ChatGPTどころじゃない「MicrosoftがOpenAIに投資する“本当”の理由」MicrosoftとOpenAIのタッグがもたらす意味【第2回】

OpenAIの「ChatGPT」に世界が湧いている。この盛り上がりを受けたMicrosoftは、OpenAIへの大規模投資を決定した。Microsoftがこの決断に至るまでの背景とは。

2023年03月10日 05時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIに、数十億ドル規模の投資をする計画のMicrosoft。背景には、OpenAIが手掛ける、AI技術を活用したチャットbot(AIチャットbot)「ChatGPT」の存在があることは確かだ。ただし、それだけではない。

専門家が考えるMicrosoftの“本当の狙い”はこれだ

 Microsoftの広報担当者は米TechTargetの取材に対して、OpenAIへの投資計画について「財務上の詳細や取引条件を明かすことはできない」と回答。OpenAIとの協業拡大については「公式ブログで述べた以上のことは公表しない」と説明した。

 今回の投資は、人員削減を進めるIT業界全体に知れ渡った。同時に「MicrosoftがAI技術に取り組んでいる」というメッセージを強く打ち出すことにもなった。

 「Microsoftは最先端のAI技術に深く関わっていることを周知したいと考えている」。調査会社Nemertes ResearchでCEO兼アナリストを務めるジョナ・ティル・ジョンソン氏は、そう説明する。

 OpenAIに投資することで、Microsoftは「AI技術の開発に時間を割き、製品やサービスを迅速に収益化しなければならない」というプレッシャーから解放される――。調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるウィル・マキーオン・ホワイト氏は、こうみる。「Microsoftは、どの分野でAI技術のニーズが最も高いのか、どの分野における収益性が最も高いのかといった判断の大部分を、OpenAIに委ねることができるようになる」とホワイト氏は語る。


 第3回は、MicrosoftとOpenAIの提携に対するGoogleの考えを、専門家が読み解く。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...