2023年05月24日 05時15分 公開
特集/連載

「6G」への期待値は“高速さ”ではなかった 過去のモバイル通信との大きな違い6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【後編】

商用化に向けた準備が進む「6G」の実際の活用開始は数年後になる可能性が出てきた。6Gサービスを成功させるには、早い段階で知恵を絞らなければならない。そのポイントは何なのか。

[Joe O’HalloranTechTarget]

 「6G」(第6世代移動通信システム)は当初の見込みを前倒しし、早ければ2025年に活用が始まる可能性がある。6Gサービスの普及には、ユーザー目線に立ったサービス開発が重要だと、調査会社のInterDigitalとInforma Tech(Omdiaの名称で事業展開)は指摘する。両社の専門家が語る、6Gサービス普及のポイントとは。

「メタバース」浸透の追い風にも 6Gサービス普及の鍵とは

 InterDigitalとOmdiaは6Gサービスを普及させるために、「ユーザー体感品質」(Quality of Personal Experience)の追求が鍵を握るとみている。そのためには、ユーザーのニーズを正確に捉え、技術開発に反映させなければならないと両社は説明する。

 Omdiaチーフアナリストのカミーユ・メンドラー氏によると、6Gサービスはモバイル通信における価値創出の軸を、「高速なインターネット接続」から「包括的なユーザー体感の提供」へと変える存在だ。「通信事業者はユーザー体感の良さをどう測定するかを考えることが重要だ」と同氏は述べる。

 InterDigital技術戦略部門のシニアディレクターを務めるドナルド・バッツ氏は、6Gによって通信の遅延が減り、帯域幅(通信路容量)は大きく改善されると見込む。「そうした素晴らしい技術を生かし、ユーザーにとって何ができるのかを早い段階で明確にする必要がある」とバッツ氏は語る。

 6Gサービスの商用化に当たり、ユーザーのプライバシーの保護をはじめ、技術面以外のさまざまな問題も考えなければならないとInterDigitalとOmdiaは指摘する。仮想空間「メタバース」といった、6Gを使うアプリケーションの開発に際しては、さまざまな業界が連携し、「通信」の視点にとどまらないようにすることも重要だと両社は強調する。


 近年、ネットワークは「人とデバイスを結び付けるもの」から「人と人を結び付けるもの」へと変わりつつある。そのため、人間の感覚に訴えるユーザー体感の実現が重要になり、その実現に取り組む企業こそ、新たなビジネスチャンスをつかむことができる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...