IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
vForum 2016レポート

東レのビジネス成長を支えるクラウド基盤が、SDDCでできるまで

東レグループは、2017年度に向けた次世代基盤として、ハイパーコンバージドインフラを基盤に、VMwareの仮想化を用いたSDDC(Software-Defined Data Center)の導入を決定した。

(2016/12/08)

新着記事

news05.jpg
“次の波”を見据えたGoogleクラウドのハードウェア戦略とは

Googleが「Intel提携」「ASIC採用」に踏み切った “納得の理由”

Googleのプラットフォーム担当バイスプレジデントを務めるバート・サノ氏が、企業の需要を踏まえたGoogleのハードウェア選択や、顧客の移行に関する課題、クラウドの“次の波”について語る。

(2016/12/07)
news06.jpg
AWSと比べて何が足りない?

Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるか

Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。

(2016/12/05)
news09.jpg
連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第3回

「使ってみたら不満続出」にServer Design“Ver.2”で対応する

Facebookが提唱するサーバ規格のデファクトスタンダードの第1弾は2011年4月に公開している。多くのベンダーとユーザーが支持したこの規格だが、程なく「不満の声」が表面化することになる。

(2016/12/01)
news10.jpg
「Linux Virtual Desktop」のサポート対象は?

Windowsでなくてもいいかも、VDIで高まる「Linuxデスクトップ」の可能性

仮想デスクトップインフラ(VDI)の主流は依然としてWindowsだが、オープンソースデスクトップを使いたければ、その選択肢も用意されている。

(2016/12/01)
news06.jpg
最新のバックアップ手法を一気に解説

消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由

サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。

(2016/11/28)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

Loading

注目テーマ