基幹システム向けインフラ「DHPC」とは何か:
IT役職者215人の調査で判明 基幹系のクラウドシフトで外せないポイントは
クラウドファーストが常識になりつつあるが、業務を止めず、リスクなく基幹系システムをクラウドに移行する方法はあるのだろうか。調査で読み解く企業ITのこれからと、いまから理解しておきたいクラウド移行の課題を読み解く。(2021/3/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
一貫性のあるハイブリッド環境へ至る、ITモダナイゼーションマップの描き方
イノベーションを創出するための攻めのITと、効率化・省力化を図りながら基幹システムなどを維持する守りのIT。これらを両立するには、オンプレミス、クラウド、エッジ、いずれの環境にも一貫性をもたらす“架け橋”が必要になる。(2021/3/1)

「クラウド管理者」必修スキル【後編】
クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方
クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。(2021/2/25)

「脱クラウド」検討のポイント【後編】
企業が「脱クラウド」を選んでしまう4つの理由
オンプレミスのインフラからクラウドサービスへのワークロード移行で失敗しないためにはまず、企業が「脱クラウド」を決断する理由を把握しておくとよい。主要な4つの理由を説明する。(2021/2/25)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

「AWS Certification」の受かり方【中編】
AWS基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」をあえて取る理由
AWS認定資格「AWS Certification」のうち、最も基本的な資格が「AWS認定クラウドプラクティショナー」だ。能力をアピールしたい人にとって、あえてAWS認定クラウドプラクティショナーを取得する意味とは。(2021/2/19)

クラウドストレージコスト削減法【後編】
クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所
クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。(2021/2/17)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

「脱クラウド」検討のポイント【中編】
「脱クラウド」しやすい企業、クラウドにとどまらざるを得ない企業の違い
「脱クラウド」が比較的容易なワークロードと、難しいワークロードがある。その違いとは何か。脱クラウドしやすいワークロードを構築することはなぜ必要なのか。(2021/2/15)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】
ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?
テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。(2021/2/12)

「クラウドファイル共有」7選【第1回】
AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは
同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。(2021/2/10)

「クラウド管理者」必修スキル【前編】
クラウド管理者に「Linux」「Windows」のスキルが必要な理由
クラウド管理者の役割は企業ごとに異なる。ただしクラウド管理者として成功するために必要な基本スキルは共通している。その代表例が「Linux」と「Windows」関連のスキルだ。(2021/2/9)

「脱クラウド」検討のポイント【前編】
企業はなぜ「脱クラウド」したくなるのか Gartnerに聞く
クラウドサービスで稼働させているワークロードをオンプレミスのインフラに移行させる「脱クラウド」を検討する企業がある。こうした動きはなぜ起こっているのか。脱クラウドの現状を説明する。(2021/2/8)

テレワーク環境の提供【後編】
非仮想デスクトップでOSを問わず、多彩なアプリを配信する方法
オックスフォード大学社会科学部は、統計処理用の各種アプリケーションを学生に使わせる必要があった。だが仮想デスクトップの負荷やOSの違いに煩わされたくなかった。そこで全く異なるアプローチを選択した。(2021/2/3)

従業員に「クラウドが遅い」と言われる前に
情シスが知っておきたい「パブリッククラウドを低遅延でセキュアに使う方法」
企業のパブリッククラウド利用が当たり前となった今、増大する「企業のネットワークとパブリッククラウド間のトラフィック」にどう対処すべきか。セキュアで安定したネットワークを構築するためのポイントとは。(2021/1/25)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/1/22)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

データ処理を高速化し、運用負荷を低減
NTT西日本の「地域創生クラウド」の拡大を支えるデータベース・クラウド基盤
NTT西日本が提供する地域における情報集積プラットフォーム「地域創生クラウド」。地域の顧客の近い場所にデータ主権を保持するクラウドを展開するため、新たにデータベース基盤を採用した。採用した理由は。その効果とは。(2021/1/26)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
データ消失に対する不安を解消、バックアップの統合による効果とは?
仮想マシンの台数増加やクラウド利用が進む中、各システム個別最適で構築したバックアップシステムでは、データ喪失の際に全体像の把握が難しい。そこで注目したいのが、次世代バックアップアプライアンスによるバックアップ環境の統合だ。(2021/1/15)

マルチクラウドは既に常識
インテリジェントなマルチクラウド管理最新動向
ハイブリッド/マルチクラウドはもはや常識だ。今後はマルチクラウドを前提としたワークロード配置の最適化やコスト効率の向上をよりインテリジェントに実現するツールが重要になる。(2021/1/4)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】
CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか
「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。(2021/1/5)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【前編】
NutanixのDaaS「Xi Frame」とは? 利点と注意点を整理
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で知られるNutanixが、専業ベンダーの買収を経て提供を始めたDaaSが「Xi Frame」だ。その機能と特徴、課題を整理する。(2020/12/15)

クラウド導入コストを抑える5つのステップ【後編】
クラウドを限りなく安く使うためのベンダー、サービス選びのポイント
クラウドへの投資効果を高めるには、実導入の前にどのような準備をすればよいのか。クラウドベンダー選びのポイントや、アプリケーション実装時の注意点を説明する。(2020/12/11)

クラウドにはクラウド型の対策で
「DevSecOps」のマインドを取り入れた、最新のSaaS型WAFが登場した理由
セキュリティ担当者の「待った」の声が、Webアプリケーション開発のスピードを鈍らせる――そんな状況を経験したことはないだろうか。スピードとセキュリティを両立させる鍵を探ってみよう。(2020/12/25)

クラウド導入コストを抑える5つのステップ【前編】
クラウドを限りなく安く使うための導入計画の立て方
企業のクラウドサービス導入は、自社の事業内容や目標に合わせて注意深く取り組むことで、コストを抑え、投資対効果を最大限に高めることができる。そのために必要なステップを説明する。(2020/12/3)

コストもセキュリティも安心、安全なIaaSとは
事例で解説、なぜ今まで使い続けたパブリッククラウドを“捨てた”のか
パブリッククラウドには、「リーズナブルなコスト」や「洗練された操作性」、続々登場する「最先端テクノロジー」など情報システム部門を魅了する要素が満載だ。しかし、目先のメリットだけではなくもっと考えるべきことがあるはずだ。(2020/12/16)

クラウドニュースフラッシュ
「脱クラウド」に前向きな国内組織は8割超、その理由とは?
インフラの利用動向やサントリーのAWS移行、UQコミュニケーションズの「Oracle Cloud Infrastructure」導入事例など、クラウドに関する国内の主要なニュースを6つ取り上げる。(2020/11/30)

クラウド専門家による鼎談
クラウド運用コストの最適化をかなえるには?
クラウド移行にはインフラの運用管理の負荷を減らせるメリットがある半面、コストを管理しにくくなってしまう難しさがある。リソース配分とコストを最適化する秘策とは。3人のスペシャリストが語る。(2020/11/9)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ミッションクリティカルな要求と俊敏性を両立、auカブコム証券に学ぶ基盤刷新術
デジタル金融企業を目指すauカブコム証券は、大規模システム基盤の刷新に当たり、ミッションクリティカルな要求とビジネスアジリティの両立という困難な課題に挑んだ。その難題をクリアすべく、同社が採用したアプローチとは?(2020/11/2)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第2回】
病院とITベンダーの考える「クラウド」は別物だった? 誤解の原因は
医療業界でも積極的なクラウド活用が進んでいますが、「クラウドは安い」という印象が先行している側面もあり、導入プロジェクトでITベンダーとの議論がかみ合わないケースが生じています。すれ違いの主な原因は。(2020/12/16)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

クラウド移行の“秘策”はまだまだある
“クラウド化の障壁”を簡単に乗り越える「セミプライベートクラウド」とは
テレワークの広がりとともにクラウドサービス利用の重要性が一気に高まった。そうした中で、いま企業には中長期的な視点で自社の事業継続を支えるインフラを極力少ない労力で実現する方法が求められている。その具体策とは。(2020/10/16)

今選択すべき“クラウド発想のHCI”とは?
どこが違う? 何が違う? 最新HCI選択の見極め方
「ビジネスを支えるIT」が「新たなビジネス価値を創造するIT」へと変化している今、企業はITインフラをどう変革すべきなのか。その変革の中で、クラウドやハイパーコンバージドシステム(HCI)は、どのように企業を支えていくのだろうか。(2020/10/21)

AWSの9大ネットワークサービス【前編】
いまさら聞けないAWSの「Amazon Virtual Private Cloud」「Elastic Load Balancing」の基礎
AWSは複数のネットワークサービスを提供している。その中から仮想ネットワークの「Amazon Virtual Private Cloud」とロードバランサーの「Elastic Load Balancing」を説明する。(2020/10/12)

パブリッククラウド選択のポイント
東京−大阪−世界の通信が無料 パブリッククラウドの機能拡張に注目の理由とは
パブリッククラウド選択時に注目すべきは機能だけではない。国内にデータセンターが複数あり、グローバルと同様のサービスが提供されているかどうかも重要な視点となる。注目クラウドの機能拡張とは?(2020/10/15)

DX推進の基盤となる技術を迅速に採用する
スキル、プロセス、人材を補完してクラウドネイティブを実現するには
一般企業がクラウドネイティブに向けた取り組みで直面する主な課題に、「既存アプリケーションのモダナイズ」「コンテナやKubernetesの実装」「運用管理体制の維持」がある。どうすれば、これらを一挙に解決できるのだろうか。(2020/10/12)

Computer Weekly製品ガイド
最適なDR(災害復旧)製品の選定
災害復旧を導入する際のさまざまな選択肢を取り上げ、それぞれどの程度の価値があるのかを検討する。(2020/10/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
クラウド化の落とし穴を回避 クラウド事業者任せにしない最新データ保護を学ぶ
クラウド上のデータは本当に安全といえるだろうか?この疑問に答えるべく、テック系YouTuberとデータ保護の専門家が語り合った。技術に精通していなくても、楽しみながら最新のクラウドデータ保護の潮流と対策を理解できる。(2020/9/30)

クラウドニュースフラッシュ
情報漏えいの“真犯人”は「クラウドサービスの設定ミス」だった?
クラウドサービスと情報漏えいの関係を示す調査結果や、オンプレミスのインフラで「SAP HANA Enterprise Cloud」を動かす新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/9/30)

知っておきたいITエンジニアと雇用の関係【後編】
“テレワーク転居”で年収ダウン? 「生活費連動給与」の是非
テレワークによって、ITエンジニアは生活費の安い地域に暮らしながら遠隔で働けるようになる。ただしこうした転居は、ITエンジニアに給与ダウンをもたらす可能性がある。それはなぜなのか。(2020/9/19)

知っておきたいITエンジニアと雇用の関係【前編】
年収1000万円超えが狙える「クラウドエンジニア資格」とは?
新型コロナウイルス感染症の影響で、クラウドエンジニアの需要が高まりつつある。採用や給与にプラスの影響を与える可能性が高いクラウド関連資格を説明する。(2020/9/12)

「脱クラウド」の要否【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”
コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。(2020/9/8)

クラウド時代のネットワーク最適化【第2回】
“遅いMicrosoft 365”や“遅いAWS”をネットワークで解消する4つの方法
従来のネットワークのままクラウドサービスの利用が増えると、ボトルネックが生じて快適なクラウドサービスの利用が阻害される場合があります。その問題を解消する4つの方法を紹介します。(2020/9/18)

Computer Weekly製品ガイド
レガシーアプリをクラウドネイティブ化する方法
レガシーアプリケーションと新しいデジタルプラットフォームを統合する方法について検討する。(2020/8/27)

「脱クラウド」の要否【中編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を失敗させない“2つの考慮点”
「脱クラウド」が必要だと判断したとしても、実際にクラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを移行させるのは簡単ではない。脱クラウドを成功させるには、どのような点を考慮すればよいのだろうか。(2020/8/24)

クラウドファイルストレージ
AWS、Azure、GCPのファイルストレージ
クラウドではAmazon S3をはじめとするオブジェクトストレージの利用が拡大しているが、ファイルストレージが必要なユースケースも多い。3大クラウドプロバイダーが提供するファイルストレージを理解しておこう。(2020/8/20)

「脱クラウド」の要否【前編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を招く“クラウド3大問題”とは?
クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」に踏み切る企業は、クラウドサービスでのシステム運用に何らかの問題を抱えている。どのような問題が脱クラウドにつながるのか。(2020/8/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
グローバル調査で分かった、パブリッククラウドからオンプレミス回帰12個の理由
オンプレミス回帰(Cloud Repatriation)とはいったい何か? その意思決定にどのような意図があるのか? 米国の調査会社ESG(Enterprise Strategy Group)が海外で実施したハイブリッドクラウドに関する調査レポートをご紹介する。(2021/2/17)

「脱クラウド」が意味するもの【第4回】
オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?
「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。(2020/8/18)