会社にしがみつかない働き方「ギグワーク」が“老後に不安”でも続けたくなる訳「ギグワーク」の明と暗【前編】

単発や短期の仕事を請け負う「ギグワーク」。調査によると、ギグワーカーは非正規雇用ならではの不安を抱えつつも、半数以上がギグワークの継続を希望している。ギグワークの魅力とは。

2023年03月16日 10時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


  2023年に米国連邦政府は「ギグエコノミー」 の規制強化に踏み切る可能性がある。ギグエコノミーとは、インターネット経由で単発や短期の仕事を請け負う働き方や、このような非正規労働によって成り立つ経済形態のことを指す。

 ギグエコノミーにおける単発、短期の仕事である「ギグワーク」は概して雇用体系が不安定だったり、福利厚生がなかったりする。だがギグエコノミーにおける労働者である「ギグワーカー」自身は、福利厚生がないことに懸念を抱きつつも、こうした仕事に満足しているとみられる。

だから「ギグワーク」はやめられない

 金融サービス企業Legal & General Groupが2022年12月に発表した ギグエコノミーに関する調査によると、調査対象者の69%は「当面の間ギグワークを続ける」と回答。「ギグエコノミーではなく、従来の正規雇用に移行したい」と答えたのは9%にとどまった。同調査は2022年8月に、米国のフリーランサーと自営業者1044人を対象に実施したものだ。

 「ギグワーカーは一般的に、自分が会社組織になじめないと考え、働き方に融通の利くギグワークに魅力を感じている」。Legal & General GroupのLevelling Up担当ディレクターで、成長の促進と不均衡の是正を担当するジョン・ゴッドフリー氏は、こう話す。一方で子どもなどの家族の世話をしなければならないといった「人生の転機」をきっかけに、ギグワークを始める人もいるとゴッドフリー氏は説明する。

 Legal & General Groupの調査によると、ギグワーカーの月収の中央値は4000ドル だ。ギグワークで働いた年数が長い人ほど、月収が高くなる傾向がある。

 回答者はギグワークの問題点も認めている。 主な問題点は、保険や退職金といった制度の利用に制限が掛かることだ。回答者の53%は「老後資金に不安がある」点をギグワークのデメリットとして挙げた。 「仕事の安定性や収入の予測可能性について懸念がある」「健康保険料を支払いたくない」と回答した人はほぼ同じ3割程度だった。

 ゴッドフリー氏はギグワーカーについて「彼らは最初から『ギグワークをしたい』と考えていたわけではない」と指摘。その上で「経済的安定という点ではマイナス要因があるものの、実際にやってみるとギグワークを気に入る」と推測する。


 中編は、ギグワーカーが直面する厳しい雇用環境を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...