Top Story

icon
「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】

クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?

パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。

(2020/03/25)

新着記事

news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【後編】

SLC、MLC、TLC、QLCの違いは? 3Dだけではないフラッシュ大容量化技術

HDDの出荷台数を抜く勢いでフラッシュストレージが普及しつつある理由を知るには、幾つかの視点が必要だ。容量やフォームファクターなどの視点から見てみよう。

(2020/03/24)
news05.jpg
新アプローチのストレージクラスメモリ

NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

(2020/03/19)
news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【前編】

SATA/SAS接続型SSDではなく、なぜ「NVMeフラッシュ」が選ばれるのか

ストレージインタフェースにSATAやSASを採用したSSDよりも、NVMeを採用したフラッシュストレージが選ばれる傾向があるという。その理由とは何か。

(2020/03/16)
news06.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【中編】

「DRAM」と「MRAM」の決定的な違いとは?

メインメモリとストレージの在り方を変える可能性を秘める「ストレージクラスメモリ」。その主要技術「MRAM」とは何か。DRAMやNAND型フラッシュメモリと何が違うのか。

(2020/03/12)
news11.jpg
曖昧になるインフラ【後編】

「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?

HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。

(2020/03/11)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。