Googleクラウドの“爆速”VM(仮想マシン)「C3」シリーズとは?Google Cloud Next 2022で見えたGoogle「次の一手」【後編】

HPCや大規模なアプリケーションに適した仮想マシンタイプとして、Googleが用意するのが「C3」シリーズだ。C3シリーズの特徴を簡潔に紹介する。

2022年12月21日 08時15分 公開
[Tim McCarthyTechTarget]

 Googleは、同社の仮想マシン(VM)サービス「Compute Engine」を継続的に強化している。2022年10月、同社はCompute Engineの新しいVMタイプ「C3」シリーズのプレビュー版を公開した。

「C3」とは? Googleの狙いは

 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC:大規模科学技術計算)やデータ処理が集中するワークロード(アプリケーション)が、C3シリーズの主な想定用途だ。似た用途に利用できる既存のVMタイプには「C2」シリーズや「C2D」シリーズなどがある。C2シリーズはIntel製CPU、C2DシリーズはAMD(Advanced Micro Devices)製CPUを搭載する。

 C3シリーズは、Intelのデータセンター向けCPU「Intel Xeon Scalable」第4世代と「Intel Infrastructure Processing Unit」(Intel IP)を使用する。Googleによると、C3シリーズはC2シリーズと比べて、ワークロードのデータ処理速度を向上させている。C3シリーズは、同社が2022年9月に発表したHPC向けのブロックストレージサービス「Hyperdisk」と組み合わせて利用できる。

GCPのリージョンが増加

 Googleは、新たにオーストリア、ギリシャ、ノルウェー、スウェーデンの5カ国にGCPのリージョン(地域データセンター群)を開設した。2022年前半にも、米オハイオ州のコロンバス、ダラス、フランスのパリ、イタリアのミラノ、スペインのマドリッドに5つのリージョンを開設している。同社はリージョンを増加させることで、GCPの需要増加に応える。

 ITコンサルティング企業のEvaluator Groupでアナリストとして働くデイブ・ラッフォ氏は「もはやクラウドサービスは、あらゆるデータを放り込む単なるリポジトリではなくなっている」と主張。Googleが追い求めているのは「高度なワークロードのインフラだ」と語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...