ChatGPTの力でMicrosoftが仕掛ける「検索エンジン戦争」の行方OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【前編】

新進気鋭のAIチャットbotとして勢いづく「ChatGPT」。その技術を検索エンジン「Bing」に取り込んで、王者Googleの牙城を崩そうとしているのが、ITの巨人Microsoftだ。

2023年02月26日 10時30分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 Googleへの対抗手段として、Microsoftは検索エンジン「Bing」に、人工知能(AI)ベンダーOpenAIの技術を取り込もうとしている。OpenAIは、AI技術を活用したチャットbot(以下、AIチャットbot)である「ChatGPT」の開発元だ。

ChatGPTの力でMicrosoftが仕掛ける「検索エンジン戦争」の始まり

 ChatGPTは登場以来、エンドユーザーからの関心を急速に集めている。ChatGPTの爆発的な普及と、2022年にOpenAIが提供を始めた「DALL・E 2」の影響により、MicrosoftはOpenAIへの投資をようやく回収できる見込みだ。2019年以来、MicrosoftはOpenAIへの投資を継続している。

 膨大な量のデータに基づいて受け答えする、使いやすいAIチャットbotとして、ChatGPTは世界中でセンセーションを巻き起こしている。AI技術を使った画像ジェネレーターであるDALL・E 2を使えば、エンドユーザーはテキストを入力するだけで、複雑な画像を簡単に作成できる。

 Microsoftは2023年2月、ChatGPTをはじめとするOpenAIの技術を基にした「ChatGPTよりも強力な、検索用に特化した言語モデル」をBingに組み込むことを明らかにした。今後もMicrosoftは、OpenAIへの投資を継続するとみられる。


 次回は、OpenAIの技術を取り入れたMicrosoftが、検索エンジン市場でGoogleに対抗する上での課題を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。