「HPC」は計算能力だけの時代じゃない 英大学がLenovoに求めた“ある要素”HPCで充実する高等教育機関【後編】

英国インペリアルカレッジロンドンがLenovoおよびIntelと手を組み、HPC分野での共同研究を開始した。同校が新しいスーパーコンピュータに求めた、計算処理能力以外の要素とは。

2023年07月14日 05時15分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 英国のインペリアルカレッジロンドン(Imperial College London)は、LenovoおよびIntelとの共同研究に乗り出した。同校の研究者が使用するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC:高性能計算)をより持続可能にする他、HPCや人工知能(AI)技術の専門人材の育成に取り組むことなどが目的だ。2社との共同研究に当たり、同校の「Research Computing Service」(RCS、注1)は、Lenovoの液体冷却技術「Lenovo Neptune」を採用した。その理由とは。

※注1:インペリアルカレッジロンドンの研究者によるHPCリソースの利用を支援する組織。

液体冷却と“あの技術”にこだわる理由

 この件に関して、3者は共同研究に関する以下の共同声明を発表した。

インペリアルカレッジロンドン、Lenovo、Intelは、持続可能性に対する揺るぎないコミットメントと、革新的な熱意を共有しています。RCSのスーパーコンピュータは、電力と二酸化炭素排出量を抑えて稼働し、研究者がHPCを活用できるようにします。これによって、より広い社会に利益をもたらす、持続可能なシステムを作り出すとともに、人類に長期的な好影響を与えるでしょう

 インペリアルカレッジロンドンの研究および企業担当副学長兼教授のメアリー・ライアン氏は、このコラボレーションによって、学術研究コミュニティーにおける同大学の地位が向上すると考える。ライアン氏が今回の取り組みによって期待する効果は以下の通りだ。

  • 研究や発明、教育分野における同大学の地位向上
  • 同大学の研究能力や、同大学が提供するサービスの改善
  • 同大学の二酸化炭素排出量の削減

 LenovoのHPCおよびAI担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャー、スコット・ティーズ氏によると、インペリアルカレッジロンドンはHPCの増強を検討し始めた当初、競合する2つの要件を重視した。

 1つ目は計算処理能力だ。複数分野の研究者それぞれが求める回答を得るまでの時間を短縮するために、各研究者に十分な計算能力を提供する必要がある。2つ目は持続可能性だ。インペリアルカレッジロンドンは、保有するシステムが環境に与える影響を低減しなければならない。そこで同大学はLenovo Neptuneに加えて、より少ない電力によるデータ転送を可能とするためにIntelの広帯域メモリを採用した。「これにより研究者に驚異的な計算能力を提供しながら、消費電力を抑制できるようになった」とティーズ氏は強調する。

関連キーワード

HPC | Intel(インテル)


Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...

news025.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年6月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...