「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?サーバ統合を進める2つの方法【後編】

サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。

2024年07月10日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTargetジャパン]

 サーバ統合はサーバの利用効率を高めて、運用負荷の軽減やコストの削減を図ることを指す。サーバ統合の方法の一つとして、サーバ仮想化が挙げられる。サーバ仮想化は物理サーバで複数の仮想マシン(VM)を実行できるようにする手法だ。その結果としてサーバの集約が可能になる。本稿は、サーバ仮想化やアプリケーション移行を計画するときの4つのポイントを説明する。

サーバ仮想化を成功させる4つのポイント

1.リソース量の設計

 1つ目の検討事項は、ホスト(物理サーバ)のリソース量だ。管理者は、必要なVMの個数を見積もり、各VMをホストするために必要な物理サーバの数を計算する必要がある。アプリケーションによって必要なVMのリソース量は異なる。アプリケーションの要件に基づいて、あるVMのリソース量は他のVMよりも大きくなる可能性がある。ホストがVMに必要なリソース量を提供できるかどうかを確認する必要がある。

 インフラを設計する際は、将来必要になるリソース量を十分に備えているかどうかも重要だ。将来新しいアプリケーションの需要が発生した場合や、VMに障害が発生した場合の備えになる。VMをフェイルオーバー(待機系への切り替え)できるよう、実行中のアプリケーションに加え、他のホストの障害発生時に移行してきたアプリケーションを処理するのに十分なリソース量を備えたホストが必要だ。

2.VMを実行するための手段

 2つ目の検討事項は、Microsoftのハイパーバイザー「Hyper-V」やBroadcomの「VMware ESXi」などを含めて、どのハイパーバイザーを使うかを決めることだ。何台のホストをクラスタ化(VMのリソースとして協調動作させること)するのかを検討する必要もある。

 クラウドサービスでVMを利用することもできる。クラウドベンダーは、VMをマネージドサービスとして提供している。クラウドベンダーは、ユーザー企業に代わってホストの管理やアップデート作業を代行する。ユーザー企業はハードウェア管理の必要がなくなるため、VMの管理に集中できる。VMはクラウドベンダーのデータセンターで稼働するので、自社データセンターの電力を消費しない。

 クラウドサービスにもデメリットはある。1つ目のデメリットは、クラウドサービスではVMを完全に制御できないことだ。VMの細かい制御が必要な場合や、クラウドサービスではVMの要件を満たせない場合は、オンプレミスサーバを選ぶ必要がある。2つ目のデメリットは、用途によってはクラウドサービスの方がオンプレミスサーバでVMをホストするよりもコストが高くつくことだ。ただし逆のケースもある。

3.サーバ統合にかかるコスト

 サーバ統合プロジェクトに必要なコストに注意を払う必要がある。ハイパーバイザーのライセンスだけでなく、VMの管理・監視ツールや容量管理ツールが必要な場合がある。選択した仮想化製品やサービスによっては、サポートサービスの契約が必要になる場合もある。

4.移行方法

 最後にアプリケーションをVMに移行する方法を検討する必要がある。アプリケーションごとに差異はあるが、基本的にはサービスの中断を避ける必要がある。

サーバ統合の手法

 サーバ統合の手法は、サーバ統合の方法や実行するアプリケーションによって異なる。オンプレミスインフラで統合するのか、またはクラウドサービスに移行するのかによっても異なる。

 サーバ統合で主に使われるツールは、クラウドサービスとオンプレミスインフラを統合的に運用できるツールと、災害復旧(DR)のためのツールだ。クラウドベンダーは、オンプレミスインフラで実行中のアプリケーションをクラウドサービスに移行するための運用ツールを提供している。VMのプロビジョニング(配備)を自動化するデータベース移行ツールやアプリケーション変換ツールを提供するベンダーもある。

 DRツールは、物理サーバのアプリケーションをバックアップし、移行先の物理サーバもしくはVMにバックアップデータをリストア(復旧)する。DRツールで移行先のサーバにアプリケーションのフェイルオーバーを実行することで、ダウンタイムなしで移行できる場合もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...