Top Story

icon
いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【後編】

「オンプレミス版のSharePoint」をあえて選んだ方がいいのはどんな企業?

「Microsoft 365」を契約すれば「Microsoft SharePoint」が付いてくる。それでもあえて「SharePoint Server 2019」を選んだ方がいい、という状況はあるのか。クラウドサービス版とオンプレミス版の違いを探る。

(2024/04/09)

新着記事

news03.jpg
アクセシビリティー改善に役立つ6つのヒント【後編】

「分かりやすいコンテンツ」を作るなら悩むより“あれ”を活用すべし

アクセシビリティー(利用しやすさや分かりやすさの意味)への配慮は、文化背景や制約、条件を問わず「誰でも読めるようにする」という点で重要だ。読者のために「これだけはやるべき」というヒントを紹介する。

(2024/04/05)
news08.jpg
いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【前編】

まだSharePointを「イントラネット構築」だけに使っているの?

「Microsoft SharePoint」は、「Microsoft 365」に含まれるさまざまなアプリケーションと連携する“裏方”だ。社内ポータルサイト構築だけではない、SharePointの重要な役割とは。

(2024/04/02)
news01.jpg
「Copilot」の種類と要件【後編】

「Copilot」は複雑過ぎ? Microsoft 365で使うならこれを要チェック

「Copilot for Microsoft 365」は、Microsoftアプリケーション利用時に使えるAIアシスタントだ。導入に際しては、単にライセンスを購入するだけではない、幾つかの条件がある。それは何か。

(2024/04/01)
news01.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】

SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選

従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。

(2024/03/30)
news15.jpg
アクセシビリティー改善に役立つ6つのヒント【前編】

「文書の分かりやすさ」を高めるこつは意外にも“ちょっとした気遣い”?

読者の事情や背景にかかわらず、誰もがコンテンツの内容を理解できるように配慮する――。専門家が口をそろえて強調する「アクセシビリティー」(利用しやすさや分かりやすさの意味)改善のこつは。

(2024/03/29)