Amazonが主導する出版業界の変革【前編】
「Kindle」「Audible」以上の衝撃か? Amazonが「POD」で起こす出版革命
Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。(2021/3/5)

「ストレージ導入と選定ポイント」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone 12 Pro(128GB)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/4)

「仕事がはかどるタブレット」の条件【後編】
「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」 仕事用で選ぶなら?
仕事に適したタブレットがあればモバイルワークがはかどる。「どのような作業に使いたいか」という目的に基づいて「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」のスペックに注目し、それぞれの強みと弱みを探る。(2021/3/5)

「テレワークセキュリティ」6つの対策【後編】
危ないテレワークを防ぐ「仮想デスクトップ」「ゼロトラスト」「従業員教育」
2021年のIT部門にとって、テレワーク時のセキュリティ対策は率先して取り組む必要のある課題だ。6つの主なセキュリティ戦略の中から3つを紹介する。(2021/3/5)

「HDD」の需要と技術進化【前編】
「20TBのHDD」の量産は遅れる? 「ニアラインHDD」拡大の訳は? HDD市場予測
フラッシュストレージ全盛の今でもHDD市場は話題に事欠かない。注目のニアライン市場の動向とは。16TBから18TB、18TBから20TBへと移行するHDD大容量化の動きは。専門家に2021年の予測を聞く。(2021/3/4)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】
Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較
シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。(2021/3/4)

情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】
いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか
「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。(2021/3/1)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

HDDと同じ設計では不可
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
RAIDは重要な技術であり続けた。だが、SSDでもRAIDは有効なのか。使うべきなのか。結論としては有効だが、HDDと同じ設計で使ってはならない。(2021/2/26)

ブロートウェアの取り除き方【前編】
Windows 10やAndroid、iPhoneの厄介アプリ「ブロートウェア」とは 何が危険か
「ブロートウェア」は長い間デバイスのセキュリティを脅かしてきた。どのような危険性があり、どうすれば見つけ出すことができるのか。(2021/2/25)

「脱クラウド」検討のポイント【後編】
企業が「脱クラウド」を選んでしまう4つの理由
オンプレミスのインフラからクラウドサービスへのワークロード移行で失敗しないためにはまず、企業が「脱クラウド」を決断する理由を把握しておくとよい。主要な4つの理由を説明する。(2021/2/25)

ストレージと仮想化基盤に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、QUOカードPay(3000円分×30名様)もしくはAmazonギフト券(3000円分×10名様)をプレゼント。(2021/2/25)

「脱クラウド」戦略の基本【後編】
「脱クラウド」の注意点は? 「脱IaaS」「脱PaaS」「脱SaaS」の違いは?
脱クラウドに踏み切る際、使用をやめるクラウドサービスが「IaaS」なのか、「PaaS」なのか、「SaaS」なのかによって注意すべき点が異なる。どのような違いがあるのか。(2021/2/25)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

無料版もあり
Kubernetes用管理製品Robin.ioが実現する永続ストレージ
コンテナの課題の一つが永続ストレージだ。これを実現する方法は幾つかあるが、今回は無料版もあるRobin.ioに着目した。Robin.ioによって何が実現するのだろうか。(2021/2/24)

DX推進で高まる「データ所有の価値」
ランサムウェアや自然災害から膨大なデータを守る「堅牢ストレージ」とは?
企業が抱えるデータ量が増えれば、データ管理のコストや運用負荷は膨らむ。DX推進によってデータの価値が高まる中、簡単にデータを捨てることもできない。将来を見据えてデータを保管するには、どのような方法が有効なのか。(2021/2/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10」を“使えない、危ないOS”にしない方法
「Windows 10」を快適かつ安全に利用し続けるためには、端末をどう選び、どう運用すればよいのだろうか。そのポイントを紹介する。(2021/2/18)

クラウドサービスのトラフィック最適化【第7回】
“速いMicrosoft 365”をかなえる「クラウドとの距離」を縮める利点と課題
クラウドサービスを快適に使うために、通信を最適化する方法はさまざまです。今回はそれらの中から、クラウドサービスとの距離を最小化する方法のメリットとデメリットを紹介します。(2021/2/24)

COVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【後編】
「VDIでテレワーク」の見逃せない“落とし穴”とは
「VDI」製品は従業員のテレワークを支える有力な手段だが、万能薬ではない。導入や運用の際の注意点を説明する。(2021/2/17)

クラウドストレージコスト削減法【後編】
クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所
クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。(2021/2/17)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

「3D XPoint」を巡るIntelとMicronの争い【後編】
Intel「3D XPoint」に反転攻勢のMicron 相互接続プロトコル「CXL」が鍵に
Micron Technologyに先んじて、Intelが新メモリ技術「3D XPoint」ベースのメモリモジュールを市場投入した。今後の注目はMicron Technologyの出方だ。どのような公算があるのか。(2021/2/16)

「分からないから提案できない」を脱却
営業担当なら知らないと損 オールフラッシュ提案に欠かせない要素とは?
「オールフラッシュストレージは気になるが、提案できるほどノウハウや知識がない」と悩むIT営業は、何から手を付けるべきか。“オールフラッシュストレージ初心者”に向け、提案を始めるためのヒントを詳しく解説する。(2021/2/26)

「Windows Server」を快適に動かす10個のこつ【中編】
Windows Serverを遅くする「メモリリーク」「ページング」「無駄アプリ」とは?
「Windows Server」のパフォーマンスを高めるには、さまざまな手段がある。メモリの無駄をなくしたり、不要な機能やプログラムを廃止したりすることによるパフォーマンス向上策を紹介する。(2021/2/12)

「クラウドファイル共有」7選【第1回】
AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは
同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。(2021/2/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?
Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。(2021/2/9)

「グリーンストレージ」の基礎【後編】
「クラウドストレージ」が“省電力ストレージ”の本命になれる理由
電力効率の高い「グリーンストレージ」を採用するなら「クラウドストレージ」の利用が有効な選択になる。その理由を整理した上で、ストレージ関連のコストを抑制するための基本的な考え方を紹介する。(2021/2/9)

「脱クラウド」検討のポイント【前編】
企業はなぜ「脱クラウド」したくなるのか Gartnerに聞く
クラウドサービスで稼働させているワークロードをオンプレミスのインフラに移行させる「脱クラウド」を検討する企業がある。こうした動きはなぜ起こっているのか。脱クラウドの現状を説明する。(2021/2/8)

リプレース&最適化の合わせ技
ファイルサーバ移行のコスパを引き出す「見える化」と「スリム化」の価値
ファイルサーバの空き容量が限界に近づいたとき、従業員にファイル整理を依頼したりストレージを増設したりするだけでは、事態はすぐに改善しない。根本的な解決を図る秘策は。(2021/2/9)

ストレージ導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/1/29)

「3D XPoint」を巡るIntelとMicronの争い【前編】
「Intelじゃない3D XPoint」がメモリ市場を席巻か? 「Optane」に挑むMicron
「3D XPoint」をIntelと共同開発したMicron Technologyが、その製品化を活発化させ始めた。この動きは、Intel「Optane」が先行する新興メモリ市場に変化をもたらすのか。(2021/2/3)

効率的な移行とコスト、安全性、ガバナンス
クラウドシフトで重要性を増すファイルサーバ管理 最適解をAWSとNECが語る
ニューノーマル時代に向け、企業は「どこでも働ける環境」の整備が求められている。その足掛かりとなるのはオンプレミスサーバのクラウド移行だろう。既存ファイルサーバの運用に悩む企業のためにベストプラクティスを紹介する。(2021/2/3)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【後編】
クラウドサービスでのずうずうしい「うるさい隣人」問題を防ぐ4つの対策
リソースを過剰に消費して他のワークロードの稼働に影響を与える「うるさい隣人」問題は、クラウドサービスの使用時にも発生する。主要な4つの対策を紹介しよう。(2021/2/3)

auカブコム証券が取り組む内部不正対策【中編】
auカブコム証券がMicrosoft 365メールの“2人CCルール”順守を効率化できた理由
膨大なログを相関的かつ効率的に分析できる内部不正検出システムを導入したauカブコム証券。その効果とは。同社担当者が語る。(2021/3/4)

AI時代のストレージを支える技術【後編】
Intel「Optane」は“ヘビーユーザー向け”止まり? 次世代ストレージの本命は
高速なデータ処理への需要を受け、拡大しつつあるのがIntelの「Optane」などを含む新興メモリ市場だ。メモリ分野は将来的にどう変わるのか。(2021/2/2)

「グリーンストレージ」の基礎【前編】
「SSD」「HDD」を“省エネ”で比較 「グリーンストレージ」に適するのは?
ストレージの電力効率を考える上では、消費電力に加えて容量や寿命など、さまざまな要素を加味する必要がある。主要なストレージである「SSD」と「HDD」を電力効率の観点で比較してみよう。(2021/2/1)

「ストレージ導入」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に書籍『インフラ設計のセオリー』をプレゼント。(2021/2/1)

「Windows Server」を快適に動かす10個のこつ【前編】
Windows Serverを速くする「SSD」「ReFS」採用と「ファームウェア更新」の勧め
「Windows Server」のチューニングに少し時間をかければ、パフォーマンスを最適化し、満足のいく結果を得ることができる。そのための基本的なこつを紹介する。(2021/1/29)

クラウドニュースフラッシュ
任天堂はなぜ「Nintendo Switch Online」のインフラに「AWS」を選んだのか
「AWS」でオンラインサービスを運用する任天堂の事例、通販システムをプライベートクラウドから「Oracle Cloud Infrastructure」に移行させたスクロールの事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/30)

M&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第4回】
Arm買収で半導体市場は「NVIDIA」の一人勝ちか? それとも……
AMD、Intel、NVIDIAの半導体ベンダー3社が打ち出す買収戦略で、半導体市場は騒がしくなっている。中でもNVIDIAのArm買収は市場の勢力図を塗り替える可能性がある。ただし買収の先行きは不透明だ。(2021/1/28)

フラッシュよりHDD
HDDを活用すべき5つのユースケース
フラッシュストレージの低価格化・大容量化はHDDの終わりを意味しない。HDDの方が向いている用途もある。(2021/1/25)

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

AI時代のストレージを支える技術【中編】
NVIDIA「GPUDirect Storage」にIntel「Optane」――CPUを補う高速化技術
大容量データを扱う用途が広がってきたことで、コンピューティングの主役だったCPUだけでは対処できなくなりつつある。どのような新たな技術が役立つのか。GPUやメモリの観点で注目すべき点は。(2021/1/20)

TechTarget発 世界のITニュース
Arcserveが3PB超のバックアップ機 搭載するSophosセキュリティ製品の用途は?
Arcserveのバックアップアプライアンス「Arcserve X Series Appliance」は、ストレージ容量を3PB超まで拡張できる。特徴はSophosのセキュリティ製品「Intercept X Advanced」を利用できることだ。その用途は。(2021/1/19)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【後編】
Microsoft 365管理者が「Teams」導入前に検討すべきチェックポイント
「Microsoft 365」のユーザー企業が「Microsoft Teams」を利用する際、IT管理者が考える必要のあることとは何か。長期的な利用を踏まえた場合の主要なチェックポイントを解説する。(2021/1/19)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】
Kubernetesエコシステムのゴールとは何か?
複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。(2021/1/19)

TechTarget発 世界のITニュース
Intelが“超高速”フラッシュストレージ「P5800X」発表 その速さとは?
Intelが発表したフラッシュストレージ「Intel Optane SSD DC P5800X」は、データ読み書きの高速さが特徴だと同社は主張する。その速さとは。(2021/1/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
ツールやプロセスの複雑さを解消、“コンバージド型”でデータ保護はどう変わる
仮想マシンの増加やインフラの拡大により、バックアップに必要なリソースは増加し、ポイント製品の組み合わせでは限界を迎えつつある。そこで注目されるコンバージド型のデータ保護アプライアンスの実力を、動画で分かりやすく紹介する。(2021/1/15)

アプリが激変
知らないと損する「Optane DC Persistent Memory」の動作モード
Optane DC Persistent MemoryはSSDではない。単なるメモリでもない。使い方次第でアプリやシステムのパフォーマンスを劇的に向上させることができる。ただし2つの動作モードを理解する必要がある。(2021/1/15)