「オンプレミス回帰」を選ばざるを得なかった企業の“ある切実な事情”ストレージコスト見直しの動き【第4回】

クラウドサービスからオンプレミスシステムにデータを戻す作業には手間もコストもかかる。企業にとって決して容易な決断ではないが、実行した企業はある。幾つかの例を紹介しよう。

2024年04月22日 07時30分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 クラウドサービスの利用が広がる一方で、一部の企業はデータやアプリケーションをオンプレミスシステムに戻す「オンプレミス回帰」を検討している。データ移行に労力やコストがかかることから、企業にとってオンプレミス回帰は決して容易に決断できることではないが、実際にオンプレミス回帰を選択した企業はある。どのような事情があったのか。幾つかの事例を紹介しよう。

「オンプレミス回帰」を選んだ企業の“切実な事業”とは

 運送会社Flex Movingは、クラウドサービスのコストを見直して、一部のデータをオンプレミスのストレージに移行した。Flex Movingのプレジデントであるセルゲイ・ドバーキン氏は、物流部門特有の需要を満たすため、ストレージに以下の要件が必要だったと説明する。

  • 柔軟性
    • 顧客情報や在庫情報、配送情報など、異なる種類のデータを管理し、簡単にアクセスできるようにする。
    • 需要の変動や顧客の要求に応じて、処理を変化できるようにする。
  • スケーラビリティ(拡張性)
    • 需要の急増といった事態に対処するため、容量や性能の迅速に拡張できるようにする。
  • セキュリティの確保
    • 顧客の個人情報など、重要データの機密性を確保できるようにする。

 こうした点を踏まえて、Flex Movingはクラウドサービスとオンプレミスシステムのハイブリッド構成を選択した。「機密性の高いデータはオンプレミスのストレージに格納し、重要性の低いデータは引き続きクラウドストレージで管理している」とドバーキン氏は説明する。

 公認会計士団体Chartered Professional Accountants of British Columbia(CPABC)も、クラウドサービスのコスト最適化を図るために、オンプレミスのストレージの比率を高めている。CPABCでITセキュリティ運用およびコンプライアンス担当マネジャーを務めるアントニー・グリーン氏は、金融業界は全体的に「ハイブリッドクラウド」(オンプレミスシステムとクラウドサービスの併用)を選択する傾向が強くなると予測する。「オンプレミスシステムとクラウドサービス両方の長所を生かしつつ、それぞれの弱点を消していくことが重要だ」(グリーン氏)

 ソフトウェアの評価サービスを提供するRealGoodSoftwareの創設者でCEOのブライアン・マクリンティック氏も、グリーン氏の意見に同意を示す。それと同時にマクリンティック氏は、ストレージベンダーに対して次のような強化策を講じるべきだと提言する。

  • オンプレミスのストレージ
    • セキュリティ機能やカスタマイズ性をより強化すると同時に、スケーラビリティを確保できる選択肢を提供する
  • クラウドストレージ
    • コストを最適化したり、より細かくデータ管理をしたりするための機能や手法を提供する

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...