IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
変化が求められるセキュリティアプローチ

企業が素朴な疑問、「セキュリティやコンプライアンスばかり考えていていいのか?」

Gartnerが年次セキュリティイベントで、「モノのインターネット」のセキュリティや、コンプライアンス偏重に警鐘を鳴らしたが、改善は容易ではない。

(2014/08/19)

新着記事

news02.jpg
実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第1回】

「OneDrive」やメールも危険? 攻撃者が狙う情報共有系アプリ5種

今、企業を取り巻いているセキュリティ脅威とは何か。それを明らかにするのは、企業の実トラフィックを見るのが近道だ。実トラフィックを基にした調査結果から、脅威の現状を明らかにする。

(2014/08/18)
news01.jpg
Google Glass着用で起訴されるケースも

弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク

ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?

(2014/08/18)
news04.jpg
許可サービス/不許可サービスの選別方法

「社員に怪しいクラウドサービスを使わせない」、IT部門の戦いは終わらない

ITのコンシューマライゼーションが進む中、従業員が無許可のクラウドサービスを利用することによるセキュリティリスクが高まっている。こうしたクラウドサービスの企業利用について適切な戦略を立てることが必要だ。

(2014/08/15)
news03.jpg
BYODからCOPEへ

さようならBYOD、企業が気付いた「会社がスマホを支給した方が何かと便利」

私物のモバイル端末を業務に使わせるよりも、企業が支給する端末を私的に利用することを認めた方がいい結果をもたらすかもしれない。もちろん、適切に運用されなければ、それはそれで問題になるのだが……。

(2014/08/15)
news05.jpg
企業のセキュリティも社員のプライバシーも守る

社員にスマホで“やんちゃ”をさせないための5つのヒント

データが最も大切な資産であるとするならば、BYOD(私物端末の業務利用)には常にリスクが伴う。本稿では、モバイル情報ガバナンス戦略を立てるための5つのヒントを提供する。

(2014/08/13)

情報漏えいを確実に防ぐ「暗号化」

情報漏えいを防ぐ「最後の砦」

導入効果を知る! 暗号化製品

サイバー攻撃を受けた際の情報漏えいを防ぐ“最後の砦”となるのが「暗号化製品」である。その導入のメリットや注意点、最新トレンドをまとめた。

ノートPC盗難・紛失時の情報漏えいに効果

HDD暗号化製品の導入効果を理解する

ノートPCの盗難・紛失時の情報漏えい対策に最適な「HDD暗号化」製品。本稿は、HDD暗号化製品の導入効果や仕組み、機能強化のトレンドを解説する。

導入方法や周辺機能、対応OSなどに注目

HDD暗号化製品の選び方

ノートPCの盗難・紛失時の情報漏えい対策に最適な「HDD暗号化」製品。本稿は、HDD暗号化製品の選定ポイントや導入・運用時の注意点を解説する。

「非Windowsマシン対応」や「多機能さ」で差異化

BitLockerとどう違う? 市販「HDD暗号化製品」の利点と注意点

HDD暗号化を実現するのはWindows標準機能の「BitLocker」だけではない。充実するHDD暗号化製品の選定ポイントを解説する。

ホワイトペーパーレビュー

HDD暗号化のトレンドが分かる3つのホワイトペーパー

社外に持ち出したノートPCの情報漏えいを防ぐ有効な手段となるのがHDD暗号化だ。本稿は、HDD暗号化の最新動向をまとめた3つのホワイトペーパーを紹介する。

相次ぐ標的型攻撃、その対策は?

標的型攻撃対策に関する読者調査リポート

標的型攻撃に72.9%が危機感、出口対策に高い関心

特定の企業を狙い撃ちにした標的型攻撃が次々と明るみに出た2011年。同年12月に実施した読者調査から、標的型攻撃対策の実態や課題を探る。

進化するサイバー攻撃、その対策を探る――IPAの講演から

標的型攻撃の“常とう手段”、送信者詐称メールにどう対処すべきか

業務で関わりのある人や企業からのメールは安心できる――標的型攻撃の攻撃者は、そうした信頼関係を巧みに利用する傾向があると情報処理推進機構(IPA)は指摘する。

未知のマルウェア検知や通信監視など

標的型攻撃に効く、16種のセキュリティ製品/サービス

セキュリティベンダーやサービス事業者が2011年後半から2012年前半に相次いで発表した、標的型攻撃対策を支援する製品/サービスを紹介する。

ホワイトペーパーレビュー

標的型攻撃の具体的対策が分かる3つのホワイトペーパー

相次ぐ標的型攻撃に企業はどう備えるべきか。本稿は、標的型攻撃の具体的な対策を解説した3つのホワイトペーパーを紹介する。

ラック西本CTOに聞く標的型攻撃対策

標的型攻撃の被害を防ぐ“特効薬”は「ログ管理」

次々と明るみに出る標的型攻撃の脅威に、企業はいかに対処すべきか。ラックの西本CTOは従来型の対策に加え、攻撃の痕跡を見逃さないためのログ管理を徹底することがまず重要だと指摘する。

ボットネット検知や攻撃可視化の強化が進む

標的型攻撃の脅威に挑む「次世代ファイアウォール」の進化

標的型攻撃にソーシャルメディア、スマートフォン……。社内システムを取り巻く環境の急速な変化が、次世代ファイアウォールに変化を促す。

「インターネット禁止」と「サイト閲覧許可」を両立

標的型攻撃の被害も防ぐ? 「プレゼンテーション仮想化」の意外な効果

情報漏えい対策としてインターネットへのアクセスを禁止したいが、社外のWebサイトの閲覧は許可したい。こうした相反する2つのニーズを同時に実現する手段が存在する。

クラウドセキュリティの課題と対策

調査結果から見る中堅・中小企業のクラウドセキュリティに対する懸念

独自の調査結果を基に、中堅・中小企業のクラウド活用におけるセキュリティ課題とその解決策を明らかにする。

期待と不安は雲のよう? セキュリティから見たクラウドとの付き合い方

便利でコスト対効果を望めるクラウドだが、重要データを含む業務アプリケーションやサーバを外部に委託するのは安全だろうか。クラウドセキュリティの在り方についてS&Jコンサルティングの三輪信雄氏に聞く。

やるなら今! 「データベースセキュリティ」

Active Directoryで見過ごされがちなセキュリティの問題

Active DirectoryはWindowsコンポーネントの中でも過小評価されがちだが、確実に手を打っておきたいセキュリティ問題も存在する。

脆弱性診断ツールだけでは見つけられないDBセキュリティの脅威

Webサイトと連動するデータベースが今、狙われている。SQLインジェクション攻撃によるデータ詐取やサイト改ざんが再燃し始めた。大切なデータを不正攻撃から守る手段をツール、サービス、運用で見ていく。

システム導入担当者のための「PCI DSS」

カード業者じゃなくてもセキュリティに効く? 一般企業にとってのPCI DSS

米国で導入企業が急増しているPCI DSS。その要件は、カード情報を扱わない企業にとってもセキュリティ強化の実効果が見込めるという。本特集ではPCI DSSを知るための基礎と企業がすぐに適用できる方法について紹介していく。

“まず優先すべき対策”を見いだすPCI DSSの6つのマイルストーン

PCI DSSで実践的なセキュリティ対策の要件が分かっても、どこから手を付けるべきかが分からない――。そこで役立つのが、リスク低減効果を基に対策の優先順を示す「6つの里程標」だ。

製品一覧

情報セキュリティ製品一覧

企業を取り巻くセキュリティ脅威は日々進化している。ここでは、UTM、ファイアウォール、フィルタリングなど、各ベンダーから提供されているセキュリティ製品を紹介する。

Loading

注目テーマ