Top Story

icon
AWSの「クラウドIAM」7選【中編】

AWSアカウントの一元管理に役立つ「AWS RAM」と「AWS Organizations」とは

AWSは複数のAWSアカウントを管理しやすくするために「AWS RAM」「AWS Organizations」を提供する。これらの特徴と用途を整理しよう。

(2021/06/03)

新着記事

news08.jpg
バックアップと復元で起こりがちな問題

「Microsoft 365」のバックアップはなぜ複雑か アプリの多彩さが落とし穴に

「Microsoft 365」にはさまざまなアプリケーションを利用できるメリットがあるが、バックアップが複雑になりやすいことに注意が必要だ。具体的にどのような問題があるのだろうか。

(2021/06/01)
news06.jpg
クラウドニュースフラッシュ

AWSジャパンが無料クラウド移行支援サービスを日本独自で開始 その狙いとは?

「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」の提供開始やコンテナオーケストレーター「Kubernetes」の導入状況に関する調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを6つ紹介する。

(2021/05/31)
news04.jpg
AWSの「クラウドIAM」7選【前編】

AWS IAM、Amazon Cognito、AWS Directory Serviceとは? AWSの主要クラウドIAM

AWSはIDおよびアクセス管理(IAM)のクラウドサービス「クラウドIAM」を提供する。その中から「AWS IAM」「Amazon Cognito」「AWS Directory Service」の特徴を説明する。

(2021/05/27)
news05.jpg
データ保護規制にも対処

クラウドデータ保護「DPaaS」とは? 使い倒す方法は?

バックアップやセキュリティ対策といったデータ保護のクラウドサービス「DPaaS」は、データ保護の運用効率化とデータ損失を防ぐ対策強化に有効だ。DPaaSを最大限に活用するヒントを紹介する。

(2021/05/19)
news01.jpg
オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【後編】

「Active Directory」(AD)とクラウドの「Azure AD」を同期させる方法とは

「Azure AD」を利用しても、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)をなくせるわけではない。将来的にオンプレミスのADをなくすとしても、それまではAzure ADと共存させる選択肢がある。その方法とは。

(2021/05/12)

SaaS

CRM活用、成功の秘訣を探る【第3回】

MS、セールスフォース、オラクルが口をそろえたSaaSのメリット

CRMベンダーはどのようにユーザーニーズに応えているのか。ハイブリッドモデルでSaaS型CRM提供に乗り出したマイクロソフト、SaaS型のみのセールスフォース、そしてCRMベンダーの巨人、オラクルの3社に話を聞いた。

SOAとSaaSスイート、導入検討のポイント【SaaSスイート編】

中小企業の課題を解決するSaaSスイートの利点

ソフトウェアの新しい提供モデル、SaaS。SaaS型業務アプリケーションスイートを用いた企業情報システムの構築と運用の利点について解説する。

企業コンピューティングに着実に普及するSaaS

SaaS導入の注意点は企業戦略としての要件を見極めること

企業における新規アプリケーション展開の選択肢の1つとしてSaaSの重要性が増している。競争優位に必要な俊敏性を獲得するために、企業はSaaSを適材適所で活用していくべきだ。

クラウドコンピューティング

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド

本連載では代表的なパブリッククラウドとして、「Amazon Web Services」「Force.com」「Google App Engine」「Windows Azure」の4つを取り上げ、それぞれの特性や用途などについて記載する。

第1回 コンピュータリソースを無制限に活用できるAmazon Web Services

第2回 豊富なテンプレートを備えたアプリケーションプラットフォーム「Force.com」

Amazon EC2に真っ向勝負

動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化

長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?

クラウドに飛びつく前に検討すべきこと

クラウド利用は本当にコスト削減になるのか?

クラウドの経費が積み重なれば、社内でインフラを一括導入した場合の経費に匹敵し、あるいはそれを上回ることもある。