IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
ネットワーク担当者は要チェック

知っておくべきオープンソースSDNコントローラー5選

オープンソースSDNコントローラーは、アプリケーションのテストや、ネットワーク仮想化とNFVの促進に利用できる。知っておくべき5つのオープンソースSDNコントローラーをチェックしていこう。

(2014/10/14)

新着記事

news05.jpg
「コスト最優先」は結局高くつく?

企業の無線LAN導入“本末転倒”を避けるために譲れない3つのポイント

企業用の無線LANにおいては、結局どのような製品を購入すべきなのか。製品選択の基本的な考え方を整理する。

(2014/10/09)
news03.jpg
企業利用で求められる要件とは?

家庭用の無線LAN機器を企業で使うべきでない“ごく当然の理由”

いつでもどこでもネットに接続できる手段として、無線LANに寄せられる期待は一段と高まっている。企業として導入する際には、押さえておくべき前提がある。投資を無駄にしないための基礎をおさらいしよう。

(2014/10/02)
news07.jpg
識者に聞く「次なる投資先」

モバイルとクラウドで「風が吹けば桶屋」的に成長中のネットワーク分野とは?

今、ネットワーク機器の領域で何が起こっているのか。注目すべき製品の“売り”と“買い時”は? IDC Japanのリサーチ担当者に聞いた。

(2014/09/24)
news04.jpg
SDNフラッシュ

NECがSDN実用化に向けてより一層「本気」の戦略を発表

NECが既存のネットワーク機器として使用しながら将来的にSDNへの移行が可能な「SDN Ready」製品を発表。成長著しいこの市場で今起きていることをウオッチ!

(2014/09/17)
news03.jpg
ベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第1回】

知っている人は間違わない――今ベンチマークテストについて知るべき理由

多くのネットワーク担当者の頭を悩ませるのが製品の選定。カタログ情報は膨大に溢れていても、それだけで最適な選択をするのは難しい。そんなとき役に立つのが「ベンチマークテスト」だ。

(2014/09/11)
news04.gif
新人担当者もベテランも知っておくべきこと

識者が警告する「今そこにある社内ネットワークの危機」

モバイルやクラウドサービスのビジネス利用が当たり前になってきた時代、ネットワーク担当者が押さえておくべき技術動向と製品について、ガートナー ジャパンのアナリストに聞いた。

(2014/08/22)
news04.jpg
SDNフラッシュ

米企業の過半数がSDN導入を計画 うち74%は2015年内に

掛け声ほど進んでいないともいわれるSDN導入。本当のところはどうなのか。米Juniper Networksが発表した「SDN進捗レポート」他、SDNに関連した内外の注目ニュースをキャッチアップ。

(2014/08/19)
news06.jpg
低価格のWAN最適化装置、Ciscoのレイオフ他

10分で分かる世界のネットワーク業界最新事情

米Array Networksがリモートオフィス向けWAN最適化装置をリリース、米Cisco Systemsが戦略推進に向けてレイオフを発表など。トピックめじろ押しとなった2014年8月のネットワーク関連ニュースをまとめ読み。

(2014/09/22)
news04.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ネットワーク機能仮想化によるネットワークの再構築

ネットワーク機能仮想化の目的は、ハードウェアへの依存度を低減してネットワークの複雑性を解消することにある。

(2014/09/01)

製品一覧

ネットワーク製品一覧

現在、企業のICT基盤としてなくてはならないネットワーク。ルータ/スイッチ、ネットワーク管理機器、VPNといった通信インフラを構成する製品の一覧を掲載していく。

無線LAN

ギガビット無線LAN 802.11ac/802.11ad

IEEE 802.11nにより無線LANは100Mbpsを超える転送速度に達したが、次世代のIEEE規格である802.11acと802.11adは、無線LANの転送速度をギガビットに引き上げようとしている。

IPv6

IPv6移行への成功ポイント

IPv6への移行戦略──企業にとって最低限の準備作業とは

ついに現実問題となってきたIPv4の枯渇。企業がIPv6への移行戦略に向けて留意すべき点とは?

移行のポイントを説明

IPv6への移行は、なぜ厄介なのか

企業のネットワークの管理者にとってIPv6への移行は優先課題である。IPv6への移行を適切に行うためのステップを解説する。

IPv6移行計画に潜む欠点を回避

IPv6へのスムーズな移行を阻む5つの落とし穴

既存の社内インフラの大部分がIPv6に対応していたとしても、各機器の機能、システムアーキテクチャ、拡張性、管理機能、プロバイダーのサービスなどを丹念に置く必要がある。

ブラックリストが対応不可能?

IPv6への移行でスパムボット活発化の恐れ――専門家が警告

スパム対策に有効なIPアドレスのブラックリストが、IPv6の規模に対応しきれない可能性がある。

IPv6移行を迫られるIT管理者へのアドバイス

米国に学ぶIPv6移行期のセキュリティ

IPv4時代に効果を実証したセキュリティ手法や技術は、IPv6移行後に活用すべきであると米政府機関のITセキュリティ専門家は語る。

IPv6移行で必要となるセキュリティ対策

IPv6アドレスに潜むリスクを解決するセキュリティツール登場

企業のIT管理者を悩ます問題の1つがIPv6移行に伴うセキュリティ課題への取り組みだ。そうした中、米バージニア工科大学がIPv6独自のセキュリティ課題を解決するツールを開発した。

Loading

注目テーマ