Top Story

icon
「5G」との兼ね合いは

「Wi-Fi 6」認証プログラム始動も、オフィスでの導入は限定的? その理由は

「Wi-Fi 6」準拠品の相互運用性を保証する認定プログラムがスタートし、この新規格が広く普及する準備が整った。ただ、企業ユーザーにとっては注意すべき点もある。

(2019/10/16)

新着記事

news01.jpg
Wi-Fiでも5Gでもない選択肢

Li-Fiによる広域&屋内ワイヤレスブロードバンドの実現

英グレインセイ島は、老朽化した有線回線の代わりに光無線技術「Li-Fi」によるワイヤレスブロードバンドサービスを導入した。屋内だけでなく「ラストワンマイル」の接続にも利用している点に注目だ。

(2019/10/15)
news02.jpg
「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【後編】

“危ない無線LAN”をなくすための5大セキュリティ対策

攻撃者は古くから存在する攻撃手法を応用し、さまざまなアプローチで企業の無線LANを攻撃する。そうした攻撃手法と、具体的な防御策を知ることで、無線LANのセキュリティを強化する方法を学ぼう。

(2019/10/15)
news01.jpg
1980年代から徐々に進化

いまさら聞けない、自動で電話をかけまくる「オートダイヤラー」とは?

電話をかける作業を自動化する「オートダイヤラー」には幾つかの種類がある。電話応対業務にどのように生きるのか。主要な5種の機能を解説する。

(2019/10/12)
news05.jpg
「Wi-Fi 6」の正体【前編】

「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説

「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。

(2019/10/11)
news05.jpg
「エッジコンピューティング」事例集【後編】

ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由

ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。

(2019/10/08)

製品一覧

ネットワーク製品一覧

現在、企業のICT基盤としてなくてはならないネットワーク。ルータ/スイッチ、ネットワーク管理機器、VPNといった通信インフラを構成する製品の一覧を掲載していく。

無線LAN

ギガビット無線LAN 802.11ac/802.11ad

IEEE 802.11nにより無線LANは100Mbpsを超える転送速度に達したが、次世代のIEEE規格である802.11acと802.11adは、無線LANの転送速度をギガビットに引き上げようとしている。

IPv6

IPv6移行への成功ポイント

IPv6への移行戦略──企業にとって最低限の準備作業とは

ついに現実問題となってきたIPv4の枯渇。企業がIPv6への移行戦略に向けて留意すべき点とは?

移行のポイントを説明

IPv6への移行は、なぜ厄介なのか

企業のネットワークの管理者にとってIPv6への移行は優先課題である。IPv6への移行を適切に行うためのステップを解説する。

IPv6移行計画に潜む欠点を回避

IPv6へのスムーズな移行を阻む5つの落とし穴

既存の社内インフラの大部分がIPv6に対応していたとしても、各機器の機能、システムアーキテクチャ、拡張性、管理機能、プロバイダーのサービスなどを丹念に置く必要がある。

ブラックリストが対応不可能?

IPv6への移行でスパムボット活発化の恐れ――専門家が警告

スパム対策に有効なIPアドレスのブラックリストが、IPv6の規模に対応しきれない可能性がある。

IPv6移行を迫られるIT管理者へのアドバイス

米国に学ぶIPv6移行期のセキュリティ

IPv4時代に効果を実証したセキュリティ手法や技術は、IPv6移行後に活用すべきであると米政府機関のITセキュリティ専門家は語る。

IPv6移行で必要となるセキュリティ対策

IPv6アドレスに潜むリスクを解決するセキュリティツール登場

企業のIT管理者を悩ます問題の1つがIPv6移行に伴うセキュリティ課題への取り組みだ。そうした中、米バージニア工科大学がIPv6独自のセキュリティ課題を解決するツールを開発した。