過去記事一覧 (2019 年)

5 月

/tt/news/1905/24/news04.jpg
AWS、Microsoft、Googleのいずれでも参考にできる

「クラウドAIサービス」の機能をAPI経由で利用する方法

主要ベンダーの「クラウドAIサービス」は、その機能を容易に利用可能にするためにAPIを提供している。APIを使ってアプリケーションにAI機能を組み込む方法に加え、その際直面する課題と対処方法を見てみよう。

/tt/news/1905/23/news03.jpg
Amazon S3再入門【前編】

いまさら聞けないAmazon S3&オブジェクトストレージ

クラウドストレージのデファクトスタンダードになりつつあるのが、Amazon S3だ。S3の特徴について、改めて復習してみよう。

/tt/news/1905/21/news04.jpg
プロジェクトの価値を判断するための洞察

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)を使うべき「隠れたメリット」とは

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)ソフトウェアがあれば、プロジェクトの管理や優先順位付け、リソースの割り当てを改善できる。それ以外にも、さまざまな潜在的メリットがある。

/tt/news/1905/20/news01.jpg
RPA導入成功事例

IT部門主導のRPA導入を成功させる不可欠な要素

英国の水道会社がIT部門主導のRPA導入を成功させつつある。RPAからメリットを引き出すため、RPAチームを率いるリーダーが重視する不可欠な要素とは何か。

/tt/news/1905/10/news06.jpg
事例で探るKubernetes管理の勘所【後編】

マネージドKubernetesを使うマインクラフト交流サイト 直面した課題と解決策は?

コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」のマネージドサービスを活用するMineteria。ゲーム「Minecraft」関連サービスを手掛ける同社は、成長中の新しいサービスをどう活用しているのか。

/tt/news/1905/09/news02.jpg
開発者向けの「対話型学習」ツールはどうあるべきか【後編】

プログラミング学習で誰もがきっとつまずく「2つの障害」とは?

プログラミング言語学習の手段は、どのように進化するのか。対話型のプログラミング言語学習サイト「Educative」の開発者に、対話型学習ツールの現状の課題と、今後の展望を聞いた。

/tt/news/1904/25/news04.jpg
既存SQLクエリをテストしてすぐ書き換え可能

動的SQLも漏れなくチェックするDB移行支援ツール「Insight Database Testing」

インサイトテクノロジーが新たに販売開始したデータベース移行支援ツールが「Insight Database Testing」だ。ユーザーは移行先データベースでSQL文を実行した結果を確認し、その場でSQL文の修正とテスト実行ができる。

/tt/news/1905/02/news01.jpg
菓子メーカーとコンサルティング会社の事例を紹介

「Oracle Database」から「SAP HANA」への乗り換えが増えているのは本当か?

Oracle DatabaseからSAP HANAへ移行した企業がどれだけあるかについては見解が分かれる。注目したいのは、移行によってメリットを得ている事例が実際に出ていることだ。

4 月

/tt/news/1904/26/news06.jpg
優れたビッグデータ分析ツールの特徴とは?

Tableau、Qlik Sense、Power BIの競合は? 「ビッグデータ可視化」の11大ツール

データドリブン志向の企業は、可視化ツールを使用してビッグデータに潜む結論を読み解き、その結論から有益な情報を導き出す。本稿ではビッグデータ分析に適した可視化ツールと選び方のポイントを紹介する。

/tt/news/1904/24/news01.jpg
オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)

Redis Labsの2度のライセンス変更はフリーライドを防げるか

クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。

/tt/news/1904/24/news06.jpg
仕組みとセキュリティ確保手順を解説

APIを安全に利用する4つのセキュリティ対策、具体的な実装方法は?

企業がAPI利用におけるセキュリティポリシーを定める際は、APIの仕組みとその使用方法を理解することが重要だ。セキュリティポリシー策定時に有用な4つのヒントを紹介する。

/tt/news/1904/23/news03.jpg
クラウドアプリ開発の初心者向けガイド

クラウドネイティブアプリ開発者なら覚えておきたい「4つの基礎」

クラウドネイティブアプリケーションを開発する際に、検討すべき要素とは何か。基礎となる要素4つと、開発を支援するツールについて説明する。

/tt/news/1904/19/news03.jpg
古いシステムとのギャップをどう埋める?

Windows Serverのレガシーアプリを「Docker」に移行、製造受託大手が直面した課題は

「Docker」を使い、「Windows Server」のレガシーアプリケーションをモダナイゼーションしようとする企業が直面する課題とは何か。製造受託大手Jabilの事例から探る。

/tt/news/1904/18/news05.jpg
事例で探るKubernetes管理の勘所【前編】

マインクラフト交流サイトが「Kubernetes」を活用 その独自の管理方法とは?

ゲーム「Minecraft」関連サービスを手掛けるMineteriaが、コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」を活用している。同社はサービスの持続性を保つため、Kubernetesの管理方法に工夫を凝らす。何をしているのか。

/tt/news/1904/17/news08.jpg
製造業の「AR」(拡張現実)活用の利点と課題【前編】

GE、Caterpillar、Boeingが活用 大手製造業は「AR」で何をしているのか?

製造業で拡張現実(AR)の活用が始まっている。実際の活用例を見ると、ARは生産性向上をはじめ、さまざまなメリットをもたらすことが分かる。

/tt/news/1904/16/news05.jpg
開発者向けの「対話型学習」ツールはどうあるべきか【前編】

プログラミングを対話型で学べるWebサイト「Educative」はなぜ生まれたのか

プログラミング言語学習のためのWebサイト「Educative」開発者に、同サイトが生まれたきっかけや、他の対話型学習ツールに対する意見を聞いた。

/tt/news/1904/15/news04.jpg
紛らわしい5つの用語の意味を整理

「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」の違いとは?

よく似たIT用語である「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」は、それぞれどのような意味なのだろうか。それぞれの関係性を踏まえて、各用語の意味を簡潔に紹介する。

/tt/news/1904/15/news03.jpg
IBM、Cloudera、Domino Data Lab、Oracle以外にも

人工知能(AI)で急成長のデータサイエンスツール、商用とオープンソースの違いは?

商用製品からオープンソースまで、人工知能(AI)を使ったデータサイエンスツールの選択肢が広がっている。うまく利用すれば、データアクセスや分析モデル作成、データ管理の共同作業が簡便になるだろう。

/tt/news/1904/08/news06.jpg
人間の脳を再現する?

量子コンピューティング技術で実現する「量子AI」は何をもたらすのか?

機械学習が、量子コンピュータの重要な用途になるかもしれない。研究者や開発者が、量子コンピュータを使った、より「人間的な」AI(人工知能)の実現の鍵を探しているからだ。課題とメリットは何だろうか。

/tt/news/1904/02/news01.jpg
なぜGoなのか

Go言語に注力するDynatrace

アプリケーションパフォーマンス管理ベンダーのDynatraceが、Go言語アプリケーション用ツールを発表した。なぜGoなのか。

/tt/news/1904/02/news07.jpg
開発者が注目するAIテクノロジー

AWS、Google、Azureの自然言語処理APIを比較 長所短所は?

クラウドによってAIテクノロジーが利用しやすくなり、アプリケーションに自然言語処理を組み込もうと考える開発者が増えている。

/tt/news/1903/28/news03.jpg
Community CloudとLightning Platformを利用

セブン銀行が「ATM受取」にSalesforceを採用 2年のはずの構築期間が1年に

セブン銀行の新サービス「ATM受取」。サービスの提供に当たり、同社はクラウドを利用してシステムを構築した。2年かかるといわれた開発期間は、クラウドの導入でどのくらい短縮されたのか。

3 月

/tt/news/1903/29/news04.jpg
プロジェクトの調整に悩まされないために

アーキテクトと開発者のギャップを埋め、開発をスムーズにするツール4選

どの企業でもソフトウェア開発者とアーキテクトの役割の間にはストレスの原因になる隔たりが生まれることがある。本稿ではそうした隔たりの橋渡しに役立つツールを4つ紹介する。

/tt/news/1903/25/news09.jpg
Boxアカウントがなくてもデータ共有が可能に

Boxの機能やUIを組み込んだカスタムアプリを開発できる「Box Platform」

Box Japanが「Box Platform」の国内提供を開始する。ファイル同期サービス「Box」と各種サービスやシステムを連携させた、カスタムアプリケーションの開発を可能にするサービスだ。

/tt/news/1903/22/news11.jpg
「バックドアは仕込んでいない」と強調

無料で高機能のリバースエンジニアリングツール「Ghidra」とは? NSAが公開

米国家安全保障局(NSA)が、リバースエンジニアリングツール「Ghidra」を無償公開した。ハイエンドの商用製品並みの機能を搭載する。

/tt/news/1903/22/news09.jpg
開発手法はアジャイルに

クラウドでABAP開発環境が使えると何がすごいのか 「SAP Cloud Platform」の進化

SAPは「SAP Cloud Platform ABAP Environment」の提供によって、SAP ABAP開発者はそのスキルをクラウド環境でも生かせるようになった。だが、開発手法は見直す必要があるかもしれない。

/tt/news/1903/19/news05.jpg
ケース別に分けて紹介

性能向上は「システムをデータに近づける」「データをシステムに近づける」のいずれか

優れたアプリケーションパフォーマンスに対する欲求は尽きない。遅延を減らすためには、データの方をシステムに近づけるか、システムの方をデータに近づけるか、どちらが適切なのだろう。

/tt/news/1903/14/news09.jpg
巨大な単一アプリケーションからの脱却

マイクロサービスを運用する人がいつもぶつかる9つの課題

モノリス(巨大な単一アプリケーション)を細かく切り分けることは優れた判断である一方、マイクロサービスのアプローチは慎重に実施しないと共通の問題に行き着く。本稿では、こうした共通の課題を9つ紹介する。

/tt/news/1903/14/news01.jpg
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(後編)

「事業部門主導のRPA導入」に多い勘違い

事業部門はRPAによって業務を自動化したいと考える。だが、重要な点を勘違いしたまま導入しようとする。RPA導入を円滑に進め、メリットを最大化するには何が必要なのか。

/tt/news/1903/08/news06.jpg
運用環境に応じて選ぶ

クラウド環境でマネージドKubernetesを使うメリットとデメリット

クラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesをマルチクラウド環境に導入する場合、幾つか問題が生じる。マネージドKubernetesのメリットを生かせるかどうかを確認したければ、本稿で紹介する3つのステップに従うとよい。

/tt/news/1903/07/news04.jpg
ネイティブか、サードパーティーか

API管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は

企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。

/tt/news/1903/06/news01.jpg
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(前編)

事業部門を悩ませるRPAの導入障壁

事業部門がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)による業務の自動化を企図したとき、ある壁が立ちはだかる。RPA推進の障壁とは何か。それを取り除くにはどうしたらいいのか。

/tt/news/1903/05/news08.jpg
「Cloud Services Platform」とは

Googleのハイブリッドクラウド戦略が加速 マネージドKubernetesとIstioを活用

Googleはハイブリッドクラウドプラットフォーム「Cloud Services Platform」の提供を試みている。ヒントは、コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」が果す大きな役割にある。

/tt/news/1903/04/news04.jpg
音声操作も視野に

Salesforce.comとAppleのパートナーシップの強化でCRMはどう変わる?

新しいSalesforceのモバイルSDKを利用すれば、開発者はAppleのプログラミング言語「Swift」を使って、iOSデバイス向けのネイティブSalesforceアプリを簡単に作成できる。

/tt/news/1903/01/news04.jpg
自動索引生成やIoTデータの高速取り込み

徹底解説:Oracle Database 19cは何ができるのか?

「Oracle Database 19c」は最新のソフトウェアが安定して動作することを目指している。それだけでなくデータベース管理者にとって便利な追加機能も提供する。

2 月

/tt/news/1902/26/news07.jpg
流通、金融、不動産、医療業界など

モバイルアプリにおけるブロックチェーンの使用例

ブロックチェーンは、企業向けモバイルアプリにさまざまな利益をもたらす。モバイルアプリとブロックチェーン技術の融合に関する幾つかの事例を見てみよう。

/tt/news/1902/22/news05.jpg
ビッグデータクラスタやPolyBaseなども強化

徹底解説:SQL Server 2019で追加・強化された驚きの機能とは

Microsoftは「SQL Server 2016」と「SQL Server 2017」をリリースした直後から、既に「SQL Server 2019」を発売する準備をしていた。そのため、同社は驚くほど多くの新機能を短期間で追加している。

/tt/news/1902/21/news05.jpg
管理団体の変化に伴う期待と不安

Googleの手を離れたKubernetes、今後の展開は?

Googleは、Kubernetesの大規模テスト環境をCNCFに移管するため、「Google Cloud Platform」(GCP)クレジットとして900万ドルを寄付し、3年間の引き継ぎプロセスに入る。

/tt/news/1902/21/news06.jpg
MongoDBやConfluentはライセンス変更で自己防衛

「クラウド大手はOSSベンダーから“搾取”している」は本当か

AWSをはじめとするクラウド大手が、自社のデータベースサービスにOSSを採用するようになった。そのことからMongoDBなどのOSSのベンダーは、強力な手段である「ライセンス」を使って資産を守ろうとしている。

/tt/news/1902/20/news07.jpg
社内専用アプリ利用時に使いたいテクニック

Windows 10 PCに社内UWPアプリを導入 サイドロードとは?

開発中のアプリや社外秘作業を伴うアプリなどを使いたい時、「Microsoft Store」を使わずに、基幹業務(LOB)アプリをWindows 10搭載PCにサイドロードする方法がある。幾つかのやり方があるが、注意も必要だ。

/tt/news/1902/15/news10.jpg
サーバレス関数のパフォーマンス向上が鍵

「サーバレスアプリケーション」のデプロイを高速化する5つのポイント

サーバレスアプリケーションのデプロイを迅速化するには、その構成要素であるサーバレス関数のパフォーマンスを向上させる必要がある。具体的に何をすべきなのか。本稿では主要な5つのポイントを紹介する。

/tt/news/1902/15/news11.jpg
文法の習得に終始していないか?

最初に学ぶのに最適なプログラミング言語が存在しない理由

開発者が最初に学ぶのに最適なプログラミング言語はJavaだという意見がある。だが本当にそうだろうか。どの言語でも構成要素はほぼ変わらない。

/tt/news/1902/05/news10.jpg
Kubernetesが生み出す変化

進化するコンテナ技術 2019年にさらに人気が高まる理由とは

コンテナ化の流れが減速する気配はない。コンテナの進化に主眼を置いたさまざまな技術、製品、ベンダーの取り組みが増え、2019年はコンテナを取り巻く環境が大きく変化する年になりそうだ。

/tt/news/1902/05/news08.jpg
個々の機能や特性を比べる

Dockerと仮想マシンを比較 アプリ開発環境で使うなら?

仮想マシン(VM)とコンテナには技術的に大きな違いがある。コンテナを選ぶ開発者が多いのは、コンテナの方により整合性があると考えているためだ。

/tt/news/1902/03/news01.jpg
管理職も技術職も、人生の選択に悩む

技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方

熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。

/tt/news/1902/01/news07.jpg
リアルタイムで音声や映像をAI処理

クラウド連携可能なWebRTC開発キット NTTコミュニケーションズが提供

NTTコミュニケーションズが2019年1月に提供開始した「Media Pipeline Factory」は、クラウドサービスとの連携で音声・映像のAI処理などが可能なWebRTC開発キットだ。

1 月

/tt/news/1901/29/news02.jpg
コンテナが仮想マシンの立場をなくす?

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とは

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

/tt/news/1901/28/news07.jpg
富士キメラ総研の国内IT市場調査

「スクラッチ開発」は時代遅れ? 「クラウド」「パッケージ」へ移行進む

富士キメラ総研の調査・分析によると、2019年度のIT市場はクラウドとパッケージ形態の需要が増加する見込み。ソフトウェア売上額については、業種特化型製品の売り上げが全体の8割に上ると予測する。

/tt/news/1901/22/news01.jpg
IT管理者の仕事が楽しくなる

失業したくないなら身に付けるべきIT管理者の新スキル

多くの企業がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)に象徴される自動化を取り入れようとしている。IT管理者が失業を回避するためには、自動化を先取りする必要がある。どうすればいいのか。

/tt/news/1901/22/news03.jpg
目的と場面で使い分ける

仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

/tt/news/1901/18/news04.jpg
IT担当者が語る

アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

/tt/news/1901/15/news10.jpg
メリットとデメリットを整理

「仮想マシン」と「物理サーバ」を比較 コンテナにはどちらを選ぶべき?

物理サーバと仮想マシンのどちらがコンテナ導入に適するのか。どちらにも、それぞれ大きな長所と短所がある。

/tt/news/1901/11/news07.jpg
権限を正しく設定する

IT専門家が語るコンテナセキュリティのヒントと注意点

コンテナのセキュリティを確保するためには、コンテナ、ホスト、Kubernetes、アプリケーションの各構成を詳しく調べる必要がある。

/tt/news/1901/10/news05.jpg
メリットとデメリットを知る

開発速度を上げ、反感を買う ローコード開発の光と影

ローコード開発はモバイルアプリの開発速度を上げられる一方で、企業に組織上の課題をもたらすこともある。

/tt/news/1812/28/news13.jpg
定義から応用例まで

いまさら聞けない「ブロックチェーン」とは何か? 何に使えるのか?

近年、さまざまなビジネスへの応用が広がっている「ブロックチェーン」について、その技術と仕組み、課題、応用例を基礎から解説する。

/tt/news/1901/05/news01.jpg
IT担当者が知っておくべき今後の潮流

2019年モバイル技術トレンド予測 AI、IoT、EMM、アプリ開発はどうなる?

2018年が終わり、IT担当者が企業向けモバイル関連技術の最新トレンドに目を向けるにはいい時期になった。2019年の注目すべき動向を紹介する。