Top Story

icon
教育ITニュースフラッシュ

中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上

中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。

(2022/06/20)

新着記事

news01.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第4回】

「多様性のある人材採用」を口先だけにしないために“本当に大切なこと”

多様性のある採用を目指すときに大切なポイントは幾つかある。求人票の書き方のポイントと共に、採用を通して職場のDEIを実現するために本当に大切なことは何かを探る。

(2022/06/16)
news11.jpg
一般参加者が果樹の開花情報を投稿

「気候変動で果実が不作」の謎をデータで解明するFruitWatchとは? 大学が挑戦

英国のレディング大学がOracleと開始したプロジェクト「FruitWatch」は、気候変動が果実の生産に影響を及ぼす仕組みを明らかにしようとしている。その具体的な内容は。

(2022/06/15)
news01.jpg
教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第4回】

なりすましメールにだまされないために学習者のセキュリティ意識を高める方法

教育機関がサイバー攻撃を受けたとき、最前線にいるのは学習者と教職員だ。彼らにセキュリティ意識と知識がないと、被害を防ぎにくくなる可能性がある。どのように対処すればよいのか。

(2022/06/13)
news02.jpg
教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第3回】

英国トップ大学は「なりすましメール」対策が“甘い”?

英国で評価ランキング上位にある大学は、なりすましメールにどう対処しているのか。Proofpointが公開した「DMARC」に関する調査結果を基に、実態を探る。

(2022/06/08)
news01.jpg
理想的な「オンライン授業」のつくり方【後編】

自宅組と教室組が一体になれない“残念なオンライン授業”をなくす方法

授業において学習者は、教員から学ぶのと同じくらい、他の学習者から学んでいる。オンライン授業では、自宅と教室のそれぞれから参加する学習者同士のやりとりがしづらいケースがある。どうすれば解決できるのか。

(2022/06/03)
news03.jpg
教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第2回】

「なりすましメール」の被害から学習者と教職員を守る方法

サイバー攻撃の成否を左右する「なりすましメール」。学習者や教職員をなりすましメールから保護するために、教育機関はどのような対策を取ればよいのか。

(2022/06/01)
news07.jpg
ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【後編】

戦争はビジネスを殺せない――ウクライナEdTech企業がそう言い切る理由

戦時下においても事業を継続しているEdTech企業が、ウクライナのKeikiだ。同社のIT幹部は「戦争は技術的な面では事業に影響しなかった」と語る。その理由は何か。

(2022/05/30)

テーマサイト

教育ITの先駆者集団「iTeachers」に学ぶ 学校IT活用の極意

先駆的なIT活用校は、どのような考えや思いでITを導入し、どう生かしているのでしょうか。IT活用を積極的に進める教育者チーム「iTeachers」の取り組みを中心に、先駆的なIT活用事例を紹介します。

実践者インタビュー

iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」

教育へのIT活用はまだ歴史が浅く、ベストプラクティスがあるわけではない。成功している学校は、どういった工夫をしているのか。教育現場へのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」の協力の下、先駆的なIT活用者のインタビューをリレー形式で紹介する。

教育IT開設記念 iTeachers座談会

2014年、教育ITを取り巻く状況はどう動くのか。教育関係者が注目すべきこととは。教育現場へのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」の座談会から明らかにする。

教育機関タブレット活用座談会

タブレットを授業で利用する際、どういった課題があるのだろうか。タブレットの授業利用に先駆的に取り組む教育機関3者の話から明らかにする。

製品の選び方

失敗しない「学校IT製品」の選び方

教育機関がIT製品を導入する際、どのような点に気を付けて製品選定を進めればよいのか。製品分野の基礎知識をおさらいしつつ、製品選びのポイントを伝授する。

製品紹介

EdTechフロントランナー

従来の発想にとらわれることなく、教員が真に求める製品を提供する――こうした情熱を持って、特徴的な製品開発を進めるEdTechベンダー。各社の製品の特徴と、製品に込めた思いを探る。

導入の勘所

今、理解しておきたい「学校のIT化の現実」

教育機関におけるIT導入が進みつつあるが、「タブレット」「アプリ」など個別要素にのみ注目していると、意外な落とし穴にはまりかねない。特に授業など教務のIT化に絞り、5つの落とし穴と「グランドデザイン」の重要性を説明する。