2015年06月18日 15時00分 公開
特集/連載

iOS/Android版「Outlook」に意外な高評価、ただIT管理者が困り顔なのはなぜ?セキュリティや管理機能の弱さに不安(1/2 ページ)

iOS/Android版「Outlook」アプリは、モバイル環境での従業員の生産性を高める一方で、IT管理者にとっては警戒すべき存在となっている。Outlookアプリのメリットとデメリット、改善すべき点を解説する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
iOS版Outlookの画面イメージ《クリックで拡大》

 iOS版およびAndroid版の「Microsoft Outlook」を使用することにより、企業の従業員はモバイル環境から社内メールに簡単にアクセス可能になるが、その限定的な管理機能とセキュリティ機能のためにIT管理者から敬遠されるかもしれない。

 Outlookは現在、iOSとAndroid向けのアプリが提供されている。それにより、モバイル端末ユーザーの大多数が、米Microsoftの主要な生産性アプリケーションの1つを利用できるようになった。

 企業や団体の中には、後継バージョンがリリースされてから採用を検討したい場合もあるだろう。しかし、Outlookのモバイルアプリが便利さを知る価値はある。例えば、ファイル共有サービスとの接続性の高さなどだ。その一方で、セキュリティに関する問題など対応が不十分な部分を見極めなければならない。

モバイルフレンドリーなメール/カレンダーインタフェース

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...