衝撃の「ChatGPT」 その可能性と“限界”とは?「ChatGPT」は開発者を不要にするか【前編】

公開から1週間で100万人が利用した「ChatGPT」。製品ジャンルとしては「チャットbot」だが、そうした分類にとらわれ過ぎると、ChatGPTの実力を見誤る可能性がある。そもそもChatGPTとは何なのか。簡潔にまとめた。

2023年01月29日 11時45分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

関連キーワード

アプリケーション開発


 「ChatGPT」は、アプリケーション開発や開発者そのものを大きく変える可能性がある――。専門家はこう口をそろえる。ChatGPTはチャットbotだが、単純なチャットbotではない。人間の会話をシミュレートし、ソースコードさえも書くことができる、人工知能(AI)エンジン搭載のチャットbotだ。

「ChatGPT」とは? その侮れない実力と“限界”

 AI技術の研究を手掛けるOpenAIは2022年11月30日(現地時間)、ChatGPTを公開した。ChatGPTの無料のリサーチプレチューに登録したエンドユーザーは、公開から1週間で100万人を超えた。

 ChatGPTは「JavaScript」「Python」「React」などのプログラミング言語で、簡単なWebページやアプリケーションのソースコードを書くことができる。ソースコードのバグを発見したり、新しいプログラミング言語の開発を支援したりすることも可能だ。OpenAIによれば、ChatGPTは対話形式で自分の間違いを認めたり、間違った前提に異議を唱えたり、不適切な要求を拒否したりする。

 銀行の勘定系アプリケーションといった複雑なアプリケーションの構築に必要な、複雑なソースコードを記述することは、ChatGPTにはまだできない。ただしChatGPTは「今後10年以内には熟練したプログラマーになる」と、カリフォルニア州コンコードのフリーランス技術コンサルタント、ロブ・サスエタ氏はみる。「妙に怖いが、わくわくする。複雑な気分だ」(サスエタ氏)

 調査会社GlobalDataのアナリスト、シャーロット・ダンラップ氏は、サスエタ氏の予測に賛同しつつも、ChatGPTによる変化は「もっと早く訪れる」と考えている。OpenAIの自然言語生成システム「OpenAI Codex」を搭載した、ソースコードのオートコンプリートツール「GitHub Copilot」が2021年に登場してから、ChatGPTが登場するまでの期間は「ほぼ一夜だった」とダンラップ氏は指摘。ChatGPTによる変化は「2、3年で起こる」とみる。

 AI技術の調査機関であるMontreal AI Ethics Instituteの創設者兼プリンシパルリサーチャー、アビシェーク・グプタ氏は「この進歩がどのような形になるかは、誰にも分からない」と指摘する。ChatGPTをはじめとする、AI技術でテキストや画像などを自動生成する「ジェネレーティブAI」(生成型AI)が広く普及することを正確に予測できた人は「1年前には存在しなかった」とグプタ氏は指摘。「3年後、10年後に何が起こるかを予測することは不可能だ」と言う。


 次回は、ChatGPTなどのジェネレーティブAIが開発者にもたらす影響を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。