「Optane」で進化するメモリ技術【後編】
次世代メモリ「Optane」はDRAMと何が違う? 2つの動作モードを解説
Intelの新メモリ技術「3D XPoint」をベースにしたメモリモジュール「Optane DCPM」は、Memory ModeとApplication Direct Modeの2つのモードで動作する。それぞれの違いを解説する。(2019/12/10)

VPNだけではカバーし切れない課題を解消
「野良無線LANもOK」情シスが安心してテレワークを推奨できるPCに必要な機能は
働き方改革の推進やテレワークの普及によって、企業に求められるIT環境は高度化している。その一方で、多様な環境での業務を実現できていないままの企業も少なくない。もし、便利で安全なビジネス環境が「ノートPC1台」で構築できるとしたら?(2019/12/9)

クラウド対テープ【前編】
テープの無視できないメリットと残念なデメリット
テープも進化を続けており、他のメディアにはない無視できない利点も多い。一方で解決し難い弱点もあり、テープでは不適切な用途も出てきた。まずはテープのメリット/デメリットを再確認しよう。(2019/12/9)

AWSやMicrosoftも支援する「最も愛される言語」
プログラミング言語「Rust」が「C」「C++」の後継になるこれだけの根拠
Amazon Web Services(AWS)がプログラミング言語「Rust」をシステム開発言語として採用し、支援に乗り出した。MicrosoftもRustを「C」「C++」の代替言語と見なすことを表明し、注目が集まっている。(2019/12/5)

「コンポーザブルインフラ」の4つの疑問【前編】
「コンポーザブルインフラ」とは何か? 何をコンポーザブルにするのか?
「コンポーザブルインフラ」の概念は分かりやすいとは言えない。コンポーザブルインフラとは何か。具体的に何をどのようにしてコンポーザブルにするのか。その疑問に答える。(2019/12/5)

「Optane」で進化するメモリ技術【前編】
Intelが次世代メモリOptaneで実現した「ストレージクラスメモリ」とは?
Intelは次世代メモリ技術「3D XPoint」をベースにしたメモリ製品群「Optane」を市場に投入した。従来のメモリのどのような課題を解消したのか。(2019/12/4)

オンプレミスオブジェクトストレージという選択【前編】
新トレンドはオブジェクトストレージへの移行とオンプレミスへの回帰
ストレージ市場に新たなトレンドが生まれている。既に始まっているオブジェクトストレージへの移行に加え、クラウドからオンプレミスへの回帰が見られる。今何が起きているのか。(2019/12/4)

データ激増の時代に備えるストレージ戦略とは
ストレージ管理者必見 数年おきのデータ移行を楽にするには
ストレージを利用するとき意外にも負担が大きいのは、人件費を含めた運用コストだ。この運用コストを削減しつつ、激増するデータに合わせてストレージ容量を拡張するために、企業はどう対処すべきなのか。(2019/12/10)

選定時にまず確認すべき要素を紹介
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の失敗しない選び方 3大ポイント
「HCI」への投資を効果的なものにするためには、自社のニーズに適した製品を選定することが重要だ。そのために注意すべき3つの選定ポイントを説明する。(2019/11/29)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【後編】
PC廃棄時の情報漏えいを防ぐ「データ消去ソフトウェア」の選定ポイント
産業廃棄物処理業者にハードウェアを受け渡す際の情報漏えいを防ぐためには、中身のデータを適切に消去しておくことが重要になる。そのための主要な手段である、データ消去ソフトウェアの選び方を紹介する。(2019/11/29)

「ストレージ」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に書籍『インフラ設計のセオリー』をプレゼント。(2019/12/2)

サーバやアプリケーションに比べ進まない理由
「自動化」最後のとりで ネットワークがクラウドやアプリに追い付くには?
サーバ構築やアプリケーションのデプロイにおける自動化は進んでいるが、残念ながらネットワーク運用の自動化は遅れている。根本的な課題は何だろうか。どう着手すればいいのだろうか。(2019/11/29)

QLCよりも大容量化するが……
PLC(ペンタレベルセル)フラッシュでフラッシュストレージはどう変わる?
IntelはOptaneラインアップの拡充を発表するとともに、「PLC」を開発中であると示唆した。QLCよりもさらにユースケースが限定されると予想されるPLCは、市場や業界に何をもたらすのか。(2019/11/29)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【前編】
PC廃棄を安心して任せられる「産業廃棄物処理業者」の正しい選び方
寿命を終えたハードウェアは適切な方法で廃棄しないと、情報漏えいやコンプライアンス違反を招くリスクがある。ハードウェアを安全に廃棄するために知っておきたい、産業廃棄物処理業者の選定ポイントを説明する。(2019/11/27)

「できないこと」がセキュリティ強化になる
いまさら聞けない「ゼロクライアント」と「シンクライアント」の違いを比較
「ゼロクライアント」と「シンクライアント」はよく似ているが、得られるメリットや利用条件に違いがある。どちらを選べばよいのかを理解するために、両者の違いを整理しよう。(2019/11/27)

HDD大容量化を目指すWD、Seagate、東芝【後編】
20TBのHDDを実現した「SMR」方式とは? 一部の企業に人気の理由
HDDはニアライン向けの需要が高まっている。このトレンドの背景にはHDDを大容量化するベンダー各社の新技術の採用がある。その一つが「SMR」方式を採用したHDDだ。(2019/11/27)

ダウンタイムを限りなくゼロに
延長サポート終了を迎えるVMware ESXi 5.5、驚きと感動のアップグレード方法
「VMware ESXi 5.5」の延長サポート終了が近づいてきた。サポート継続と最新技術活用のため、大多数の企業は最新版へ移行する。しかし、無停止での移行は簡単ではない。ダウンタイムを限りなくゼロにする「驚きと感動」の方法とは?(2019/12/2)

目当ての情報を見つけやすくするルールが必要
「Microsoft Teamsを入れたら共有ファイルだらけ」を避ける5つの注意事項
「Microsoft Teams」を導入する際は、業務目的のファイルやメッセージ、予定が無秩序に作成されてしまう状況に陥らないようなルールや戦略を立てる必要がある。そのために注意すべき5つのポイントを紹介する。(2019/11/22)

曖昧になるメモリとストレージの境界
2020年、新「Intel Optane」でメモリのストレージ化が加速
Intelは2020年にIntel Optaneのラインアップを拡充する予定だ。新Intel Optaneは速度と容量が向上し、メモリがストレージの役割も担うようになるだろう。(2019/11/22)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【後編】
次世代RPA「インテリジェントプロセスオートメーション」の3大用途と導入方法
RPAよりも高度な作業を自動化できる「インテリジェントプロセスオートメーション」には、どのような用途があるのか。カスタマーサービスと保険金請求処理、コンプライアンスの3つの用途を説明する。(2019/11/20)

HDD大容量化を目指すWD、Seagate、東芝【前編】
40TBのHDDも実現 大容量化技術「MAMR」「HAMR」はどこまで製品化した?
長年の歴史を持つHDDが転換期を迎えている。注目すべきは、Western Digital、Seagate Technology、東芝デバイス&ストレージが投入する、新技術を搭載した新製品だ。最新動向を追う。(2019/11/20)

メモリ新技術を巡る動き【後編】
Intelが構想する「144層3D NAND」「PLC」フラッシュメモリ実用化までの道のり
メモリ技術の進化は現時点でどこまで見えているのだろうか。Intelやキオクシア(旧東芝メモリ)、Western Digitalなどの動向から、144層3D NAND、PLC NANDといったメモリ新技術の動向を紹介する。(2019/11/19)

ストレージだけでなく他インフラの障害も発見
障害の93%をAIが検知――面倒な運用管理から解放するストレージとは
AIやIoT、ビッグデータ活用の広がりによって情報の流通量が爆発的に増加し、人間の力だけでリスクに対処するのが難しくなってきている。安全なデータ管理を実現するためには、どのようなストレージを選ぶべきだろうか。(2019/11/26)

期待の大きさ故のリスク
「5G」は「eMTC」「NB-IoT」よりもIoT向きなのか? 慎重になるべき課題も
5GはIoT分野での活用が期待されているものの、その導入は簡単な作業ではない。導入を検討するのであれば、5Gが抱える課題について詳細に検討を重ねる必要がある。(2019/11/18)

クラウドの知識が必要なのはIT担当者だけではない
「クラウドの高額請求」を避けるために全社に徹底すべき6大項目
クラウドサービスを使うと、想像以上に高い利用料が請求されることがある。出費を抑えるには、従業員がクラウドのコストの管理と最適化のプロセスを理解することが必要だ。(2019/11/18)

何役も求められる一人情シスへの救いの手?
AIで故障予測を実現する第二世代HCI――運用業務は簡単になるのか?
デジタルトランスフォーメーションのトレンドに乗って事業への貢献を求められ、あれもこれも手が回らないと感じる情シス担当者は少なくないだろう。システム基盤を簡素化することで、負荷を減らし、より本質的な業務に専念できるはずだ。(2019/11/18)

PC買い換えの前に試すべき設定を紹介
「Windows 10」の無料でできる高速化術5選
「Windows 10」PCを使い込んでいくと、徐々にその性能は低下する傾向がある。幸いなことに、ストレージスペースの解放や迷惑プログラムの削除など、高速化を図るためにできることは幾つかある。(2019/11/17)

「分子メモリ」がストレージを変える【後編】
「分子メモリストレージ」と「HDD」の違い “容量はHDDの100倍”の理由は
「分子メモリ」のストレージはHDDよりも少ない物理的なスペースで、はるかに多いデータ量を保存できるようになるという。HDDとは何が違うのか。その仕組みを解説する。(2019/11/12)

思わぬ速度低下や料金高騰に戸惑うことも
「クラウドバックアップ」導入に失敗する企業が見落とす2大問題とは?
クラウドバックアップは便利だが、それに潜む2つの問題を度外視すると思わぬ問題に発展する場合がある。この2つの問題とは何かを理解した上で、それらをどこまで許容できるか、考慮する必要がある。(2019/11/12)

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す
良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」
現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。(2019/11/14)

「微妙な違いを識別するAI」を実現
メルカリは「AI出品」をなぜAWSのコンテナで運用するのか
メルカリはユーザー体験の向上や運用管理の自動化のために機械学習などのAI(人工知能)技術を取り入れ、コンテナで運用している。AI技術とコンテナの運用を具体的にどのように実現しているのだろうか。(2019/11/28)

メモリ新技術を巡る動き【前編】
Intelの「Optane」新世代メモリはNANDフラッシュメモリよりどれだけ優秀か?
Intelが「3D XPoint」技術をベースにしたメモリ「Optane」搭載の次世代製品に関するロードマップを公開した。NANDフラッシュメモリの性能とはどう違い、市場に出るのはいつ頃になるのだろうか。(2019/11/11)

主要ベンダーの動向と課題は?
「クラウドHPC」とは? AWS、Microsoft、Googleが競う新たなサービス
高い処理能力を持ったリソースを、ユーザーが必要なときにだけ提供する「クラウドHPC」。主要クラウドベンダーが注力し始めたクラウドHPCのメリットと、普及における課題について説明する。(2019/11/7)

Komprise導入事例
ノースウエスタン大学がストレージコストを半減させた方法
ストレージの運用に行き詰まっていたノースウエスタン大学は、Kompriseのストレージ管理製品を導入することで数々の課題を解決。結果としてストレージコストの半減に成功した。(2019/11/7)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【後編】
「コンポーザブルインフラ」がAWSより優れている点と、期待される役割は?
コンポーザブルインフラはクラウドのような特性を持っているが、クラウドとは異なる。ソフトウェアベンダーがクラウドをやめてコンポーザブルインフラを採用した理由とは。(2019/11/7)

トレーニング不足や料金見積もりの失敗など
オンプレミスから「クラウドデータベース」への移行を失敗させる10大ミス
データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行するときに、IT部門が犯しがちなミスがある。移行の失敗につながりかねない、主要な10個のミスを紹介する。(2019/11/6)

「分子メモリ」がストレージを変える【前編】
容量はHDDの100倍? 「分子メモリ」を使ったストレージとは
データが爆発的に増大する中、ストレージの進化がその速度に置いていかれているという見方がある。こうした問題の突破口として期待すべきなのが「分子メモリ」を使ったストレージだ。どのようなストレージなのか。(2019/11/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
「HDDはSSDに負けた」が間違いであるこれだけの根拠
SSDへの置き換えが進むことで、衰退の一途をたどっているかに見えるHDDだが、実はそうとは言い切れない。HDDが今後どうなるのか、市場での役割や技術進化の方向性を読み解く。(2019/11/6)

Computer Weekly製品ガイド
共有ストレージではなくHCIを選ぶ理由
HCIはストレージ共有よりも優れた選択肢になり得るのか。どんな組織がどのような規模で導入した場合に最大の恩恵を受けられるのか。(2019/11/6)

デル株式会社提供eBook
インフラ基盤の立て直しに迫られたある3社、“あのとき”の苦労を赤裸々に語る
長きにわたって運用してきたサーバやストレージ。運用期間が長いほどハードウェアの老朽化やパフォーマンスの低下といった問題が発生する。リプレースを余儀なくされた“その時”に備えて考えたいポイントを3社の事例を基に説明する。(2019/11/1)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【中編】
「コンポーザブルインフラ」はHCIやコンバージドインフラと何が違うのか
既に複数のベンダーが「コンポーザブルインフラ」を市場に投入している。「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」と何が違うのだろうか。(2019/11/1)

自動化するにしても、人的リソースは必要
「Infrastructure as Code」の速さはもろ刃の剣、便利さの影にあるリスクとは
「Infrastructure as Code」によってデータセンターは大きく変わる可能性がある。だが運用上の混乱を避けるためには、徹底的にドキュメントを残しテスト環境を確保する必要がある。(2019/10/31)

PowerShellによる管理から印刷問題への対処まで
クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の覚えておくべき管理手法4選
「Windows Virtual Desktop」を利用するには、まずIT管理者がこのサービスをどう管理すべきかを理解しておく必要がある。効果的な4つの管理手法を紹介する。(2019/10/30)

ベンダーの評価ポイントは?
日経が基幹系とVDIのインフラに「HCI」を選んだ理由と、クラウドを選ばなかった理由
日本経済新聞社は基幹システムとVDI(仮想デスクトップインフラ)の運用環境としてハイパーコンバージドインフラ(HCI)を選択した。なぜHCIを選んだのか。導入後の評価はどうだったか。(2019/11/13)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【前編】
放送サービス企業がHCIではなく「コンポーザブルインフラ」を選んだ理由
コンポーザブルインフラは、企業にどのようなメリットをもたらすのか。放送サービス事業者Skyview Networksの事例から探る。(2019/10/25)

クラウドとの関係性は
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」の微妙な違い
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」を同じ意味で使用する専門家は少なくない。一方でこの2つの用語に対して、わずかながらも重要な違いを与えている専門家もいる。(2019/10/24)

マルチクラウド、クラウドネイティブ時代のストレージはどうあるべきか
「AIによる自律運用」の現実解を本気で作るHPE、その進展と実績を聞いた
人工知能(AI)によるITインフラの自律運用は、多くのIT部門が目指す世界だろう。だがその第一歩はどこに置くべきだろうか。多くのシステムがソフトウェア化する中、ストレージこそがそのきっかけになる、というアプローチがある。(2019/10/23)

「新たな石油」となるデータをどう管理する
データを守るだけでは生き残れない――データを価値に変えるストレージの新機軸
「新たな石油」と称されるデータをどう活用するのかという課題が企業を悩ませる。データは膨張しクラウドを含めあらゆる場所に散在する。これらを正しく保護・管理し、価値を引き出すための画期的な方法が生み出された。(2019/10/18)

大規模アーカイブを支えるテープストレージ事例【後編】
大学計算センターがアーカイブに「クラウド」ではなく「テープ」を選んだ理由
テキサス大学オースティン校のテキサス先端計算センター(TACC)は、大規模アーカイブシステムのストレージをQuantumのテープライブラリに移行し大きな成果を得た。テープライブラリならではの課題とメリットとは。(2019/10/18)

組み合わせて機能を補う
モバイル端末のデータ漏えいを防ぐ「UEM」と「MTD」を使った2つの方法とは?
統合エンドポイント管理(UEM)は基本的なモバイルセキュリティ機能を備えているが、高度な対策を施すにはモバイル脅威防御(MTD)ツールとの連携が必要だ。(2019/10/16)