IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
ハイパーコンバージドで見過ごしがちな「リソース税」とは

VDIに最適なのは? 実は違う「ハイパーコンバージド」と「コンバージド」を比較

コンバージドインフラとハイパーコンバージドインフラは、IT部門がVDI展開のパフォーマンスや管理を効率化するのに役立つ。名前は似ているが、アーキテクチャはそれぞれ全く異なる。

(2016/07/25)

新着記事

news06.jpg
OpenStack Days Tokyo 2016 事例レポート

10年先の基盤となるか――JFEスチール、NTTドコモ、富士通がOpenStackに期待すること

日本国内最大規模のオープンクラウドイベント「OpenStack Days Tokyo 2016」から、JFEスチール、NTTドコモ、富士通のOpenStack活用事例を紹介する。各社はOpenStackに何を期待しているのか。

(2016/07/21)
news02.jpg
高速なPCIe SSDの使い道を考える

PCIe SSD──キャッシュにするべきかストレージとして使うか、それが問題だ

PCIe SSDには2つの使い方がある。低速なストレージのキャッシュにする方法と、ストレージ階層化における高速ドライブに利用する方法だ。ただし、それぞれ一長一短があることに注意が必要だ。

(2016/07/21)
news05.jpg
Hortonworks、Cloudera、MapR

HDFSの落とし穴を回避する商用「Hadoop」ディストリビューション3選

HDFSで一般的なデータ保護とパフォーマンスの問題を回避する代替策となる3つの商用Hadoopディストリビューションを紹介する。

(2016/07/20)
news04.jpg
手元に残すべきデータとは

「医療ビッグデータ」でもクラウド移行は“じわり”と進行、その最新事例とは

EBM(根拠に基づく医療)へ移行するほど、医療機関ではクラウドストレージの需要が高まっていく。では何のデータを手元に残すべきか。事例から考察する。

(2016/07/19)
news02.jpg
データセンターのトラブルシューティング5選

速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは

かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。

(2016/07/19)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

Loading

注目テーマ