Top Story

icon
AIOpsツール、あなたはどっち派?【後編】

「プロプライエタリのAIOps」を“怪しいベンダー”から買ってはいけない理由

プロプライエタリソフトウェアの「AIOps」ツールは機能面でOSSより優れているのが利点だ。ただし市場にはベンダーがひしめき、ツール選びは簡単ではない。企業はどうすればいいのか。

(2022/08/09)

新着記事

news06.jpg
OSSとの「上手な付き合い方」【第2回】

OSSの“謎”現象「入れた覚えがないのに大量利用」はこうして起こる

企業はOSSを知らないうちに自社のシステムに組み込んでいる現実がある。使用しているOSSを検出し、OSSに含まれる脆弱性によるリスクを減らすには、どうすればよいのか。

(2022/08/08)
news02.jpg
新種ストレージの台頭はいつになる?【第3回】

CD、DVD、Blu-rayの次は「プラズモニックストレージ」 過去の円盤との違いは?

円盤状のストレージと言えば、CDやDVD、Blu-ray Discがある。その形状を踏襲した新しいストレージが「プラズモニックストレージ」だ。過去の技術と何が違い、どのような利点が見込めるのか。

(2022/08/08)
news01.jpg
Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第6回】

Windows 10「なぜかネットが遅い」問題は“あれ”が原因だった?

ネットワークの速度は、「Windows 10」搭載PCを快適に利用する上で重要だ。ネットワークインフラに問題がないのに速度が遅い場合、PC内の“ある要素”が影響している可能性があるという。それは何なのか。対処法は。

(2022/08/07)
news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Windows使いが理解に苦しむ“Linux多過ぎ”問題

「Linux」の導入をスムーズに進めるためには、まず「Windows」との違いを理解することが重要だ。LinuxとWindowsは、何がどのように異なるのか。主な8個の違いを説明する。

(2022/08/04)
news01.jpg
新種ストレージの台頭はいつになる?【第2回】

WORMに「プラズモニックストレージ」という新発想 Blu-rayを用なしに?

光学ストレージの新種として開発が進む「プラズモニックストレージ」。構造化データも非構造化データも増加が見込まれる中、この新種ストレージ技術から得られる利点とは。

(2022/08/01)

製品一覧

システム運用管理製品一覧

バックアップやディザスタリカバリ、シンクライアント、クライアントPC管理、ログ管理、IT資産管理といった運用管理をサポートする製品をジャンル別に紹介する。

製品レビュー

Vistaの次に来るもの「Windows 7」のβ版試用リポート

Windows 7 β版から垣間見た企業クライアントPCの未来

2010年1月にも登場するのではないかといわれている「Windows 7」。Vistaを導入済みの企業にとっても、XPを使い続けている企業にとっても、気になる存在だ。そこで、つい先日公開されたばかりのβ版を試してみた。

Windows Home Serverの実用度やいかに?

家庭だけじゃもったいない? Windows Home Server日本語版のSOHO利用を検証する

2007年8月30日、Windows Home Server日本語版の提供が開始された。主にパワーユーザーの個人用途として注目を集めているが、SOHO利用における実用度も気になるところだ。早速、検証してみた。

Ubuntu 8.10 Server Edition試用リポート

ここ最近、デスクトップLinuxとして人気が高いUbuntuだが、サーバ版があることをご存じだろうか? 企業用途向けの各種機能を強化したという最新リリースを、実際にセットアップして使ってみた。

次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?

初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート

openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。

バックアップ

キーワードでひもとくバックアップ最新事情

次々と新技術が実装されるデータバックアップ製品の数々。それらは果たしてユーザー企業のどのようなニーズに合致するものなのか?

シンクライアント

目的別に選ぶシンクライアント

各ベンダーからはさまざまな製品が提供されているが、その中から自社の状況やニーズに合致したシンクライアントを選ぶためのヒントを提供する。

グリーンデータセンターを目指して

仮想化の普及でシンクライアントも人気再燃

90年代後半、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかった要因を幾つか指摘しておこう。