Top Story

icon
転換期のハイブリッドクラウド【第2回】

AWS、Azure、IBM、国産 「VMware」ベースのハイブリッドクラウド製品の違いは

ハイブリッドクラウドの運用を実現する手段として、オンプレミスで幅広く利用されているVMware製品ベースの仮想環境を、クラウドにも構築する製品がある。ベンダーによる製品特性の違いを考察する。

(2019/07/23)

新着記事

news06.jpg
スパコン市場とプロセッサ【前編】

Intel、AMDではなく「Arm」がスパコン用プロセッサで勢力を伸ばす理由

スーパーコンピュータ用のプロセッサの主流はIntelとAMDだが、これにArmが食い込もうとしている。存在感を高める中国企業の出方次第で、この市場の形勢は一気に変わる可能性がある。

(2019/07/22)
news05.jpg
定期的な見直しが大切

VDIの“リソース過剰割り当て”を防ぐ方法 「動的メモリ」は要注意?

IT管理者は仮想デスクトップインフラ(VDI)のリソースをバランスよく割り当てる必要がある。そのための方策を幾つか紹介しよう。

(2019/07/19)
news04.jpg
分散ストレージソフト「Ceph」の利点【後編】

「Ceph」を高速化する方法と、Windows環境で使う方法

分散ストレージソフトウェア「Ceph」のパフォーマンスを高めるには、どうすればよいのか。Windows環境でCephを扱う手段とは。簡潔に紹介する。

(2019/07/18)
news06.jpg
Rowhammer対策も無効

「RAMBleed」とは? 物理メモリからデータを盗む新手の手口

セキュリティ研究者が発見したRowhammer攻撃の亜種「RAMBleed」は、物理メモリからデータを盗むことが可能だ。従来の対策では被害を防ぐことができない可能性がある。

(2019/07/16)
news09.jpg
CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】

Intel製CPUを攻撃する「ZombieLoad」の脅威 見えないはずのデータが見える?

セキュリティ研究者が、Intel製プロセッサの脆弱性「Microarchitectural Data Sampling」(MDS)を突く4種のPoC攻撃を開発した。そのうち研究者が最も深刻だと考えているのが「ZombieLoad」だという。その脅威とは。

(2019/07/16)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。