「JavaScript」はいつ、なぜ生まれた? “大人気言語”の知られざる歴史JavaScriptとTypeScriptの違い【第2回】

Webアプリケーション開発において不可欠な存在となった「JavaScript」。その誕生の背景には何があったのか。JavaScriptの歴史を振り返ろう。

2023年08月27日 10時30分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 スクリプト(簡易プログラム)言語の「JavaScript」は、Webアプリケーション開発のさまざまな場面で活躍している。JavaScriptが誕生した背景とは何なのか。Webアプリケーション開発の歴史の一端から探っていこう。

「JavaScript」はいつ、なぜ生まれたのか?

 1995年にNetscape Communicationsが、Webブラウザ「Netscape Navigator」で動作するように考案したスクリプト言語がJavaScriptだ。当時の開発者は、動作周波数が100MHz未満のプロセッサ、容量が10MB未満のメモリなど、今では想像もできないスペックのコンピュータで稼働するように、JavaScriptプログラムを開発しなければならなかった。

 Webアプリケーション開発の手段として、JavaScriptは急速に普及した。Webブラウザ内だけではなく、サーバでJavaScriptプログラムを動作させる動きも広がった。Webアプリケーション開発者にシンプルかつ中核的な機能を提供するために、JavaScriptは進化を続けている。

 JavaScriptを使ったWebアプリケーション開発を支援する手段として、ライブラリ(プログラム部品群)やフレームワーク(特定の設計思想に基づくライブラリやドキュメント群)が充実している。JavaScriptで利用可能なライブラリやフレームワークには、フロントエンド(エンドユーザーの目に見える部分)開発向けの「React」、バックエンド(エンドユーザーの目に見えない部分)開発向けの「Node.js」などがある。


 次回は、Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「TypeScript」の概要と、JavaScriptとの関係性を整理する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...