Top Story

icon
肝心なのは機能ではなく“どこで使うか”

いまさら聞けない「AHCI」 IT担当者が知っておくべきこととは

AHCI(Advanced Host Controller Interface)とRAID(Redundant Array of Independent Disks)は、データ管理とストレージインフラの効率的な運用のために理解しておくべき基本概念だ。

(2018/09/18)

新着記事

news01.jpg
AWS対Azure対Google対IBM(前編)

主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(AWS編)

主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。

(2018/09/14)
news02.jpg
メモリが不揮発性に

DIMMスロットに装着できる「Intel Optane」登場でストレージが変わる

Intelが発表した新Optaneは、DDR4 DIMMスロットに装着できることが特徴だ。不揮発性メモリを通常のメモリとして利用できるようになったことで、ストレージアーキテクチャはどう変わるのか。

(2018/09/12)
news06.jpg
重大な脆弱性をいかに公開するか

Meltdown/Spectreはこうして公開された――Google、Microsoft、Red Hatが明かす真実

「Black Hat 2018」のセッションの中で、GoogleとMicrosoft、Red Hatの担当者が、「Meltdown」と「Spectre」の脆弱性に関する情報を公開するまでの内幕を披露した。

(2018/09/07)
news01.jpg
フラッシュ対SCM(後編)

SCMと永続メモリが実現するストレージボトルネックの解消

SCMやNVDIMMを効果的に使えば、これまで解決できなかったストレージボトルネックを解消できる。SCMやNVDIMMの用途や周辺動向を整理して紹介する。

(2018/09/05)
news05.jpg
バックアップを中心に根強い支持

「テープ」がいまだに使われ続ける理由 HDDとの違いは

HDDやフラッシュドライブといった他の記憶媒体と比べて、テープにはいまだに明確なメリットがある。バックアップを中心に根強く支持されるテープの魅力とは。

(2018/09/05)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

注目テーマ