Top Story

icon
フラッシュメモリの今【後編】

NAND型よりも「NOR型フラッシュメモリ」を選ぶべき用途とは?

NOR型フラッシュメモリは自動車や医療をはじめ幅広い分野で活躍している。NAND型フラッシュメモリとの違いを踏まえつつ、NOR型フラッシュメモリの用途を探る。

(2020/07/02)

新着記事

news10.jpg
Storjがオブジェクトストレージ化

分散クラウドストレージサービス「Storj」がAmazon S3互換サービスを開始

ユーザーのストレージを利用して利用料を還元するクラウドサービスのStorjが、Amazon S3互換オブジェクトストレージサービスTardigradeを開始。QNAP製品をTardigrade化するアプリもリリースした。

(2020/07/02)
news02.jpg
Dropboxの脱クラウド以前と以後【後編】

Dropboxがオンプレミス回帰後も「AWS」を使い続ける理由

Dropboxは脱クラウド後も部分的にAWSの利用を続けている。独自のストレージシステムを構築したオンプレミスのデータセンターを含め、どのようにインフラを運用し、どのような方針で製品を導入しているのだろうか。

(2020/07/01)
news11.jpg
急成長するHPC市場とAIの関係

Microsoft、HPE、IBMが注力 「スパコン」などのHPC市場が盛り上がる理由

Microsoftが新しいスーパーコンピュータ(スパコン)を発表するなど、HPC市場の動きが活発化している。ベンダー各社がHPC市場に注力する理由は何か。Microsoftのスパコンの情報と併せて解説する。

(2020/06/30)
news01.jpg
「HCI」混戦時代へ【後編】

HCI市場で「HPE×Nutanix」が「Dell EMC×VMware」を追い抜く日

Dell EMCとVMwareを擁するDell Technologiesは「HCI」市場で支配的な立場にある。その牙城を崩す可能性があるのが、Nutanixとの協業で市場での存在感を増してきたHPEだと専門家は指摘する。どういうことなのか。

(2020/06/30)
news06.jpg
“全社員テレワーク”の大本命【前編】

「リモートアクセスVPN」だけで在宅勤務が可能だと考えるべきではない理由

テレワーク用のITインフラとして「リモートアクセスVPN」が広く利用されている。だがリモートアクセスVPNだけでは安全性を確保できないとの声がある。それはなぜなのか。

(2020/06/29)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。