IT予算に関する企業の本音【前編】
「オンプレミス回帰」は本当に起きているのか“幻想”なのか? Red Hatが分析
パブリッククラウドからオンプレミスへの回帰といった動向が注目される傾向にあるが、実際にITインフラの分野で起きていることは何なのか。Red Hatが分析した。(2024/4/11)

LLMで変わる開発【中編】
「生成AIカスタマイズ」には何が必要? 独自LLMを作る“6つの準備リスト”
生成AIや大規模言語モデル(LLM)の導入や開発に着手するには、まず何から決めればいいのか。AI活用を検討する際に確認すべき6つの基本事項を解説する。(2024/3/29)

いつも正解とは限らないクラウドの問題点【後編】
企業がクラウドをやめる理由「オンプレミスとは全然違う“あの事情”」とは
クラウドサービスは、どのようなアプリケーションにも適するわけではない。企業がクラウドサービスへの移行に失敗するのはなぜなのか。それを理解するには、クラウドサービスの特徴を理解する必要がある。(2024/3/21)

SCSK株式会社提供Webキャスト
クラウド環境のセキュリティ向上とガバナンス強化を両立、今注目の「CSPM」とは
近年、利用が拡大するパブリッククラウドだが、設定ミスやコンプライアンス違反によるセキュリティリスクが増加している。そこでこうした課題を解消し、早期に対応できる「CSPM」が注目されている。(2024/3/21)

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供Webキャスト
デモ動画で解説、仮想環境やアプリの“クラウドマイグレーション”の最適解
リソース不足などによって「既存インフラのクラウド移行」「レガシーアプリケーションのクラウドネイティブ化」に踏み出せていない組織は多い。そこで“クラウドマイグレーション”を実現する、今注目の手法をデモ動画で紹介する。(2024/3/19)

いつも正解とは限らないクラウドの問題点【前編】
クラウドが「安くない」どころか「オンプレミスより高額」になるこれだけの原因
クラウドサービスに移行したものの、想定よりコストが高いと悩む企業は珍しくない。クラウドサービスは常に正しいわけではない。オンプレミスとは異なる高額なコストの原因や欠点とは。(2024/3/14)

Linuxディストリビューションの選択肢【前編】
CentOS後継として「Rocky Linux」と「AlmaLinux」が人気な訳
「Rocky Linux」と「AlmaLinux」は、Red Hatが「CentOS Linux」の廃止を発表した後に誕生したディストリビューションだ。CentOS Linuxの後継として選ばれるRocky LinuxとAlmaLinuxにはどのような特徴があるのか。(2024/3/12)

株式会社日立製作所提供Webキャスト
基幹システムのクラウド移行と併せて、運用管理モデルも変革すべき理由とは?
クラウドを検討・活用したものの「運用コストが思ったより高い」「運用の自動化・標準化が進まない」「障害・セキュリティ対策をどうすべきか分からない」との声も耳にする。クラウド運用を効率化する具体的な手法とユースケースとは。(2024/3/11)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】
ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由
各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。(2024/3/29)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】
ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ
「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。(2024/3/28)

レガシーなERPシステムからの脱却【後編】
ERPのモダナイズで製糖会社は「SAPのライセンス問題」とどう折り合いをつけたのか
製糖会社Florida CrystalsはSAPのERPシステムを最新化するに当たり、「RISE with SAP」か「Bring Your Own License」(BYOL)のどちらを選ぶかという問題に直面した。判断の決め手は何だったのか。(2024/2/28)

レガシーなERPシステムからの脱却【前編】
製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題
製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。(2024/2/21)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

RISE with SAPがもたらした亀裂【前編】
SAPユーザーの信頼に“暗い影”を落とした「RISE with SAP」を巡る騒動
SAPが新機能の提供に関して打ち出した方針が、ユーザー企業の間で波乱を呼んでいる。ユーザー企業団体が強い懸念を示すのはなぜなのか。(2024/2/2)

無償版「RHEL」が使えなくなる?
「CentOS Linux」の終了だけじゃなく「移行先が決まらない」のが大問題?
Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版である「CentOS」を廃止し、「CentOS Stream」を提供開始した。CentOS Streamに移行する以外の選択肢はあるのか。(2024/1/27)

コラボレーションツールの利用とGRC【第2回】
「コラボレーションツール」の“あの機能”こそが法務部門にとっての問題児
コラボレーションツールの利用にはコンプライアンスの問題が常に付随する。たとえ導入時に慎重に検討したとしても、導入後に予期しない問題が生じる可能性がある。何がリスク要因なのか。(2024/1/24)

特選プレミアムコンテンツガイド
パブリッククラウドの基本が分かる「7つの特徴」とは?
パブリッククラウドは企業にどのようなメリットをもたらすのか。オンプレミスシステムとの違いを踏まえつつ、パブリッククラウドの基本が分かる7つの特徴を紹介する。(2024/1/8)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【後編】
「リフト&シフト」がぴったりな企業、向かない企業の違い
クラウドサービスへの引っ越し方法として人気の「リフト&シフト」。しかし、リフト&シフトは全ての企業に適切な方式ではない。どのような企業が、どのような場合に採用するべきかを解説する。(2023/12/26)

ハイブリッドクラウドストレージの何が駄目?【後編】
「脱オンプレミス」するほどコストが減らない“予想外の理由”とは
オンプレミスとクラウドサービスの“いいとこ取り”をしてクラウドストレージを利用する企業の中には、ある理由からクラウドストレージの利用を継続できなくなる企業がある。何が問題となっているのか。(2023/12/20)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【前編】
いまさら聞けない「リフト&シフト」 なぜ人気でどこが駄目?
既存のアプリケーションやOSをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」方式は、クラウドサービスへの引っ越しを検討する企業にとって有力な選択肢だ。その長所と短所を解説する。(2023/12/18)

ハイブリッドクラウドストレージの何が駄目?【前編】
クラウドストレージの「妥協案」が招く“まさかの結末”とは
オンプレミスのストレージとクラウドストレージを使う「ハイブリッドクラウドストレージ」が“理にかなった選択”だと企業は考えるようになった。だがそれが本当に正しいとは言えない。何が問題なのか。(2023/12/14)

ストレージはどう進化しているのか【前編】
最新ストレージのトレンドは? ベンダー3社の“一押し機能”はこれだ
ストレージベンダーは近年、自社製品のデータ共有機能や管理機能を強化する傾向にある。本稿はPanzuraとQuantum、CTERA Networksの新製品の主要な機能を取り上げ、ストレージ市場の変化を説明する。(2023/12/12)

エッジAIとその実力を戦略的視点から読み解く
Edge as a ServiceのGcoreに聞く、AIインフラの特性と日本市場へのビジョン
日本進出したGcoreが、AIインフラおよびソリューションプラットフォームの領域で新風を巻き起こそうとしている。既存パブリッククラウドでの実現を目指すものとは異なる視点で、さまざまなAI用途のイネーブラーになると断言する理由とは。(2023/12/18)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「パブリッククラウド」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/12/8)

専門家が「よくあるレガシーの誤解」を解説
DX推進を阻害するのは「レガシーシステム」ではなく「古い使い方」
レガシーシステムに悩む企業は多い。マイグレーションの方法は幾つかあるが、安易に新しい仕組みに切り替えるだけでは「前よりも性能が落ちた」といったことが起こりかねない。その原因は「“レガシー”を誤解していること」にある。(2023/12/8)

脱レガシーに取り組む英国政府とKyndryl
英国歳入関税庁が「脱メインフレーム」を決断するしかなかった理由
英国歳入関税庁が、メインフレームからクラウドサービスに移行するために投資を決断した。投資額は15カ月間で440万ポンドにもなる。なぜ英国政府はクラウド移行を急ぐのか。(2023/12/4)

複雑になるマルチクラウドの請求管理【後編】
クラウドの「分かりにくい料金」とうまく付き合う“なるほどの方法”
クラウドサービスはインフラを分散させ、追加のアカウントを作成するほど請求管理が難しくなる。請求管理を容易にするためのベストプラクティスを紹介する。(2023/11/29)

複雑になるマルチクラウドの請求管理【前編】
「ややこしいクラウド請求額」の“謎”に絡み付くこれだけの要因
クラウドサービスの請求額はさまざまな要因によって変動するため、とても複雑だ。企業がクラウドサービスの請求を管理するために立ち向かうべき課題と、“請求の複雑さ”の要因を確認しよう(2023/11/23)

「オンプレミス回帰」が起きている4つの理由【後編】
「オンプレミス回帰」のなぜ クラウドを使う“本当の難しさ”とは?
クラウドストレージを使うことは理にかなう場合がある一方で、必ずしもクラウドストレージが最適ではない場合もある。企業が「オンプレミス回帰」を検討する理由とは。(2023/11/20)

人材・プロセス・意識も変えるアジャイル
第一フロンティア生命保険がクラウド/アジャイル化の課題を乗り越えられた秘訣
インフラを変えるだけでなく、メンバーの意識、価値観から変える……。第一フロンティア生命保険のインフラ刷新プロジェクトはどのように進められたのか。アジャイル開発をどう適用させたのか。成果を得るまでの軌跡を対談で振り返る。(2023/11/16)

クラウドが高い原因はリソースの無駄?【後編】
AWS、Azure、GCPの「クラウドコスト」を抑制する“定番の方法”とは
AWSとAzure、GCPという3大クラウドサービス群では、コストを可視化して削減するためのツールの利用が可能だ。ツールの活用によってコストの可視化や、コスト抑制の計画を立てることができる。(2023/11/14)

クラウドが高い原因はリソースの無駄?【中編】
クラウドの無駄をなくして安くする「デプロビジョニング」の手順はこれだ
企業は無駄にプロビジョニングしたリソースを元に戻すデプロビジョニングにより、クラウドサービスのコストを抑えることができる。デプロビジョニングの具体的な手順を説明する。(2023/11/7)

課題山積で「クラウドスマート」が必要な時代
ビジネス目的とシステム特性に応じてスマートに使えるハイブリッドクラウドとは
クラウド活用が進んだ結果、ビジネスニーズを満たすためにハイブリッドクラウドでシステムを運用する企業が増えている。それに伴い顕在化した課題を解決し、ITインフラを最適に活用するにはどうすればいいのか。(2023/11/15)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

IBMの過去と現在【第4回】
“異色のベンダー”IBMの戦略に見る「これからのストレージ」とは?
IBMは戦略の中心を、かつて事業をけん引していたオンプレミスサーバから、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに移している最中だ。同社はどのような製品やサービスの提供に注力しているのか。(2023/11/1)

クラウドが高い原因はリソースの無駄?【前編】
“クラウドが高い”の真犯人「オーバープロビジョニング」を防ぐ方法
クラウドサービスの利用が広がる一方、そのコストに悩む企業が目立っている。クラウドコストを抑制するのに有効なのが、オーバープロビジョニングの状況を確認し、削減することだ。具体的な方法とは。(2023/10/31)

選ぶべきはオンプレミスかクラウドか?【後編】
「脱クラウド」を招く問題とは? オンプレミスとクラウドの端的な違い
アプリケーションをオンプレミスとパブリッククラウドのどちらに置くかを決める際は、さまざまな点を考慮する必要がある。オンプレミスとパブリッククラウドの長所と短所を整理する。(2023/10/30)

高機密・低遅延の自社専用クラウドを
「クラウドファースト」「オンプレ回帰」って二者択一? その最適解は
パブリッククラウドが“万能の道具”でないと周知され、オンプレミスと適材・適所で使い分けるハイブリッドクラウドの採用が広がっている。ハイブリッドクラウドのため過去の課題を解消した「オンプレミス as a Service」とは。(2023/10/30)

機密性が高いデータをどう管理すべきか
ハイブリッドクラウドの3大課題を解消、データ主権/ソブリンクラウドとは何か
ハイブリッドクラウド移行に向けては、管理運用の手間、コスト、高機密性のデータの管理という3つが懸念点となりやすい。そこで注目されるのが「データ主権」と「ソブリンクラウド」というキーワードだ。その理由と実現方法とは?(2023/10/31)

選ぶべきはオンプレミスかクラウドか?【前編】
企業が「オンプレミス回帰」に踏み切る“まさかの現実” そもそもの原因は?
アプリケーションを動かすインフラとしてパブリッククラウドを選ぶ動きが広がっているが、パブリッククラウドを利用している企業の約7割がオンプレミスに戻ることを検討している。なぜなのか。(2023/10/25)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「クラウド利用の課題」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「クラウド利用の課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/24)

リバプールFCのデジタル活用
サッカー日本代表MFの“電撃移籍”でもリバプールFCのクラウドが余裕だった訳
日本代表のミッドフィルダー(MF)である遠藤 航氏の電撃移籍により、リバプールFCの各種配信サイトへのアクセスが殺到した。しかし同クラブは、ITシステムを刷新していたことから余裕を持って対処できた。(2023/10/23)

CAPEXとOPEXが削減可能か検証
NC2 on AWSの検証から容易にDR環境を構成、コスト削減まで実現する方法を探る
自然災害などに備えたDRサイトは、ハイブリッドクラウド環境で構築する際にコストが懸念されるケースも多い。そこで、Nutanix Cloud Platformを活用したハイブリッドクラウド環境で、コストを抑えたDRサイトの構築が可能か検証した。(2023/10/17)

BCP、ランサムウェアからデータを守るには
ランサムウェア対策やデータ保護ニーズに幅広くマッチするストレージとは
災害対策、ランサムウェア対策でデータ保護のニーズが高まる中、あまり類を見ないデータ保護機能を実装し、ブロックとしてもファイルとしても利用できるストレージ製品がある。実例に近いユースケースを想定して検証した結果をお届けする。(2023/9/25)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第5回】
「BroadcomのVMware買収」がユーザー企業を喜ばせる理由とは?
BroadcomはVMwareの買収を通して、マルチクラウドで利用可能な製品の開発に力を入れる姿勢だ。この買収と、その後のVMwareがクラウド市場にもたらす影響とは。(2023/9/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「IaaS/PaaSなどのパブリッククラウド」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/9/4)

SASE/SSEの機能を提供
オンプレとクラウドが入り交じった複雑なIT環境で求められるセキュリティ対策
オンプレミスやクラウドサービスを使う企業はセキュリティの穴をふさぎ、脆弱性を管理することに必ずしも成功していない。境界防御は通用せず、SASEやSSEの考え方を取り入れたセキュリティ手法が必要だ。(2023/9/20)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「パブリッククラウド」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/8/21)

ITインフラ運用が楽になる4つの方策【後編】
「複数のクラウド」を効果的に管理する“あの技術” I&Oを刷新するには?
企業はクラウドインフラのさまざまな運用形態を模索している。複数のクラウドインフラを効果的に管理する仕組みを2つ紹介する。(2023/7/10)