データ駆動型企業への道【第3回】
「60%の経営幹部が信頼していない」データを改善する2つの要素
データ駆動、データ主導が叫ばれて久しいが、60%の経営幹部はデータを信頼していない。経営にデータを生かすには、データ品質の向上が不可欠だ。その答えは2つある。(2022/5/16)

データ駆動型企業への道【第2回】
不可能な「完璧なデータ管理」からデータ管理部門を解放する方法
データ管理部門は完璧なデータ管理を強いられている。彼らをこの「不可能への挑戦」から解放し、データ品質を向上させるにはどうすればいいのか。(2022/5/9)

“全員野球”で取り組むデータ活用
Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは
民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。(2017/11/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
安全なデータレイクを簡単構築、ハイブリッドクラウド時代に最適なデータ基盤
ハイブリッド環境でセルフサービス型分析の需要が高まる中、データ基盤には高い要件が課せられている。そこで注目されるのが、データカタログやスキーマの統合でデータの扱いを簡素化し、安全なデータレイクを構築できるソリューションだ。(2020/12/4)

「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【前編】
データドリブン企業になるための「データ活用」の秘策 まずやるべきことは?
データを経営に活用したくても、膨大なデータを前に「何から着手すべきか」を悩んでいる企業は珍しくない。データの整理に時間を奪われないための秘策は。(2021/8/30)

DX推進で高まる「データ所有の価値」
ランサムウェアや自然災害から膨大なデータを守る「堅牢ストレージ」とは?
企業が抱えるデータ量が増えれば、データ管理のコストや運用負荷は膨らむ。DX推進によってデータの価値が高まる中、簡単にデータを捨てることもできない。将来を見据えてデータを保管するには、どのような方法が有効なのか。(2021/2/19)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【後編】
DXのためのデータ活用を成功させるには「データ活用」だけ考えていてはいけない
クラウドサービスをはじめとするITは、DXのためのデータ活用を支える大事な要素だ。とはいえITを導入すればデータ活用が必ずうまくいくわけではない。ではどうすればよいのか。(2021/9/14)

データ保護規制にも対処
クラウドデータ保護「DPaaS」とは? 使い倒す方法は?
バックアップやセキュリティ対策といったデータ保護のクラウドサービス「DPaaS」は、データ保護の運用効率化とデータ損失を防ぐ対策強化に有効だ。DPaaSを最大限に活用するヒントを紹介する。(2021/5/19)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

データの倫理的活用を考える【第1回】
「取れるデータは根こそぎ取る」はなぜ駄目か? 「倫理的データ収集」の重要性
企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。(2021/3/15)

データの価値を高める文化の形成
肥大化&複雑化するデータ、品質や安全性を高めながら正しく活用するには?
迅速かつ的確な意思決定を実現すべく、さまざまな企業がデータ活用を進めている。この取り組みに欠かせないのが「データガバナンス」だ。より効果的なデータドリブン経営の実現に、データガバナンスがどう寄与するのかを解説する。(2022/3/4)

データ連携失敗の原因になる4つの不整合とは
BIデータの整合性を確保するのに役立つデータ連携のポイント
データ連携のプロセスを適切に管理していないと、BIや分析のアプリケーションで整合性に欠けるデータが生じる可能性がある。こうした問題を回避する手順を幾つか紹介しよう。(2018/10/31)

コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【後編】
学校間の「データマネジメント」「データ分析」のレベルがコロナ禍で拡大?
オンライン教育の普及は、教育機関の間で「データマネジメント」や「データ分析」に関する取り組みの差を拡大させている。教育機関が直面する課題と、取り組むべき対策とは。(2020/11/18)

2人の専門家が読み解くデータ管理の難題
できるだけコストや手間をかけたくない、増加するデータの管理に解決策はある?
データドリブン経営には、増加するデータ量に加え、複雑な非構造化データへの対応が求められる。限られたリソースの中、できるだけコストや手間をかけずに現代のデータ管理課題に対応する方法はないものか。専門家に話を聞いた。(2021/10/7)

データの永久保存方法【後編】
ドイツの大学が「テープ」でデータを永久保存 長年蓄積したノウハウとは?
データを永久保存するには、長年にわたって適切にデータを扱わなければならない。貴重なデータを豊富に抱えるゲッティンゲン大学は、どのような方法を採用しているのか。(2022/2/3)

「League of Legends」を支えるデータマネジメント【後編】
Riot Gamesは「データスチュワードシップ」への社内の抵抗をどう抑えたのか
データの適切な定義や利用を推進する「データスチュワードシップ」に取り組もうとしていたRiot Gamesは、業務増加を懸念する社内からの抵抗に直面した。どう対処したのか。同社データマネジメント責任者が明かす。(2020/11/27)

フランス大手銀行Societe Generaleの挑戦
大手金融機関がAIとデータを頼りに進む「データドリブン銀行」への道
フランスの大手投資銀行Societe Generaleが、データとAI(人工知能)技術に注力している。「データドリブン銀行」を目指すという、その取り組みの中身とは。(2022/2/15)

データの永久保存方法【前編】
データを「永久保存」する方法 ドイツの大学が持つ歴史的に貴重なデータとは?
重要なデータの中には、長期保存ではなく永久保存が必要になるものもある。ドイツのある大学が、貴重なデータを永久保存するための方法を模索している。(2022/1/26)

医療機関で進む「データ活用」【前編】
「データドリブンな病院」はデータをこう活用している
質の高い医療の実現には、良質のデータが不可欠だ。より良いケアを患者に提供する上で、データはどのように役立つのか。医療グループのCommunity Health Networkの取り組みを基に検証する。(2021/10/4)

データ保護の進む未来
今求められるデータ保護の在り方とは、専門家が過去・現在・未来を見据えて解説
データの増大やデータ保護におけるクラウド活用、データ管理の効率化といった課題が企業を悩ませる。専門家が、過去から現在、未来を通じてデータ保護のニーズを俯瞰し、これからのデータ保護の在り方を明らかにした。(2019/12/19)

データと意思決定の関係
データドリブンな意思決定に不可欠、「データ統合」の正しい進め方とは?
今やほぼ全ての事業活動がデータ活用に関係があるといっても過言ではない中、多様なデータをどう統合し、意思決定につなげるかが課題となっている。いま企業がすべきことを、データ統合ツールベンダーのPreciselyの取り組みから探る。(2020/9/11)

データ仮想化ツールの機能と主要5製品【中編】
「Actifio Sky」「Denodo Platform」とは? データ仮想化の主要ツールを比較
さまざまなデータを活用する際に有用な「データ仮想化」ツールには、どのような選択肢があるのか。主要なデータ仮想化ツールのうち「Actifio Sky」「Denodo Platform」を取り上げる。(2021/7/30)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【前編】
「Microsoft 365」データ保持の基礎知識 保持ポリシー、保持ラベルの違いは?
「Microsoft 365」のデータ保護においては、データ保持の機能とバックアップを適切に使い分けることが重要になる。まずはデータ保持で着目すべきポイントを紹介する。(2021/6/16)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DXが進まない原因はデータマネジメントの不備? 収集から活用まで改善するには
変化の激しいビジネス環境で生き残るには、データマネジメントに基づくDXの推進が欠かせない。しかし実際は、データが部署内でしか利用されておらず、データ保護の体制も整備できていない企業が多い。これらを解決する方法とは?(2022/5/13)

時代が求めるデータ活用の在り方
組織全体でデータ主導の意思決定を実践する、データドリブンマネジメントの威力
「データドリブンマネジメント」は、データを徹底的に活用することで企業価値を最大化する概念である。これを全社で実践し、効果を上げる方法をスペシャリストが事例を交えて語る。(2021/9/28)

データ駆動型企業への道【第1回】
回答者の約80%を悩ませる「コロナ禍によるデータ品質低下」のワケ
多くの企業がデータに基づいた意思決定に取り組んでいる。問題はデータ品質だ。データ品質を向上させる試みは、コロナ禍によって阻害されたという。なぜコロナ禍が影響するのか。(2022/5/2)

データ活用とDXを推進する次世代ストレージ
増え続けるデータの保管・分析を成功に導く「階層型ストレージ」構築方法
データの増加に伴うストレージの拡張や、効果的なデータ分析へのニーズは、企業の悩みの種だ。DXを促進し、データにまつわるさまざまな運用・管理の手間を簡略化し得る「ハイブリッドなデータインフラ」とはどのようなものか。(2021/4/5)

データは集めた、それからどうする?
社内のデータ分析担当者を「AI人材」にする支援ツールとは
企業が保有するデータは、新たなビジネスを生み出す資産だ。しかし、大量のデータを処理する作業に追われて肝心の分析がおろそかになっていないだろうか。データサイエンティストのいない企業で、AIによるデータ分析を実現する方法とは。(2020/11/4)

小さく始めて大きく育てる
データ分析を阻害する「システムのサイロ化」を解消できる方法とは?
データをビジネスで有効活用するには、複数のデータソースからデータを1カ所に蓄積し、組織横断で利用できる仕組みが望ましい。手頃にスモールスタートでき、将来的な拡張も見据えたデータ活用システムの理想像とは。(2020/7/22)

災害やランサムウェアを想定したBCP/DRへ
重要データのバックアップをクラウドにも保持、事例で学ぶデータ保護強化の秘訣
激甚災害やランサムウェアの脅威が増える中、データ保護はビジネス継続を左右する重要なものとなった。乱立していたバックアップシステムを統合し、クラウド上にも重要データを保持する仕組みを構築した企業の事例から、そのヒントを探る。(2022/1/21)

改正個人情報保護法に備え、万全なデータ保護を実現する
機密データを「利活用しつつ守る」をかなえる方法とは
改正個人情報保護法は、事業者の個人情報保護に関する責務を強化する。法改正に備えた情報漏えい対策として有効な手法の一つが、データ暗号化だ。データ利活用とデータ保護を両立させるには、どのように暗号化技術を利用すればよいのか。(2022/5/9)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】
「データリテラシーの高い社員」が「分析ツールを使える社員」よりも貴重な理由
競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。(2021/3/8)

キーワードは「モダナイゼーション」
「データはあるのに活用できない」を脱却する3ステップとは
DXにはデータドリブンな意思決定が不可欠だ。しかしため込んだデータがビジネスにうまく活用されていない状況がある。管理手法を見直してデータから最大の価値を引き出す「3つのステップ」とは。(2021/12/23)

ペタバイト時代のストレージソリューション
DXの推進とデータ活用を成功させるために重要な3つの要件とは
データ活用を進めるに当たっては、必要なデータを効率良く管理し、素早く価値を生み出せるデータ基盤の構築をまずは検討すべきだ。データの大量発生、運用スタイルの多様化、システム環境の複雑化が進む中で考慮すべきシステム要件とは。(2020/7/30)

データと組織のサイロを破壊する手段とは
中堅・中小企業のデータ活用はなぜ進まない 理由と解決策を考察する
DXを見据えたデータ活用を進めるならば、リアルタイムに経営データを可視化して意思決定に生かせるデータ活用基盤が必要だ。それには、中堅・中小企業は一体何から始めればよいのか。(2021/12/13)

ストレージ管理のコストを最適化:
オンプレからクラウドに移行できない膨大な「企業秘密のデータ」をどう管理する
企業が扱うデータは増え続けており、ストレージの容量やデータの管理に悩む企業も多いだろう。クラウドストレージなど簡単にストレージ容量を増やす手段は幾つかあるが、データ管理の方法も考えないと思わぬコストが発生することがある。(2021/12/8)

データ連携を極める
次世代に生き残る企業が「データ完全性」にこだわるべき理由
ビジネスを勝ち抜くにはデータが不可欠だ。経営層が自信を持って意思決定をするには、基にするデータの信頼性が重要になる。どうすればビジネスに貢献するデータを用意できるのか。(2021/10/13)

IoT活用やスマート工場実現の切り札に
データが扱いやすく低コスト、製造業のデータ活用課題を解決する「現実解」とは?
激しい市場変化の波にさらされている製造業。さらなる競争力の強化に向け、生産領域におけるデータ活用を模索する動きが広がっているが、課題となっているのがデータ管理の手間やコストだ。(2021/2/17)

医療機関のクラウド移行、リスク管理のヒント【第2回】
医療機関が初心に立ち返って見直すべき「データセキュリティ」の意義と対策
医療機関がサイバー攻撃者の標的にされやすく、データ漏えいのリスクも甚大になるのは、患者の「個人情報」を保有しているからだ。必要なデータだけを保存し、安全に管理するために、見直すべきポイントは。(2021/12/7)

いま必要なデータプラットフォームの形とは
DX推進の壁を乗り越えるためのポイントはデータの“検索性”と“アクセス性”
業務の迅速な遂行、安定的かつ効率的なシステム運用など、事業部門/IT部門双方のDXを推進する上で欠かせないデータ。だがクラウド活用でデータが散在する中で、その活用は困難になりつつある。いま求められるデータ活用基盤の要件とは?(2021/5/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ミッションクリティカルな本番データの保存、安全かつ効果的に行う秘訣とは?
クリティカルな本番データの保存には、一長一短があるスナップショット。とはいえ、仮想マシンを含む多様なデータを保護し、一貫性のあるデータ保護環境を構成できる魅力は捨てがたい。スナップショットを軸とした保護方法を考えてみよう。(2021/4/8)

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【中編】
データを“立体保存”するストレージ「HDS」への期待 その新しい原理とは
ホログラフィックデータストレージ(HDS)は、一度書き込んだデータを変更できないWORMが基本だった。だがMicrosoftが手掛けるHDSは昔の研究とは方向性が異なる。何が変わったのか。(2022/2/17)

企業に迫る大容量データの保管問題【前編】
動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も
大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。(2022/4/4)

医療機関のデジタル化【後編】
医療データの断片に眠っている情報の活用
データを活用することで、医療機関の治療や経営を改善できる。請求データなど、医療機関が保有するデータの一部だけでも多くの洞察を得ることが可能だという。(2021/8/11)

データの倫理的活用を考える【第3回】
“取りあえずデータ収集”の落とし穴 「警察や検察へのデータ開示」が招く問題
「いつか何かに使うかもしれない」といった考えで、目的が不明瞭なまま集められるだけのデータを取得しようとすることは望ましいことではない。そうした企業は、大きな代償を払うことになる可能性があるからだ。(2021/3/29)

Web会議の録画データの扱い方ガイド【中編】
Zoomなどの「Web会議」の録画データへのアクセスは誰に許可すべきか?
Web会議の録画データのセキュリティ確保は、企業にとって重要な課題だ。許可されたエンドユーザーが正しく録画データを扱い、セキュリティを確保するために必要な3つの対策を解説する。(2021/8/25)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策と長期保存の課題を解消、「クラウド対応データ保護」の最適解とは?
DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まったことで、クラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業が増えているが、その実践においても課題は伴う。拡張性やコスト効率に優れたクラウド対応データ保護はどうすれば実現できるのか?(2021/4/1)

プール一体型センサーも活用:
英国競泳チームの「東京五輪で金4、銀3、銅1」を導いた“すごいデータ分析”
データ分析が、東京2020オリンピックでの英国競泳チームの成功に一役買った。英国競泳チームは、どのようなデータをどう収集し、どう活用したのか。(2021/11/18)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【後編】
「Microsoft 365」データ保持の限界は? バックアップの購入は必要か?
「Microsoft 365」が備えるデータ保持の標準機能には一定の制約がある。サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使えばデータ保護を強化できる。標準機能でできること、できないことを見極めるポイントは。(2021/6/23)