Top Story

icon
ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【後編】

「レジリエンス」を高めてダウンタイムコストを最小限に抑える方法

計画外のダウンタイム発生に備えて、最も重要なシステムのレジリエンスを高めることで、損失を最小限に抑えられる可能性がある。どう取り組めばよいのか。

(2021/09/22)

新着記事

news10.jpg
制作スタジオを支えるストレージシステム【前編】

映像会社がストレージに「StorNext」を使う訳 “他社もまねしたい”仕組みとは

メキシコのある制作スタジオは、NVMe接続ストレージとテープバックアップを使って事業拡大を見据える。これを支えるのはQuantumの「StorNext File System」だ。

(2021/09/22)
news07.jpg
「未知に備える」力を磨く【後編】

「組織レジリエンス」の失敗しない進め方 専任チーム結成後にすべきことは?

企業が危機を乗り越える回復力を身に付けるために、参考にすべきPDCAサイクルがある。これに沿って取り組めば、「組織レジリエンス」を実現できる。何に取り組めばいいのか。詳細をまとめた。

(2021/09/21)
news05.jpg
ありがちな原因を整理

バックアップが失敗する4つの原因と解決策

システムを守るためのバックアップが失敗していたら致命的だ。確実にバックアップを取得するために、失敗の要因を低減しておこう。

(2021/09/21)
news01.jpg
「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第2回】

「Mac」ユーザーが「Windows」に変える必要性を感じない5つの理由

「Mac」が業務用クライアントデバイスとして広く使われるようになってきた背景には、どのような理由があるのか。Macユーザーが特に評価するポイントを紹介する。

(2021/09/19)
news05.jpg
「Exchange Server」保護のベストプラクティス【中編】

Exchange Serverを危険にしない「更新プログラム適用」「ツール活用」の秘訣

「Exchange Server」の運用に際してIT管理者が実施すべきセキュリティ対策は何か。更新プログラムの適用とセキュリティツールの導入に焦点を当てて解説する。

(2021/09/17)

製品一覧

システム運用管理製品一覧

バックアップやディザスタリカバリ、シンクライアント、クライアントPC管理、ログ管理、IT資産管理といった運用管理をサポートする製品をジャンル別に紹介する。

製品レビュー

Vistaの次に来るもの「Windows 7」のβ版試用リポート

Windows 7 β版から垣間見た企業クライアントPCの未来

2010年1月にも登場するのではないかといわれている「Windows 7」。Vistaを導入済みの企業にとっても、XPを使い続けている企業にとっても、気になる存在だ。そこで、つい先日公開されたばかりのβ版を試してみた。

Windows Home Serverの実用度やいかに?

家庭だけじゃもったいない? Windows Home Server日本語版のSOHO利用を検証する

2007年8月30日、Windows Home Server日本語版の提供が開始された。主にパワーユーザーの個人用途として注目を集めているが、SOHO利用における実用度も気になるところだ。早速、検証してみた。

Ubuntu 8.10 Server Edition試用リポート

ここ最近、デスクトップLinuxとして人気が高いUbuntuだが、サーバ版があることをご存じだろうか? 企業用途向けの各種機能を強化したという最新リリースを、実際にセットアップして使ってみた。

次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?

初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート

openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。

バックアップ

キーワードでひもとくバックアップ最新事情

次々と新技術が実装されるデータバックアップ製品の数々。それらは果たしてユーザー企業のどのようなニーズに合致するものなのか?

シンクライアント

目的別に選ぶシンクライアント

各ベンダーからはさまざまな製品が提供されているが、その中から自社の状況やニーズに合致したシンクライアントを選ぶためのヒントを提供する。

グリーンデータセンターを目指して

仮想化の普及でシンクライアントも人気再燃

90年代後半、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかった要因を幾つか指摘しておこう。