データセンターの省エネ対策【前編】
「低PUEのデータセンター」は何がすごいのか? 軽視できないサーバ冷却
データセンターにおける電力の使用効率を示す「PUE」。これを向上させるにはサーバ冷却の効率化など対策が必要だ。優れたPUEを達成するデータセンターは、どのような手法を取り入れているのか。(2022/5/20)

魅力はスペックのみにあらず
ゲーム用だけではもったいない、ゲーミングスマートフォン「REDMAGIC 7」
Nubiaのゲーミングスマートフォン「REDMAGIC 7」は、こだわり抜いた冷却機構やゲームに特化した機能が特徴だ。もちろんゲームにも向いている。(2022/5/20)

専門家が語る「HDDの運命」【第1回】
“HDD不要論”をなくす「20TBのHDD」の衝撃
HDDは容量を増やし、SSDより低い容量単価を維持している。だが、SSDも着実に広まりつつある。HDDの役割はどうなるのか。業界関係者やアナリストに「HDDの運命」を聞いた。(2022/5/19)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第4回】
動画配信に欠かせない「CDN」が近年提供する意外な機能
企業がCDNを使う理由として、まずユーザー体験の向上を挙げることができる。機能が多様化する中、CDNのメリットはそれにとどまらなくなってきた。CDNについて他に何を知っておくべきなのか。(2022/5/16)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第3回】
「Windows 11が使えない理由」を教えてくれる「WhyNotWin11」とは?
「Windows 11」へのアップグレード可否を判断する手段は「PC正常性チェック」だけではない。PC正常性チェックが正常に動作しない場合でも利用できるのが「WhyNotWin11」だ。その特徴を簡潔に紹介する。(2022/5/15)

Micron 7450 SSDの見逃せないポイント
176層NANDでSSDの容量倍増、さらに速度と耐久性が向上した納得の理由
Micron 7450 SSD with NVMeは初の176層NANDで容量が大幅に向上した。だが、それよりも見逃せないのが大容量SSDでありながら速度と耐久性が高いことだ。それには理由がある。(2022/5/13)

オンプレミス「新主役」 HCIの利点は?
“運用しやすいオンプレミス”を夢から現実へ「HCI」という選択肢
クラウドサービスの普及とともにオンプレミスのインフラの良さが再認識され、システムによって両方をうまく使い分ける動きがある。特に注目されているのは「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)だ。HCIの利点は何か。(2022/5/18)

NEWS
総菜大手がDRシステム刷新 ストレージの容量不足を解決した方法とは?
「RF1」「神戸コロッケ」などの総菜を手掛けるロック・フィールドは、災害復旧(DR)システムを刷新。ストレージの容量不足の問題を抱えていた同社が「Veeam Backup & Replication」で実現した手法と成果は。(2022/5/10)

データ駆動型企業への道【第2回】
不可能な「完璧なデータ管理」からデータ管理部門を解放する方法
データ管理部門は完璧なデータ管理を強いられている。彼らをこの「不可能への挑戦」から解放し、データ品質を向上させるにはどうすればいいのか。(2022/5/9)

Computer Weeklyリバイバル
キオクシアがあえてSLCを採用した納得するしかない理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/5/4)

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

Computer Weeklyリバイバル
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/4/30)

サイロ化から脱却してデータを統合管理
オンプレミスに残る個別最適化したシステム群 どうすれば運用を効率化できる?
サイロ化したシステムを管理する状況では運用を効率化できず、セキュリティホールが生まれたり増設や拡張に手間が掛かったりする可能性もある。これを解消し、簡単かつ効率的な運用を実現する鍵とは何か。(2022/4/28)

オンプレミスでのデータ活用をスマートに
オンプレサーバを必要に応じて調達 一緒にコストも最適化する秘訣とは
クラウドファーストの時代であってもパブリッククラウドが必ずしも第一の選択肢というわけではない。社内データの本格的な活用を想定し、コストや応答性能、運用の利便性を考えたときにベストな選択肢を考える。(2022/4/28)

ネットワーク環境が「時代遅れ」になっていないか?
事例に学ぶ「オフィスワークとテレワークの両立を目指した無線LAN刷新」
コロナ禍に伴ってWeb会議の利用機会が増えたことをきっかけに、旧来のネットワーク設計の限界が露呈するケースは珍しくない。事例を基に、SIerやリセラーがユーザー企業のネットワーク刷新を支援する際のベストプラクティスを探る。(2022/4/28)

ストレージの電力消費問題【後編】
容量増加のSSDと安いHDD、低電力のテープ――これからのストレージの選択肢
消費電力量の抑制はこれから企業が重視すべき取り組みの一つだ。SSDやHDD、テープといった各種ストレージについて消費電力を軸にして検討する場合、企業は何を知っておくべきなのか。(2022/5/10)

データセンター需要とグリーン化【後編】
太陽光や水素をエネルギー源にするデータセンターの立地はどうなるのか?
国内のデータセンターは東京や大阪の都市圏に集中する傾向にある。データセンターにおける再生可能エネルギー利用の動きがこれから広がる場合、立地にどう影響する可能性があるのか。(2022/4/22)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?
環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。(2022/4/21)

ストレージの電力消費問題【前編】
SSDとHDDを単純比較してはいけない理由 電力に敏感な企業のストレージ
多様なデータの利用が広がり、データセンターの電力消費は増大を続ける見通しだ。データ保管という重要な役割を担うストレージに関して、企業が考慮すべきこととは。(2022/4/28)

Amazonギフト券が抽選で当たる
「ストレージの利用/運用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/4/19)

できているか「セキュリティ衛生管理」【後編】
クラウドセキュリティ向上は“歯磨きイヤイヤ”の克服がヒント?
テレワーク導入とともにクラウドサービスの利用が増えると、企業にとってセキュリティの「衛生管理」の重要性が増す。問題は従業員にその重要性をどう納得させるかだ。(2022/4/19)

オブジェクトストレージとPOSIX【後編】
「POSIX」と「オブジェクトストレージ」の関係がなぜ問題なのか
Amazon S3などで一般化したオブジェクトストレージは、POSIXを前提とする既存のアプリケーションと相性が悪い。POSIX準拠の有無がどう関係するのか。(2022/4/13)

クラウドユーザーのための「ログ管理」5大ベストプラクティス【前編】
クラウドログ管理の前に「なぜログを管理するのか」を熟考すべし
IT担当者はログを一元管理することで、システム監視を強化し、トラブルシューティングの速度を向上できる可能性がある。クラウドサービスのユーザー企業がログ管理を成功させるためのベストプラクティスを紹介する。(2022/4/11)

企業に迫る大容量データの保管問題【後編】
「テープ」と「クラウドストレージ」の一長一短 動画に使えるストレージは?
大容量の動画データを保管する場合、コストや管理方法など幾つかのポイントを軸にして検討するとよい。テープに対して、クラウドストレージにはどのようなメリットがあり、何に注意すべきなのか。(2022/4/11)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】
可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?
IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。(2022/4/8)

データセンター需要とグリーン化【中編】
再生可能エネルギー利用に動くデータセンター ユーザー企業にも選択肢
大規模データセンターを運営する事業者は、再生可能エネルギーの活用などグリーン化の取り組みを進めている。こうした動きは今後ますます強まる可能性がある。今後のデータセンターはどう変わるのか。(2022/4/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
HDDやSSDの限界を超えるストレージ「HDS」とは
立体的にデータを書き込む「HDS」は、既存のストレージが抱える課題を解消する可能性がある。HDSのメリットと課題、実用化に向けた取り組みを説明する。(2022/4/7)

オブジェクトストレージとPOSIX【前編】
知っているようで知らない「POSIX」とは何か
普段、「POSIX準拠」か否かを意識することはない。30年以上前に生まれたこの規格は今でも使われ続けている。改めてPOSIXがなぜ重要なのかを説明する。(2022/4/6)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【中編】
機密データを全世界に公開しないための「クラウドストレージ」「クラウドネットワーク」設定ミスの防ぎ方
クラウドストレージやクラウドネットワークの設定ミスが原因となり、機密データを誤って外部に公開してしまうことがある。こうした事故を防ぐために、設定ミスを防止する方法を説明する。(2022/4/5)

企業に迫る大容量データの保管問題【前編】
動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も
大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。(2022/4/4)

データセンター需要とグリーン化【前編】
データセンター新設が相次ぐ国内 2000年代初頭ラッシュとの違いは?
旺盛なデータセンター需要を背景にして、国内ではデータセンターの新設が相次いでいる。企業のIT活用にデータセンターは今後も不可欠だが、同時に意識しておかなければならない消費電力の課題がある。(2022/4/13)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】
SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法
IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。(2022/4/1)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/1)

クラウドニュースフラッシュ
アステラス製薬が「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かす“深い狙い”とは
基幹系システムのクラウドサービス移行が進みつつある。「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かすアステラス製薬の事例や、クラウドセキュリティの新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/3/31)

静かに現実味を帯びる「AIOps」【中編】
アクセンチュアが実践する「AIOps」による定型業務の自動化とは?
ITコンサルティング会社のAccentureは、機械学習でIT運用を自動化する「AIOps」によって社内の業務負担を軽減している。同社が実践するAIOpsの取り組みと、その成果とは。(2022/3/31)

IaaS移行にかかるコストを整理する【後編】
「クラウドにしたら高くなった」を回避 IaaS移行後コストの正しい見積もり方
コスト削減を期待してIaaSへとワークロードを移行させたものの、結果的にはコストが下がらず、むしろ高くなった――。こうした“想定外”をなくすために、IaaS移行後に発生するコストを正しく見積もる方法とは。(2022/3/31)

環境に優しいストレージ運用法【後編】
HDD、SSD、テープを「電力」で比較 電力を食わないストレージとは?
ストレージの電力使用量を減らすには、ストレージがどのような方法でデータを読み書きしているのかを知ることが重要だ。環境に優しいストレージ運用に必要な、基本的な知識を整理する。(2022/3/31)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【前編】
「クラウドIAMの設定ミス」の危険性と、設定ミスを防ぐ3つの方法
クラウドサービスの単純な設定ミスが、情報漏えいにつながる恐れがある。クラウドサービスのID・アクセス管理(IAM)における設定ミスの危険性と、適切なIAMポリシーを設定する方法を説明する。(2022/3/29)

面積だけじゃないデータセンターの「サイズ」選び【前編】
レガシーシステムなら「小規模」が正解? データセンターの“理想的な大きさ”とは
企業はデータセンターのサイズをどのように決めればよいのか。その際に基準とすべきなのは物理的な面積だけではない。もう一つ重要な要素とは何か。(2022/3/25)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】
Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ
米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。(2022/3/25)

PCIeとEDSFF基礎の基礎【後編】
次世代NVMe SSDの大本命、EDSFFフォームファクターとは何か
EDSFFが次世代フォームファクターの最有力候補になりつつある。どのような形状で、PCやストレージ製品にどのように実装されるのか。EDSFFの全体像を解説する。(2022/3/25)

2022年の熱いIT投資先【後編】
次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測
Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。(2022/3/25)

環境に優しいストレージ運用法【中編】
ストレージの電力使用量を下げる具体的な方法 「クラウドで解決」実は難しい?
グリーン化を掲げ、IT機器を環境に優しい形で運用する動きは、ストレージとも無関係ではない。ストレージの電力使用量を低下させるこつを踏まえ、環境に配慮したストレージ運用を始めるためのノウハウを紹介する。(2022/3/24)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【後編】
「脱クラウド」で“クラウドの呪縛”から解放される方法
熟慮の末にクラウドサービスへ移行したにもかかわらず、想定外の問題に直面して「脱クラウド」に踏み切らざるを得なくなった企業は、どうすればよいのか。スムーズなオンプレミス回帰のポイントを説明する。(2022/3/21)

大容量データ向けのHDD【後編】
HDDのマイルストーン「50TB」 大容量化の鍵を握る技術は?
ヘリウム充塡によるプラッタ枚数の増加をはじめ、過去の技術改善でHDDの大容量化は進んだ。将来的には50TBの容量が視野に入っている。Western Digitalはこれをどう実現するのか。(2022/3/27)

PCIeとEDSFF基礎の基礎【前編】
NVMe SSDを導入するならPCIeの世代を要確認 PCIe 4.0、5.0、6.0とは?
SSDを導入するなら、NVMeかどうかだけでなくPCIeの世代にも注目する必要がある。普及期に入ったPCIe 4.0対応は必須だ。PCIe 5.0以降についても知っておくべきだ。(2022/3/18)

IaaS移行にかかるコストを整理する【前編】
「IaaS移行」を考えたらまず検討しておきたいポイント
オンプレミスインフラからIaaSへの移行を考えるCIOは、移行計画を立てることにもコストがかかることを忘れてはならない。IaaS移行の計画段階でかかるコスト要素について詳しく説明する。(2022/3/17)

環境に優しいストレージ運用法【前編】
「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?
「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。(2022/3/17)