IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
システムの複雑化とデータの増大で激変するバックアップ環境

アナリストに聞く、データバックアップを再考すべき理由

企業のITシステムは複雑化しており、それを取り巻くデータバックアップ環境も大きく変化している。多くの企業では、バックアップ体制を再考すべき時期に差し掛かっている。

(2014/09/19)

新着記事

news04.jpg
コスト削減と生産性向上に最良のサイクル?

「PCは2年ごとに買い換えるべき」説を喜ぶ人と不満な人

PCを買い替えるサイクルは従来通り「3〜4年」でいいのか。今日の世界においては、万人に最適な選択肢というものはない。企業によっては、2年ごとの買い替えが得策となる場合もあるかもしれない。

(2014/09/18)
news07.gif
Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了

実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?

Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。

(2014/09/16)
news02.jpg
「Windows 8」「Windows Vista」の二の舞は絶対に避けたい

大論争に発展 うわさが絶えない「Windows 9」の本命機能とは?

米Microsoftが開発を進めているとされる次期OS「Windows 9」(仮称)では、ユニバーサルアプリやクラウドについての対応強化が期待できそうだ。PCユーザーの心を再び引き付けることはできるのだろうか。

(2014/09/12)
news04.jpg
困ったらまず試したいこんなツール

Windows 8/8.1でアプリが動かない大問題、ふてくされる前にできることとは?

過去のWindows用アプリやWindowsストアアプリの中には、Windows 8/8.1で正常に動作しないものもある。Microsoftは、互換性を確認するための手段を複数用意している。アプリが動かないと諦める前に試したい互換性チェックツールを紹介する。

(2014/09/10)
news01.gif
「CPUアフィニティ」の使いどころをチェック

Windows Server 2012 R2の「プログラムが使うCPUを限定する機能」はこう使うべし

米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」には、プロセスやスレッドを実行するCPUを指定する機能がある。ただし、この機能の利用を決める前には、幾つかの検討すべき問題がある。

(2014/09/09)

製品一覧

システム運用管理製品一覧

バックアップやディザスタリカバリ、シンクライアント、クライアントPC管理、ログ管理、IT資産管理といった運用管理をサポートする製品をジャンル別に紹介する。

製品レビュー

Vistaの次に来るもの「Windows 7」のβ版試用リポート

Windows 7 β版から垣間見た企業クライアントPCの未来

2010年1月にも登場するのではないかといわれている「Windows 7」。Vistaを導入済みの企業にとっても、XPを使い続けている企業にとっても、気になる存在だ。そこで、つい先日公開されたばかりのβ版を試してみた。

Windows Home Serverの実用度やいかに?

家庭だけじゃもったいない? Windows Home Server日本語版のSOHO利用を検証する

2007年8月30日、Windows Home Server日本語版の提供が開始された。主にパワーユーザーの個人用途として注目を集めているが、SOHO利用における実用度も気になるところだ。早速、検証してみた。

Ubuntu 8.10 Server Edition試用リポート

ここ最近、デスクトップLinuxとして人気が高いUbuntuだが、サーバ版があることをご存じだろうか? 企業用途向けの各種機能を強化したという最新リリースを、実際にセットアップして使ってみた。

次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?

初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート

openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。

バックアップ

キーワードでひもとくバックアップ最新事情

次々と新技術が実装されるデータバックアップ製品の数々。それらは果たしてユーザー企業のどのようなニーズに合致するものなのか?

シンクライアント

目的別に選ぶシンクライアント

各ベンダーからはさまざまな製品が提供されているが、その中から自社の状況やニーズに合致したシンクライアントを選ぶためのヒントを提供する。

グリーンデータセンターを目指して

仮想化の普及でシンクライアントも人気再燃

90年代後半、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかった要因を幾つか指摘しておこう。

Loading

注目テーマ