IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ

広がるオールフラッシュストレージの採用、選定の理由とは

東映アニメーション、立教大学のオールフラッシュストレージ製品の採用、国内ストレージソフトウェア分野の市場の拡大予測など、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。

(2015/02/24)

新着記事

news06.jpg
読者調査で分かったIT刷新トレンド

Windows移行に、Docker利用――2015年の注目プロジェクトはこれだ

次々に登場している重要なITサービスを速やかに利用するには、まず既存環境を適切なレベルにまでアップグレードしておくことが不可欠だ。ITインフラが時勢に後れを取っていると、その企業自体が時代に取り残される。

(2015/02/19)
news03.jpg
バックアップ/リカバリソフトウェア製品紹介:CommVault

バックアップデータの積極活用でシャドーITも防げる「CommVault Simpana」

統合データ管理ソフトウェア「CommVault Simpana」は、バックアップデータの積極的活用や仮想マシンの階層型管理などの機能を備え、データ保護プラットフォームの新たな可能性を示している。

(2015/02/17)
news15.jpg
負債を抱えたAMDが取ったITコスト削減施策

データセンターを9割閉鎖、AMDの大改革プロジェクトの全容

多国籍半導体メーカーの米AMDの最高情報責任者(CIO)が、18箇所あった同社のデータセンターを2箇所に統合した体験談を語る。

(2015/02/16)
news07.gif
主要な要件で徹底比較

LinuxとWindowsを比較、サーバOSとして優れているのはどっち?

データセンターで使用する最適なコモディティサーバOSを決めるとき、米Microsoftの「Windows」や「Linux」など、さまざまな選択肢がある。自社に最適なOS選びのポイントを専門家に聞いた。

(2015/02/03)
news05.gif
1社当たりの損失額は約2億1900万円

意識調査に見た、日本企業のデータ保護への厳しい自己評価

EMCジャパンが発表したデータ保護に関する意識調査結果からは、日本企業のデータ保護意識の低さや、システム停止・データ損失の国内企業1社当たり損失額が約2億1900万円に上ることなどが明らかになった。

(2015/02/03)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

Loading

注目テーマ