2022年05月09日 08時15分 公開
特集/連載

AWS純正かOSSか? クラウド向け「ログ管理ツール」の“正解”はクラウドユーザーのための「ログ管理」5大ベストプラクティス【後編】

「Amazon CloudWatch Logs」「Azure Monitor」「Cloud Logging」などクラウドベンダーのツールか。それともサードパーティー製やOSSのツールか。クラウドサービスのユーザー企業が選ぶべきログ管理ツールとは。

[Tom Nolle,TechTarget]

 複数のシステムのログを一元管理するログ管理ツールは、IT担当者がシステムのトラブルに対処する上で有用だ。クラウドサービスのユーザー企業が適切なログ管理ツールを選定するには、何に気を付ければよいのか。中編「ログ管理を『ログ収集』と混同していないか? クラウドログ管理の勘所」に続く本稿は、ログ管理のベストプラクティス5つのうち、5つ目を説明する。

5.適切なログ管理ツールを選ぶ

 ログ管理ツールにはさまざまな選択肢がある。適切なツールを選ぶには、クラウドベンダーが提供するログ管理ツールに加えて、サードパーティー製やオープンソースソフトウェア(OS)のログ管理ツールを比較するとよい。

クラウドベンダーのログ管理ツール

 主なクラウドベンダーのログ一元管理ツールは、Amazon Web Service(AWS)の「Amazon CloudWatch Logs」、Microsoftの「Azure Monitor」、Googleの「Cloud Logging」などだ。各ツールは運営元のクラウドサービスのログに加え、オンプレミスのインフラや他社のクラウドサービスのログを取り込める場合がある。

サードパーティー製ログ管理ツール

 サードパーティーのログ管理ツールベンダーには、DynatraceやDatadog、New Relic、Splunkなどの選択肢がある。各社のAPM(アプリケーションパフォーマンス管理)ソフトウェアは、ログの視覚化に加えて、複数のインフラやアプリケーションからログを収集するための機能を含む。

OSSのログ管理ツール

 代表的なOSSのログ管理ツールには「Elastic Stack」「Graylog」「Fluentd」などの選択肢がある。OSSのログ管理ツールの機能は多岐にわたるため、導入を検討する際は機能を慎重に確認する必要がある。ログ管理サービスを提供する大手クラウドベンダーとの取引がなかったり、オンプレミスインフラでのログ管理を重視したり、ログの取り込みに独自の要件があったりする場合は、OSSのログ管理ツールが最適な可能性がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.png

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」が機能拡充、無料版でもメール配信が可能に
リードナーチャリング活動をよりミニマムにスタート可能に。

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...