Lenovoも本気だ 「あの新型モデル」と「新品じゃない端末」で変わるPC市場PC市場に回復の兆し【後編】

PCの需要が低迷する中、ベンダー各社は需要を促進する取り組みに注力している。LenovoなどのPCベンダーが目を向けている、“時代の変化”に合わせたPC製品とは。

2024年04月18日 08時00分 公開
[Simon QuickeTechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | トレンド解説


 売れない傾向が顕著になっていたPC市場に関して、調査会社CONTEXT WORLD(以下、CONTEXT)は、「2023年の終わりと共にハードウェア需要は増加に転じる」という予測を立てた。同社が2024年の1、2月に観測した市場の動きは、その予測を裏付けるものだった。PCの販売がこれから上昇基調に転じる可能性がある中で、PCベンダーは「ある新品モデル」と「新品ではない端末」に関する“2つの施策”を取ろうとしている。

Lenovoも本気 PCベンダーが販売強化に乗り出す「2種類のPC」

 PCベンダーは、企業の新しい支出を促そうとAI(人工知能)技術を搭載したPCの発売準備を進めている。それと同時に注力しているのが、リファービッシュ品(整備済み品)の販売体制の強化だ。持続可能性に関する目標の達成を求められている状況の中で、PC業界でも中古製品市場への取り組みが呼び掛けられている。

 すでにPCベンダーがそうした取り組みに着手している事例もある。2024年2月、Lenovoはリファービッシュ品販売サービス「Lenovo Certified Refurbished」を開始した。同社および認定パートナーは、英国、フランス、ドイツ、デンマークで先駆けてリファービッシュ品の販売を始めるという。

 Lenovoのグローバル持続可能性サービス担当エグゼクティブディレクターであるクラウディア・コントレラス氏は、「環境の持続可能性はあらゆる規模、あらゆる分野の企業にとって重要事項だ」と述べる。

 コントレラス氏は、Lenovo Certified Refurbishedを「当社製品のライフサイクルを延ばし、投資利益率(ROI)を向上させ、無駄を削減し、より持続可能な未来をユーザー企業に提供する」サービスだと説明する。「Lenovo Certified Refurbishedは電子廃棄物の削減を促し、PCに新しい命を与え、循環経済に貢献する」(同氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...