Top Story

icon
「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向かない企業の特徴とは?

「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップを利用できるようにするといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。

(2021/06/01)

新着記事

news08.jpg
Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【中編】

「Windows Virtual Desktop」のマネージドサービスを賢く選ぶ7つのポイント

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の管理をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に委託する場合、自社に適したマネージドサービスを選定する必要がある。選定のときに考慮すべき7つのポイントを説明する。

(2021/05/31)
news03.jpg
サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【中編】

「仮想マシンの構築が簡単過ぎる」ことがもたらす深刻な問題とは?

サーバ仮想化製品のデメリットには、どのようなものがあるのか。導入後に起こり得るトラブルを予防するために、主なデメリットと、その解決策を理解しよう。

(2021/05/28)
news13.jpg
「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【前編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向いている企業の条件とは?

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」(WVD)の導入を検討する場合、その長所と短所を理解する必要がある。自社への導入が適切かどうか判断可能にするために、WVDの長所と適した用途を説明する。

(2021/05/25)
news10.jpg
TechTargetジャパンクイズ

「ハイパーバイザー」の違いが分かる6問クイズ

ハイパーバイザーには性質が異なる「タイプ1」と「タイプ2」の2種類がある。それぞれに適する利用場面、長所、短所はどのようなものか。クイズに挑戦して理解度を確認しよう。

(2021/05/25)
news08.jpg
Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】

「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?

「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。

(2021/05/24)

製品一覧

仮想化製品一覧

システムリソースを抽象化、多重化、統合化することでコンピュータを有効活用する技術である「仮想化」。ここでは、サーバ仮想化、デスクトップ仮想化を始めとした仮想化製品をジャンル別に紹介する。

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化って何?

2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。

デスクトップ仮想化製品紹介

企業の経営課題であるコンプライアンスの強化や情報漏えい対策を背景に、デスクトップ環境を集中管理する仕組み「デスクトップ仮想化」が注目を集めている。

プライベートクラウド

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て

数あるオープンソースクラウド(IaaS)基盤構築ソフトウェアの中でも注目度の高いOpenStack。同プロジェクトが注目される理由、コミュニティーの状況、リリーススケジュール、主要コンポーネントなど、OpenStackの全体像を解説する。

エンタープライズクラウドを定義する

クラウドコンピューティングは、5つの特性、3つのサービスモデル、そして4つの利用モデルで構成される。エンタープライズクラウドの導入において鍵となる利用モデルを中心に解説する。

プライベートクラウドソリューション最前線

大手ITベンダーを中心に、プライベートクラウドソリューションを紹介する。

サーバ仮想化

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品

サーバ仮想化のメリットを十分に引き出すには運用管理ツールが欠かせない。運用管理および運用管理ツールの観点から、ヴイエムウェア、シトリックス・システムズ、マイクロソフトといった主要仮想化ベンダーの仮想化ソフトウェアを紹介する。

サーバ仮想化におけるライセンスの選択

サーバ仮想化を導入する際の検討指針として、ライセンス選択におけるポイントの整理とケーススタディによるコスト試算を提示する。