IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
より安価でより高いスループットを提供するHCI

「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。

(2017/12/07)

新着記事

news03.jpg
「NVMe over Fabrics」にどう取り組むか

高速フラッシュ規格「NVMe」投資の“失敗組”“成功組”を分ける3つの検討項目

低遅延規格「NVMe」ベースのフラッシュストレージ環境の構築にリソースを投入する前に、技術面以外に考慮すべき問題が3つある。

(2017/11/29)
news06.jpg
導入済みなら効果は期待できる

第6世代「Gen6 ファイバーチャネル」でも超えられない技術的限界とは

Gen 6ファイバーチャネルはデータ転送速度のボトルネックを解消する可能性がある。だが、企業は急速に進化するイーサネットを選ぶ傾向があるという。ファイバーチャネルを取り巻く環境からその理由を探る。

(2017/11/28)
news04.jpg
IT部門の“クラウドベンダー化”にも貢献

フラッシュストレージ投資を生かすも殺すも「セカンダリーストレージ」次第だった?

フラッシュストレージの導入効果を引き出せるかどうかの鍵は、バックアップやアーカイブ用の「セカンダリーストレージシステム」が握っているという。それはどういうことなのか。

(2017/11/27)
news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドが低迷してテープが活況? ストレージの“ちょっと奇妙な現実”

クラウドやハイパーコンバージド、SDSといった新技術は、ストレージの新たな常識となるとの見方もあった。だが「そううまくはいっていないのではないか」との声もある。

(2017/11/21)
news01.jpg
テープバックアップは不滅!?

NAS感覚で使える“テープNAS”で大容量バックアップ問題を解決

テープバックアップ不要論はいまだに根強いが、一方でテープの進化も着実に続いている。テープをNAS感覚で使えるようにするLTFSによって、“テープNAS”というバックアップ手段も選択肢に入ってきた。

(2017/11/21)

製品一覧

データセンター製品一覧

ストレージやサーバ、SAN/NAS、電源・空調・ラックなど、データセンター関連製品をジャンル別に紹介する。

ストレージ仮想化

何ができる? ストレージ仮想化

ストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。

グリーンデータセンターを目指して

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流に

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

サーバアーキテクチャ

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな

メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

注目テーマ