市民開発者と熟練開発者の役割
「aPaaS」によるノーコード/ローコードのアプリ開発は企業文化に浸透するか
企業はアプリケーション開発の頓挫や、ビジネスに精通する熟練したアプリケーション開発者の不足に悩んでいる。こうした中、ドラッグアンドドロップのみでアプリケーション開発する手法への期待が高まる。(2018/11/15)

モバイルアプリ開発環境の選び方【前編】
Androidアプリ、iOSアプリ、ハイブリッドアプリ開発に使える主な言語とツールまとめ
モバイルアプリケーション開発の主な要件にデバイスのOSの種類がある。「iOS」「Android」あるいはその両方で利用できるアプリケーションの開発に適したプログラミング言語やツールには、どのようなものがあるのか。(2020/11/9)

モバイルアプリ開発環境の選び方【後編】
モバイルアプリ開発者が選ぶべきプログラミング言語とテストツールは?
モバイルアプリケーション開発はさまざまな要件が絡み合う。開発で使用するプログラミング言語とテストツールを選ぶ際に役立つヒントを解説する。(2020/11/17)

スマホアプリ開発の成功は利用者目線にアリ
ライオンのスマホアプリ開発秘話、”人間中心設計”で使いやすいアプリに
舌の画像を解析して口臭のリスクを判定するというスマートフォン用アプリ「RePERO」。“人間中心設計”で作られ、利用者からも好評だ。アプリ開発は専門外だったライオンはどうやって開発を進めたのだろうか。(2020/11/4)

PWA、RAMDの長所と短所は
「iOSとAndroidのどちらに対応?」から始まるモバイルアプリ開発、3つの質問
モバイルアプリ開発には、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」のどちらをサポートするかをはじめとした、アプリの種類と開発手法が含まれる。IT部門が採用すべきツールやトレンドを3つの質問から明らかにする。(2018/8/3)

技術以前に乗り越えるべき壁がある
クラウドアプリ開発成功の鍵は? ソニー銀行、ローソンなどの事例で考える
クラウドを活用したアプリケーション開発をこれから始める企業が注意すべき点とは。先行してクラウドを活用する4社の事例に見る、効果と課題を紹介する。(2017/12/14)

クロスプラットフォーム、AI、UI/UXが鍵
「モバイルアプリ開発者」なら胸が熱くなる3つのトレンド技術
進化し続けるモバイルアプリ開発の分野では、さまざまな技術が登場している。IT部門や開発者が今注目すべき3大技術を紹介する。(2017/12/6)

GDPRやセキュリティの観点からも考察
ネイティブにこだわらないモバイルアプリケーション開発(MADP)「Sapho」とは
エンドユーザーは、通知や複雑なインタフェースにうんざりしている。本稿では、あるモバイルアプリケーション開発(MADP)ベンダーが現代のユーザーの要求に応える方法を紹介する。(2018/6/29)

UI改善に不可欠
徹底比較:モバイルアプリ開発に必須のテストツール4製品
モバイルアプリのテストは、ユーザーエクスペリエンスを高めるとともに、バグを見つけ出すためにも必要なプロセスだ。アプリ開発に必須となる定番のテストツール「Appium」「Calabash」「Perfecto Mobile」「Ranorex」について紹介する。(2018/9/26)

費用対効果を向上させるには
モバイルアプリ開発の成功に必要な5つのヒント
適切な準備をしなければ、アプリ開発は複雑になり得る。幸先良くプロセスを開始し、最適なツールを武器に開発における無理、無駄を回避しよう。(2018/2/13)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【後編】
Googleスプレッドシートでは限界 病院が「PaaSでアプリ開発」を決めた理由
ドイツのハイデルベルク大学病院は新型コロナウイルス感染症拡大を機に、SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」を導入して病床の空き情報を管理するアプリケーションを開発した。同院の医師にそのいきさつを聞いた。(2020/11/10)

脆弱なアプリが企業ブランドの多大な毀損に
「コロナ禍で実デバイスに触れない」モバイルアプリ開発現場を救う解決策とは
ビジネスでモバイルアプリケーションが重要になる中、その開発難度はますます高くなっている。特に課題となっているのがデバイスの進化と多様化による開発/テスト工数の増加、複雑化だ。こうした課題を解決に導く有効策はあるのか。(2020/10/26)

多様なオプションを提供
モバイルアプリ開発を“爆速化”するツール5選
モバイルアプリケーション開発ツールのベンダーは、ローコード/ノーコード開発プラットフォームから、マイクロアプリ、ワークフローアプリに至るまで、多様なオプションを提供している。(2018/3/8)

IT担当者なら要チェック
モバイルアプリの3大トレンド「PWA」「Androidプレビューアプリ」「Swift」とは?
モバイルアプリ開発の3つの新たな戦略が今後のアプリ開発方法を変える可能性がある。この3つの中から自社に適した手法を考えてはどうだろう。(2018/9/14)

Computer Weekly製品ガイド
モバイルアプリ開発を成功に導く組織編成のヒント
大企業はどうすれば、モバイルアプリ開発のための効率的な組織を創設できるのか。(2018/6/5)

既にモバイルアプリの半分以上がIT部門の管轄外
モバイルアプリ開発で進む“IT部門外し”、それでもCIOがすべきことは?
需要が拡大するモバイルアプリ開発。それに伴い、最高情報責任者(CIO)がモバイルアプリ開発を先導する必要性も高まっている。(2016/3/22)

柔軟なシステム構築を支える
「マイクロサービスアーキテクチャ」アプリ開発者が重視すべき3項目とは?
「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づくアプリケーションを開発する際、重視すべきこととは何だろうか。主要な3つの項目を紹介する。(2020/2/20)

コスト削減やリソースの有効利用に効果的
「モバイルアプリ開発プラットフォーム」(MADP)がきっと欲しくなる5つのメリット
「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム」(MADP)を適切に選び、効果的に活用すれば、コスト削減やリソースの有効利用につながる。MADPの主要な5つの用途を紹介しよう。(2017/9/15)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナの利点を最大化する、Kubernetesワークロードのデータ保護強化術
アプリケーション開発と運用に俊敏性や生産性の向上をもたらすコンテナだが、このような最新技術を活用する際に付きまとうのが、データロスやデータ追跡への懸念だ。Kubernetesに特化したデータ保護ソリューションでこれを解消できるのか。(2020/10/29)

コンテナをエンタープライズ環境で使う
なぜコンテナなのか その有用性とビジネス価値とは
従来の仮想化技術がITインフラの効率性を大きく高めたのに対し、コンテナ技術はアプリケーション開発を高速かつ柔軟にする。だが、その本質にあるのはあくまで「ビジネスにもたらす価値」だ。(2020/11/25)

IBMが語る「量子コンピュータ」実用化への道筋【後編】
量子アプリケーション開発に量子力学の知識は必要か?
GoogleやIBMは量子コンピュータ開発に積極的だ。これらの企業の開発状況や、ユーザー企業が量子コンピュータ技術を利用するメリットについて、IBM基礎研究所の責任者に話を聞いた。(2020/1/6)

米国の就職情報サービス会社が調査
“モバイルアプリ開発者”が重宝される理由、年収はクラウド技術者よりも上?
IT関連職業の平均年収を調査したところ、モバイルアプリ開発スキル保持者が上位にランクインした。その理由を紹介する。(2016/12/23)

Computer Weekly製品ガイド
動的ネットワークの需要はIT部門にとってのチャンス
パブリッククラウドとオンプレミスの共存に注目する企業やクラウドネイティブアプリケーション開発にフォーカスする企業がけん引する形で、ネットワークに対する新たな関心が高まっている。(2020/8/5)

モバイル業務アプリ開発のハードルが低くなる?
業務アプリ開発の難関、“バックエンド連携”を簡単・安全に実現する方法とは
モバイルアプリケーション開発を内製化する企業が増えている。だが、3種類のOSに対応し社内システムと連携させるのは難易度が高い。これをクリアするには何が必要なのか。(2018/3/8)

何が最善か見極めるのは困難
モバイルアプリ開発と配信、多数の選択肢から選べない人に薦める5つのアプローチ
モバイルアプリ開発と配信の選択肢は豊富にある。本稿では5つのアプローチについて検討し、ユーザーのニーズにどう応えられるかを検証する。(2017/2/8)

ランタイムのOSS化で自由度拡大
Pythonの知識だけでWebアプリを開発できる「Anvil」
Anvilは、Pythonだけで開発できるフルスタックのWebアプリケーション開発環境だ。ランタイムがオープンソース化されたことで、オフライン環境にもアプリケーションをデプロイできるようになった。(2020/6/26)

クラウドアプリ開発の初心者向けガイド
クラウドネイティブアプリ開発者なら覚えておきたい「4つの基礎」
クラウドネイティブアプリケーションを開発する際に、検討すべき要素とは何か。基礎となる要素4つと、開発を支援するツールについて説明する。(2019/4/23)

コンテナネットワークの基礎知識【第1回】
いまさら聞けない「コンテナ」と「仮想マシン」の根本的な違いとは?
「コンテナ」はアプリケーション開発に限らず、インフラ運用の技術としても関心が高まりつつあります。コンテナを理解するには、仮想マシンとの違いを整理することが重要です。何が違うのでしょうか。(2020/5/22)

個々の機能や特性を比べる
Dockerと仮想マシンを比較 アプリ開発環境で使うなら?
仮想マシン(VM)とコンテナには技術的に大きな違いがある。コンテナを選ぶ開発者が多いのは、コンテナの方により整合性があると考えているためだ。(2019/2/5)

IT担当者が知っておくべき今後の潮流
2019年モバイル技術トレンド予測 AI、IoT、EMM、アプリ開発はどうなる?
2018年が終わり、IT担当者が企業向けモバイル関連技術の最新トレンドに目を向けるにはいい時期になった。2019年の注目すべき動向を紹介する。(2019/1/5)

Computer Weekly製品ガイド
開発者とユーザーの垣根をなくすローコード開発
5年前に初めて“ローコード開発”という用語が登場した。そして今、エンタープライズアプリケーション開発における新たな成熟期を迎えている。このトレンドはあらゆる種類の組織が恩恵を受ける。(2020/4/3)

「Android」アプリ開発者が注目
Javaから「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由
Javaの代替となる可能性を秘めたプログラミング言語がある。Androidアプリケーション開発者を中心に利用が広がっている「Kotlin」だ。注目の背景を探る。(2020/2/17)

自己修復やステートレスにも注目
AWS、Azureでのアプリケーション開発で気を付けたい12のルール
クラウドアプリケーション開発ではスケーラビリティだけではなく、自己修復やステートレスといった機能にも注目すべきだ。肝に銘じておくべき12のルールを紹介する。(2017/8/15)

ITモダナイゼーションの現実解
DXの有力手段「コンテナ技術」に賢く挑む 開発に専念できるインフラ選び
コンテナ技術の特性を生かせばアプリケーション開発から運用までのサイクルを早められるが、相応の技術力や知識がないと難しい。コンテナ技術を用いたITインフラの構築や運用向けのリソースを抑え、注力すべきビジネスに専念する方法とは。(2020/3/31)

2画面で使えるアプリはどれだけ登場するか
2画面スマホ「Surface Duo」は何の役に立つのか? Microsoft製のAndroid機
Microsoftの2画面スマートフォン「Surface Duo」はビジネス用途に適しているのだろうか。Surface Duo向けのアプリケーション開発は進むのだろうか。専門家の見解を示す。(2020/3/5)

コード記述を最小限に抑える
アプリ開発に適したOSSローコードプラットフォーム3選
企業は、可能な限り早くアプリを市場投入したいと考える。ローコードプラットフォームは開発プロセスを加速させる。優れた機能や柔軟なカスタマイズ性を持つオープンソースのローコードプラットフォームも登場している。(2018/11/15)

「選択の基準」を理解する
サーバレス vs. PaaS アプリ開発プラットフォームを比較する
「アプリケーション開発のクラウドプラットフォームとして、PaaSとサーバレスのどちらのサービスを選べばいいのか」という質問をよく聞く。両者の違いとメリットはどこにあるのだろうか。答えは「場合によりけり」だ。(2017/3/31)

長所と短所を紹介
「SDK」と「API」の違いとは? どう使い分ける?
アプリケーション開発で機能の実装に利用できるSDK(ソフトウェア開発キット)とAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の違いとは何だろうか。それぞれの長所と短所、使い方を紹介する。(2019/11/7)

変化に強いアプリケーション開発の実現方法
API公開したけど収益化はどうする?――アプリ開発で気になる3つの最新トレンド
アプリケーション開発において、APIやマイクロサービス、ハイブリッドクラウドなど多くの新しいトレンドが生まれている。企業が新しいビジネスを創出するために、それらの技術をどのように活用すればいいのだろうか。(2016/12/14)

IBM、Microsoft、Oracle、SAPがモバイルアプリ開発に熱視線
Microsoftが「iOS」「Android」アプリ開発者を支援する“したたかな狙い”
IBM、Microsoft、Oracle、SAPの4大ベンダーが、モバイルアプリケーション開発市場でしのぎを削り始めた。各社の戦略を見ていこう。(2016/9/28)

開発者の独善アプリであってはならない
モバイルアプリ開発、使われない悲劇を避けるための必須ツールは?
モバイルバックエンドサービス(MBaaS)を使えば企業向けモバイルアプリ開発を簡略化できる。これからのモバイル開発で重要になるレガシーシステムとの接続も容易だ。(2016/1/26)

開発者には好感触
障害者向けAIアプリ開発を促進する「AI for Accessibility」の可能性
Microsoftが2500万ドルを投じたこのプロジェクトは開発者の支持を得て、障害のある人々の役に立つアプリケーションの構築に乗り出すソフトウェアメーカーを後押しするだろう。(2018/10/12)

AIの未来を開く
「Swift」はモバイルアプリ開発に機械学習を取り入れる
AppleのiOS向け開発言語「Swift」には、モバイルアプリへの機械学習の実装を容易にする可能性がある。SwiftでAIモデルを作成するための新しいツールや、そのユースケースを見てみよう。(2018/7/10)

アプリ開発素人が挑む
業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた
業務部門でもアプリが作れる、業務アプリ開発ツールが登場している。しかし本当に誰でも作れるのか? アプリ開発はおろかマクロも書いたことがないビギナーが試してみた。(2017/12/1)

高速開発ツールが後押し
“ノーコード/ローコード”のソフト開発が浮上、問われるのは開発者の思考に
企業のアプリケーション開発が変化しつつある。「開発者」の定義が変化し、業務部門のメンバーによる市民開発者の存在が主流になりつつある。これを後押しするのがノーコード/ローコードのアプリケーション開発ツールだ。(2017/2/7)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【前編】
休校中の児童の食事を助ける「SAP4Kids」が“爆速”で開発できた理由
非営利団体GENYOUth FoundationとSAP北米法人は「SAP Cloud Platform」を使い、児童の食事や生活を支援するアプリケーション「SAP4Kids」を共同開発した。数週間という短期間で開発できた理由とは。(2020/11/4)

アプリの開発を迅速化する一方で制約も
iPhone、Androidに対応したけれど……、社内スマホアプリ開発の “意外な盲点”
「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、アプリ構築を容易にする再利用可能なコードとクロスプラットフォーム機能を提供する。ベンダーロックインやOS標準による制限といったマイナス面もある。(2015/8/12)

「Azure IoT」サービスを一挙紹介【後編】
「Azure IoT」のSphere、Digital Twins、TSI、Maps、Stream Analyticsとは?
MicrosoftのIoTサービス群「Azure IoT」には、IoTデバイスが生み出すデータを取得したり、アプリケーション開発に生かしたりするための、さまざまなサービスがある。その中から5つのサービスを紹介する。(2019/7/23)

ネイティブか、サードパーティーか
API管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は
企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。(2019/3/7)

営業職からジャーナリストまでキャリアはさまざま
Java学習者が「Javaエンジニア」の道を選ばない“納得の事情”
「Java」を学んだ人でも、必ず開発職になる必要はない。有識者の経験談を交えながら、Java学習者が選び得るさまざまな進路の可能性を紹介する。(2020/11/28)