“万引防止AI”を実現する「NVIDIA Retail AI Workflows」とは?「コンピュータビジョン」は小売業者の悩みを解消するのか【前編】

窃盗をはじめとする不正行為への対処に、コンピュータビジョンを生かしたい――。こうした小売業者に向けてNVIDIAが提供するのが「NVIDIA Retail AI Workflows」だ。その中身とは。

2023年03月08日 05時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 NVIDIAが2023年1月に発表した「NVIDIA Retail AI Workflows」は 、「コンピュータビジョン」を用いたアプリケーションの構築を支援するソフトウェア群だ。コンピュータビジョンは、画像処理を通じて対象の内容を認識し、理解する人工知能(AI)技術を指す。

NVIDIA Retail AI Workflowsの気になる中身

 小売業者にとって、窃盗(万引)などの不正行為への対処に役立つコンピュータビジョンアプリケーションを構築しやすくすることが、NVIDIA Retail AI Workflowsの目的だ。NVIDIA Retail AI Workflowsは、以下に示す3種類のワークフローソフトウェアで構成されている。

  • Retail Loss Prevention AI Workflow
    • 複数のカメラによる商品追跡を実現する。肉やアルコール飲料、洗濯洗剤といった、盗まれやすい商品数百種を認識することが可能だ。
  • Multi-Camera Tracking AI Workflow
    • 複数のカメラによる、店舗全体での物の追跡を実現する。物と店員などの対象ごとにユニークIDを割り振る仕組みを持つ。個人の生体情報ではなく、画像の特徴を基に追跡する。
  • Retail Store Analytics AI Workflow
    • 店内の顧客の動きを、顧客が手にしている商品を含めて追跡する。

 NVIDIA Retail AI Workflowsを構成する、これらのワークフローシステムは、NVIDIAの「NVIDIA Metropolis Microservices 」をベースにしている。NVIDIA Metropolis Microservices は、AIアプリケーション開発向けのノーコード/ローコード(ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみ)開発ツール群だ。


 次回は、NVIDIAがNVIDIA Retail AI Workflowsを生み出した背景にある、小売店が抱える課題に焦点を当てる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...