低遅延を実現するが利用には制限も
AWSを自社のすぐ近くで動かせる「AWS Local Zones」とは?
AWSのITインフラをユーザー企業の近くに展開できるサービス「AWS Local Zones」が登場した。その用途と利用方法、課題を説明する。(2020/3/27)

IT予算計画で重視するもの【前編】
2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよ
IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。(2020/3/26)

「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】
クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?
パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。(2020/3/25)

ストレージの導入状況に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2020/3/25)

AWSの障害対策における4つのポイント【後編】
AWS障害からの復旧計画時に意識したい「RPO」「RTO」とは?
「Amazon Web Services」(AWS)に障害が起きたときのために、どのように復旧計画を立てればよいのだろうか。「復旧対象のデータの評価」「復旧計画に使う指標」「復旧の訓練」の観点から説明する。(2020/3/25)

フラッシュストレージが主流になる理由【後編】
SLC、MLC、TLC、QLCの違いは? 3Dだけではないフラッシュ大容量化技術
HDDの出荷台数を抜く勢いでフラッシュストレージが普及しつつある理由を知るには、幾つかの視点が必要だ。容量やフォームファクターなどの視点から見てみよう。(2020/3/24)

新アプローチのストレージクラスメモリ
NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」
Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。(2020/3/19)

AWSの障害対策における4つのポイント【前編】
AWSの可用性を確保する方法とは?
適切なデータ保護と復旧の対策は、障害が起きる前に講じておかなければならない。「Amazon Web Services」(AWS)の障害に備えてやるべきことは幾つかある。主要な対策を紹介しよう。(2020/3/18)

Computer Weekly日本語版
とにかく速い! DRAMをストレージ化するソフトウェア「Forsa」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/3/18)

ストレージベンダーが「一から作り上げた」
オールフラッシュで差がつく 「ストレージ特化型アーキテクチャ」とは何か
企業が扱うデータ量は増え、データに期待される役割も変化しつつある。こうした中で、企業のIT担当者はデータをどう管理すべきか、そのために最適なストレージとは何か。企業向けクローズドセミナーの講演を基に解説する。(2020/3/24)

フラッシュストレージが主流になる理由【前編】
SATA/SAS接続型SSDではなく、なぜ「NVMeフラッシュ」が選ばれるのか
ストレージインタフェースにSATAやSASを採用したSSDよりも、NVMeを採用したフラッシュストレージが選ばれる傾向があるという。その理由とは何か。(2020/3/16)

重い処理をクラウドにオフロード
クラウドでAndroidアプリを実行して配信する「Anbox Cloud」
コンテナ化したAndroidアプリをクラウドで実行して配信できる「Anbox Cloud」が登場した。端末の性能や差異に依存しない単一のアプリを開発するだけでよく、大容量ファイルも扱えるようになる。(2020/3/16)

「ストレージクラスメモリ」総ざらい【中編】
「DRAM」と「MRAM」の決定的な違いとは?
メインメモリとストレージの在り方を変える可能性を秘める「ストレージクラスメモリ」。その主要技術「MRAM」とは何か。DRAMやNAND型フラッシュメモリと何が違うのか。(2020/3/12)

際限なく増え続けるデータのコピー、どう管理する
データの価値を最大限に引き出すストレージ管理「4つのフェーズ」
企業で生成されるデータは、有効に使えば新たなビジネスチャンスを生んだり業務効率を高めたりできる。しかしデータ活用の入り口で止まってしまう企業が少なくない。何が足りないのか。(2020/3/12)

曖昧になるインフラ【後編】
「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?
HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。(2020/3/11)

「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【前編】
「Windows Server 2008」の移行先はクラウドとオンプレミスのどちらを選ぶ?
サポート終了の「Windows Server 2008/2008 R2」を安全に使うには「拡張セキュリティ更新プログラム」が必要だ。その利用条件を検討すると、クラウドへ移行すべきか、オンプレミスにとどまるべきかが見えてくる。(2020/3/11)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/3/11)

「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【後編】
フラッシュストレージが普及しても「HDD」が使われ続ける理由
フラッシュストレージの用途が急速に拡大する一方、全てのデータセンターがすぐさまフラッシュストレージを導入するわけではない。HDDにはフラッシュストレージにはない需要がまだ存在するからだ。それは何なのか。(2020/3/10)

ネットワークの安定性やコスト面で課題も
クラウドにSAPのERPシステムを移行するメリットと注意点
SAPのERPシステムのホスト先をオンプレミスからクラウドに移行すると、ITインフラの運用負荷を軽減できる可能性がある。ただし目を向けなければならない問題もある。それは何なのか。(2020/3/10)

「SSD」「HDD」使い分けのポイント【後編】
「SSD」を選ぶべき人、「HDD」を使い続けるべき人を分ける条件
大容量化と低価格化によってSSDなどのフラッシュストレージは企業のストレージとして主流と言えるほどになった。それでもHDDの出荷容量が増えている。どちらを選ぶべきなのか。用途で両者を比較する。(2020/3/10)

災害復旧が失敗する6つの落とし穴【前編】
テストしていないDR(災害復旧)計画がもたらす残念な結末
さまざまな要因により、災害復旧の優先度が高まっている。だが多くの企業が、普通に考えれば落ちるはずのない落とし穴にはまって復旧に失敗している。この、当然回避できる落とし穴になぜ落ちるのか。(2020/3/10)

100年使える保存媒体はないか?
膨大なデータを長期間、安全に保存する場合に選ぶべきストレージとは
ビジネスで扱うデータ量はどんどん膨大になっている。データを長期間保存しなければならない場合、HDDや磁気テープには故障や読み取り不良のリスクが残る。もっと堅牢で、長期保存に適したストレージはないだろうか。(2020/3/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
「SSD」は穴を空けても復旧可能? 安全な廃棄方法は
ストレージとして一般的に利用されるようになったSSD(ソリッドステートドライブ)は、5年ほどで寿命が来ると言われる。この際、適切に廃棄しなければデータ流出の危険にさらされてしまう。どう対処すればよいのか。(2020/3/5)

「ストレージクラスメモリ」総ざらい【前編】
「ストレージクラスメモリ」とは? 重要技術の「ReRAM」から理解する
DRAMとNAND型フラッシュメモリの中間的な性質を持つ「ストレージクラスメモリ」。メインメモリとしてもストレージとしても使えるストレージクラスメモリとは何者なのか。代表的な技術と製品を紹介する。(2020/3/4)

「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【前編】
「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」とは? フラッシュの重要技術
「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」など、フラッシュストレージを取り巻く技術が急速に進化し、フラッシュストレージの用途が広がっている。今後のフラッシュストレージ市場はどうなるのか。(2020/3/3)

曖昧になるインフラ【前編】
「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法
さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。(2020/3/3)

「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】
SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由
ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。(2020/3/2)

専門家が語る2020年のクラウド動向【後編】
クラウドの「責任共有モデル」が2020年に崩壊する?
2019年に起こった金融大手Capital Oneの情報流出事件は、クラウドの「責任共有モデル」を変える可能性がある。この変化は、クラウドサービスのラインアップにどう影響を及ぼすのか。(2020/2/26)

世界最軽量クラスの2-in-1
高額PC「HP Spectre x360 15」はビジネスユーザーには“ぜいたく品”なのか?
HPのプレミアムノートPC「HP Spectre x360 15」の2020年モデルが登場した。技術見本市「CES 2020」の展示内容を基に、新モデルの特徴を紹介する。(2020/2/22)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2020/2/21)

ここに気を付ければ、期待は裏切られない
「HCI移行でありがちな失敗例」から学ぶ、見落としてはいけない回避策
運用管理の手間とコスト削減を目的に3階層システムをHCIにリプレースする場合、選定時には各HCIの運用管理法をよく調べる必要がある。漠然と選んだ結果の失敗例は珍しくないからだ。失敗を回避するにはどうすればよいのか。(2020/3/4)

黎明期のエッジコンピューティング【前編】
「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件
「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。(2020/2/19)

「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【後編】
「ファイバーチャネル」と「iSCSI」を性能、コスト、難易度など4点で比較
SANに使用するストレージインタフェースとしてFCとiSCSIのどちらを選択すべきなのか。4つのポイントで2つの技術を比較する。(2020/2/18)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Corkea 4Kモバイルモニター 14インチタッチパネル、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/2/17)

「Galaxy Chromebook」より安い
10万円以下でQLEDディスプレイ搭載の2-in-1「Galaxy Book Flex α」の中身は?
Samsung Electronicsの2-in-1デバイス「Galaxy Book Flex α」は、自社製テレビのハイエンドモデルに搭載する「QLED」ディスプレイを搭載しながら、構成要素を必要最小限に絞り込んで価格を抑えた。その中身とは。(2020/2/16)

「Windows 10X」に期待?
画面が折り曲がるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」は実用的なのか?
Lenovoが「CES 2020」で、ディスプレイを折り畳めるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」を正式発表した。併せて登場した「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」の新モデルとともに、その実力を評価する。(2020/2/15)

積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【後編】
メモリセル300層超えへ Samsung「V-NAND」でストレージ大容量化が進むか
Samsung Electronicsの3次元NAND型フラッシュメモリ「V-NAND」はメモリセルの積層数を増やすことで大容量化を進め、ついに100層を突破した。フラッシュストレージの大容量化にどのような影響があるのだろうか。(2020/2/13)

「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【前編】
いまさら聞けない「ファイバーチャネル」「iSCSI」の違い SANならどっち?
SANには「ファイバーチャネル」と「iSCSI」が一般的に使われる。どちらでSANを構成すべきかは意見が分かれる。それぞれどのようなネットワーク技術なのだろうか。(2020/2/10)

Pixelbook並みの高級機
約11万円からのSamsung「Galaxy Chromebook」は何ができ、何ができないのか?
少々の非力さも低価格で目をつぶるのが、一般的な「Chromebook」ユーザーの割り切りだ。ハイエンドPCに匹敵する性能を備えた999ドル超えの「Galaxy Chromebook」には、こうした割り切りは通用しない。その実力とは。(2020/2/9)

積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【前編】
100層以上のメモリセルを搭載 Samsung第6世代「V-NAND」を構成する技術とは
Samsung Electronicsの第6世代「V-NAND」は、100層以上のメモリセルを積載した3次元NAND型フラッシュメモリだ。高速性、大容量、低消費電力をどう実現したのか。(2020/2/7)

西日本の企業以外も注目の理由
AWSの新「大阪リージョン」と「大阪ローカルリージョン」の違いとは?
AWSは2021年初頭に「大阪リージョン」を新設する。すでに大阪で運用している「大阪ローカルリージョン」とは何が違うのか。(2020/2/12)

開発ライフサイクルの早め方
AWSに聞いた、ビジネスの俊敏性を高めるために開発現場が考えたいこと
あらゆるものがデジタル化し変わろうとする中、企業には環境変化への対応力が求められる。俊敏性を高めるために、開発現場と組織が考えるべきこととは。(2020/2/7)

従来型のNAS製品では不十分
“クラウド推進派”の企業が最適なストレージにこだわるべき3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えには確かな理由がある。エキスパートがそれを語った。(2020/2/4)

「NVMe」が変えるストレージ市場【前編】
NVMeストレージが売れると「SATA接続型SSD」が売れなくなると予想できる理由
パフォーマンスや価格優位性が増し、利用が広がりつつある「NVMeストレージ」。その普及の影響は、HDDからストレージ市場の主導権を奪った従来型SSDにも及んでいるという。それはどういうことなのか。(2020/2/3)

QLCにもあるオンリーワンな使い道
書き込みが遅くて耐久性が低いQLC SSDが活躍できる用途
QLCは書き込み速度が遅く、セルを書き換えられる回数も少ない。だが用途によっては非常に有用だ。QLCの真価を引き出す使い道とは何か。(2020/1/31)

エッジのセキュリティをどう確保するか【前編】
「エッジコンピューティング」はなぜ危険か やるべき対策は
「エッジコンピューティング」が企業にもたらすメリットは少なくない。ただしその可能性を生かすにはエッジのセキュリティに関する懸念を理解し、対処する必要がある。どのような脅威があり、どう対処すべきなのか。(2020/1/30)

オフラインコピーのありがたみ
「テープバックアップ」は過去の遺物ではない 価値を理解する5つの用語
ランサムウェア攻撃に遭ったとき「テープバックアップ」が救世主となることがある。テープバックアップは「過去の遺物」と侮れない重要な選択肢だ。その理解に役立つ5つの用語を解説する。(2020/1/30)

安全を守るための不動産・警備業のバックアップ問題
「肝心のそのときを残さない監視カメラ」を作らないためのバックアップ術とは
監視カメラの多くは内蔵ストレージを備える。だが内蔵ストレージだけに頼っていると、いざというときに容量不足や運用が原因で必要な記録が残らないリスクがある。運用の負荷なくリスクに備える方法はあるだろうか。(2020/1/30)

市場における新たな要件も解説
VMwareは「HCI」市場の“最重要ベンダー”であり続けることができるか?
HCIソフトウェア市場をけん引するVMware。エッジコンピューティングをはじめHCI市場を取り巻く状況が変化する中、VMwareは今の立ち位置を維持できるのか。(2020/1/29)

活性化するベアメタルクラウド市場
Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?
Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。(2020/1/29)