IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
Red Hat、Microsoft、IBMが「Kubernetes」に参加

IT業界の巨人が集結、Google主導の「Docker」管理ツール開発が開始

Dockerのコンテナに対応するコンテナ管理ツールの開発を目指すGoogle。このオープンソースプロジェクトにRed Hat、Microsoft、IBMなども参加する。

(2014/09/10)

新着記事

news01.gif
仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】

VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編

DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

(2014/09/09)
news02.jpg
基盤技術が肝

ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定

サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?

(2014/09/03)
news09.jpg
ネックになるのは“アプリケーション”

「Windowsを卒業したい」と考えるユーザーの気持ちをなえさせる現実的な課題

Windowsを捨てるべき理由として、このOSの衰退が声高に叫ばれる。が、だからといって、今利用しているOSとアプリケーションを管理するための新しい方法を探すことを先送りにしていい訳ではない。

(2014/09/02)
news07.jpg
使わないリザーブドインスタンスは売却が可能

AWSのコストを下げる「リザーブドインスタンス」の効果的な使い方

いったんクラウドを利用し始めると、キャパシティーを常に監視できなくなる場合がある。予約制のリザーブドインスタンスを使って供給を需要に合わせれば、請求書の額を減らすことが可能だ。

(2014/09/01)
news08.gif
Google、Amazon、MicrosoftのIaaSをめぐる戦い

5分で分かるGoogle Compute Engine AWS、Azureにはない特徴とは

米GoogleのIaaS「Google Compute Engine」は、一般提供が始まってから1年未満である。にもかかわらず、既に大きな影響力を持ち始めている。本稿では、このクラウドサービスの主な特徴を紹介する。

(2014/08/29)
news05.jpg
日本語版Chromebookにも対応

ChromebookでExcelが使える、Ericom“HTML5レシーバー”の実力とは?

HTML5 Receiverは一般的に「便利だけど動作が重い」と言われがちだ。デスクトップ仮想化製品ベンダーの中でもHTML5レシーバーにいち早く取り組み、改良を行ってきたというEricom製品は実用に値するのか?

(2014/08/12)

製品一覧

仮想化製品一覧

システムリソースを抽象化、多重化、統合化することでコンピュータを有効活用する技術である「仮想化」。ここでは、サーバ仮想化、デスクトップ仮想化を始めとした仮想化製品をジャンル別に紹介する。

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化って何?

2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。

デスクトップ仮想化製品紹介

企業の経営課題であるコンプライアンスの強化や情報漏えい対策を背景に、デスクトップ環境を集中管理する仕組み「デスクトップ仮想化」が注目を集めている。

プライベートクラウド

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て

数あるオープンソースクラウド(IaaS)基盤構築ソフトウェアの中でも注目度の高いOpenStack。同プロジェクトが注目される理由、コミュニティーの状況、リリーススケジュール、主要コンポーネントなど、OpenStackの全体像を解説する。

エンタープライズクラウドを定義する

クラウドコンピューティングは、5つの特性、3つのサービスモデル、そして4つの利用モデルで構成される。エンタープライズクラウドの導入において鍵となる利用モデルを中心に解説する。

プライベートクラウドソリューション最前線

大手ITベンダーを中心に、プライベートクラウドソリューションを紹介する。

サーバ仮想化

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品

サーバ仮想化のメリットを十分に引き出すには運用管理ツールが欠かせない。運用管理および運用管理ツールの観点から、ヴイエムウェア、シトリックス・システムズ、マイクロソフトといった主要仮想化ベンダーの仮想化ソフトウェアを紹介する。

サーバ仮想化におけるライセンスの選択

サーバ仮想化を導入する際の検討指針として、ライセンス選択におけるポイントの整理とケーススタディによるコスト試算を提示する。

Loading

注目テーマ