IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
機械学習で複雑怪奇なネットワークに立ち向かえ

「ネットワーク監視分析アプライアンス」はネットワーク管理の救世主となるか

規模が巨大になりアクセスユーザーが膨大になると、そのネットワーク管理は人知を超えた次元に突入する。グローバル企業や行政機関では既に現実となったこの問題を解決するニッチな製品を検証する。

(2016/08/17)

新着記事

news03.jpg
ストレージ管理者が学べることとは

危険水位を超えつつある「Pokemon GO」運営サーバの現状

ストレージ管理者にとって、Pokemon GOのブームは多くの教訓を含んでいる。サーバクラッシュや不正アクセス対策がその最たるものだ。予想外の負荷にPokemon GOの運用サーバは今どのような状況にあるのか

(2016/08/17)
news02.jpg
相変化メモリの課題が解決

フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用化

フラッシュメモリより高速で1万倍の耐久力があり、DRAMより低コストで不揮発性。それが相変化メモリ(PCM)だ。フラッシュストレージよりさらに高速なストレージが、もうすぐ登場するかもしれない。

(2016/08/09)
news07.jpg
ストレージの専門家がピックアップ

「ハイパーコンバージド」を選ぶ際に確認したい“8つの質問”

ハイパーコンバージドインフラの選択は簡単ではない。本稿ではストレージの専門家が、自社の環境にとって最適な選択をするために検討すべき重要な質問を掘り下げる。

(2016/08/08)
news06.jpg
SSDがあの名門コースを支えている

ゴルフの聖地を守るためHDDを捨ててオールフラッシュを導入した“なるほど”な理由

全米ゴルフコース管理者協会が、基幹システムをオールフラッシュアレイに移行した。IT部門の責任者は、冷静に試算した上で「HDDに投資する意味はない」と断言している。

(2016/08/08)
news05.jpg
EMCの「DSSD D5」を採用

オールフラッシュストレージでOracle RACを「別次元の速度に」、導入企業の本音とは

最近登場したEMCのフラッシュシステム「DSSD D5」は、大規模で複雑なデータベースのクラスタリング機能で1日に何千件ものクエリを実行するユーザーに大幅なパフォーマンス向上をもたらすかもしれない。

(2016/08/02)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

Loading

注目テーマ