テレワーカーとオフィスワーカーが共同作業をする機会が増えるならば、そのためのツールにも工夫が必要だ。当然ながら相応のセキュリティやガバナンス強化を考える必要がある。具体的な策は。

/tt/news/2104/20/news06.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】

いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは

「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。

/tt/news/2104/16/news02.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】

QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。

/tt/news/2104/14/news06.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】

いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?

調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。

/tt/news/2104/07/news08.jpg
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第4回】

“いきなりテレワーク”の新入社員をどうサポートすればよいのか?

テレワーク前提の新人研修では、人事部門は新入社員をどうサポートすればよいのか。取り組みのヒントを紹介する。

/tt/news/2104/07/news07.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【前編】

SAPやSalesforceは「新型コロナワクチン接種」証明システムをどう実現するのか

人事部門は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した実績をデジタル証明書として確認する方法を求めている。ベンダー各社もこうしたニーズに応えるために、製品開発を急いでいる。その現状は。

/tt/news/2104/06/news01.jpg
Web会議ツールの意義と課題【後編】

「Web会議」ツールを使い倒して問題を招く前に、最低限検討したい4つのポイント

Web会議ツールの機能強化は仕事に役立つ便利なことばかりではなく、コンプライアンスやガバナンスの観点で新たな検討事柄を生むこともある。コンプライアンスやガバナンスの強化に通じる4つのポイントを解説する。

/tt/news/2104/02/news07.jpg
「テレワーク×オフィス勤務」に必要なIT【前編】

「Web会議」を自宅でも、オフィスでも快適にする方法とは?

テレワークとオフィス勤務の混在が当たり前になると、従業員が働く場所を問わず、どこで仕事をしていても生産性を維持できるようにする必要がある。具体的に何をすればよいのか。Web会議を軸に考察する。

3 月

/tt/news/2103/30/news05.jpg
Web会議ツールの意義と課題【中編】

「Web会議」ツールの有料版が欲しくなる、仕事の質を引き上げる4大機能

単純な機能だけなら無料のWeb通話ツールでも事足りるが、有料のWeb会議ツールには仕事の質を高める多彩な機能がある。主要な有料Web会議ツールが備える、代表的な4つの機能を解説する。

/tt/news/2103/29/news02.jpg
従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【後編】

企業は「従業員の新型コロナワクチン接種状況」をどう把握すべきか

企業は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種をしたかどうかをどのように把握すればよいのか。その具体的な手段を検討する。

/tt/news/2103/24/news09.jpg
Web会議ツールの意義と課題【前編】

Web会議ツールは「無料版」ではなく「有料版」を使うべき“納得の理由”

テレワークをするならWeb会議ツールは必要不可欠な道具だ。無料で使えるWeb会議ツールもある中、有料ツールを使うことを納得できる「ビジネスメリット」とは。

/tt/news/2103/23/news01.jpg
情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】

いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?

「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。

/tt/news/2103/22/news03.jpg
従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【中編】

企業は「新型コロナワクチン接種」の情報を従業員にどう提供すべきか

オフィス勤務を再開する条件として、従業員に新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を義務化したり奨励したりする企業は、接種に必要な情報を従業員に提供する必要がある。どのように提供すればよいのか。

/tt/news/2103/15/news08.jpg
従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【前編】

企業はオフィス勤務再開時に新型コロナワクチン接種を義務付けるべきなのか?

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が世界中で進みつつある。米国ではオフィス勤務の再開とワクチン接種の扱いについて本格的な議論が進んでいる。焦点はワクチン接種を義務化するかどうかだ。

/tt/news/2103/01/news10.jpg
情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】

いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか

「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。

2 月

/tt/news/2102/26/news01.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】

DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由

テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。

/tt/news/2102/24/news01.jpg
2021年のDXトレンド予測【後編】

「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由

2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。

/tt/news/2102/16/news02.jpg
2021年のDXトレンド予測【中編】

DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由

システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。

/tt/news/2102/12/news01.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】

ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?

テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。

/tt/news/2102/09/news01.jpg
Boseのサプライチェーン強化【後編】

音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは

音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。

/tt/news/2102/08/news06.jpg
2021年のDXトレンド予測【前編】

アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?

ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。

/tt/news/2102/05/news04.jpg
コロナ禍で変化する遠隔会議製品のトレンド【後編】

「Web会議」「テレビ会議」が楽しくなる考え方と“自分らしさ”の出し方

新型コロナウイルス感染症が終息しても、Web会議ツールやテレビ会議システムといった遠隔会議製品を使う習慣は残るだろう。日常的に遠隔会議製品を使って快適に働くためのこつは。

/tt/news/2102/04/news06.jpg
予測不可能な時代の道しるべ

テレワーク前提時代に知っておきたい「UC」市場の4大トレンド

新型コロナウイルス感染症の今後の状況はいまだ不透明で、2021年は不確実性に満ちている。これからの新しい働き方を模索する上で知っておきたい、ユニファイドコミュニケーション(UC)の4つのトレンドを紹介する。

/tt/news/2102/02/news02.jpg
Boseのサプライチェーン強化【中編】

音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とは

音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。

1 月

/tt/news/2101/28/news06.jpg
コロナ禍で変化する遠隔会議製品のトレンド【前編】

コロナ共存時代の必需品「Web会議」「テレビ会議」はどう進化するのか?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックで企業活動を継続する手段として、Web会議ツールやテレビ会議システムなどの遠隔会議製品の活用が広がった。感染症の終息が見通せない中、遠隔会議製品はどう進化するのか。

/tt/news/2101/26/news07.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【前編】

ITリーダーは「コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ」にどう応えればよいのか?

新型コロナウイルス感染症の問題が続く中で、顧客ニーズが大きく変化している。こうした中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のITリーダーが直面する課題とその解決策は。

/tt/news/2101/24/news01.jpg
コロナ禍の失敗しないプレゼント選び【後編】

技術オタクをうならせるIT以外のお薦めプレゼントは?

IT好きのギークだからといって、プレゼントとしてもらってうれしい物はIT製品だけではない。主にIT以外のギーク向けお薦めプレゼントを紹介しよう。

/tt/news/2101/18/news09.jpg
Boseのサプライチェーン強化【前編】

音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機

2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。

/tt/news/2101/16/news01.jpg
「システム障害」の切り抜け方【後編】

システム障害にいら立つユーザーがほっとする“魔法の言葉”

システム障害に直面したユーザーは、そのいら立ちをヘルプデスクにぶつけてしまうことがある。IT部門のヘルプデスクは、苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。

/tt/news/2101/10/news01.jpg
「システム障害」の切り抜け方【前編】

「サーバがダウンしました」をうまく伝える方法

システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。障害発生時にユーザーをいら立たせない「優れた謝罪」のこつは。

/tt/news/2101/07/news01.jpg
事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】

社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方

DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。

/tt/news/2010/30/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「テレワーク急増でExcelツールが使いにくくなった」らどうする?

コロナ禍をきっかけに社内のVPNやVDIがつながりにくくなり、それまで社内のファイルサーバで共有していたExcelツールの使い勝手も悪くなる問題が浮上しています。どのような解決策があるのでしょうか。