2022年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

“普通のクラウド”を避ける企業ほど「ソブリンクラウド」を使いたい?クラウドサービスのデータ主権問題【前編】

調査会社のデータによると、「ソブリンクラウド」が企業の注目を集めており、今後数年で採用が広がる可能性があるという。その背景とは。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 クラウドサービス利用時のデータ主権(データの制御や管理に関する権利)を重視する企業の間で、「ソブリンクラウド」への関心が高まりつつあることが、調査会社Capgemini Research Instituteのデータで分かった。同社の調査を基にソブリンクラウドとは何か、なぜ企業の間で関心が高まっているのかを考える。

「ソブリンクラウド」とは? なぜ企業の関心を集めるのか

 Capgemini Research Instituteはソブリンクラウドの利用動向に関する調査レポート「The journey to cloud sovereignty:Assessing cloud potential to drive transformation and build trust」を公開した。調査はオーストラリアやフランス、ドイツ、インド、英国、米国など10カ国の企業幹部1000人を対象に、2021年5月〜6月に同社が実施したものだ。

 レポートではクラウドサービス利用時の懸念事項として、回答者の69%が「域外の法規制が適用される可能性」を挙げた。他にも、回答者の68%が「クラウドサービスに保存するデータに関する透明性と、制御権の欠落」について懸念を表明。67%が「海外を拠点とするクラウドベンダーへの運用依存」を不安視した。

 回答者の71%が法規制を確実に順守することを目的に、67%がデータの取り扱いに関する制御と可視化を目的に、ソブリンクラウドの採用を検討すると回答した。ソブリンクラウドは、各国のデータ保護に関する法律や規則にのっとることを保証するクラウドサービスだ。

 今後3年間のインフラの利用形態を問う設問では、3分の1以上(38%)の回答者が「クラウドサービスのみ」または「ハイブリッドクラウド」(オンプレミスインフラとクラウドサービスを併用する形態)になると回答した。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...