過去記事一覧 (2020 年)

3 月

/tt/news/2003/25/news03.jpg
VMwareのコンテナ市場での戦い【中編】

VMwareは「コンテナ」市場で存在感を示すために何をしているのか

コンテナ型仮想化技術の人気上昇を受け、VMwareが戦略を転換しつつある。市場で優位に立っているRed HatやDockerに対抗するため、VMwareはどのようなアプローチを取るのか。

/tt/news/2003/22/news01.jpg
選ぶべき命名規則は

URL命名規則「ケバブケース」「キャメルケース」「スネークケース」「スクリーミングスネークケース」の違いは?

Webサイトにアクセスするために必要なURL。その命名規則にはどのようなものがあるのか。主要な4種を紹介する。

/tt/news/2003/18/news01.jpg
クラウドベンダーのOSS利用は是か非か

オープンソースの目的は金銭的利益ではなかった

クラウドベンダーがオープンソースを搾取している、オープンソースに貢献していない、という批判がある。だが、オープンソースとは貢献を要求されるものだったのだろうか。

/tt/news/2003/18/news09.jpg
VMwareのコンテナ市場での戦い【前編】

VMwareが「コンテナ」市場でRed HatとDockerに引き離されている理由

仮想マシン(VM)に代わる技術として、コンテナが注目を集めている。VM技術ベンダーの大手VMwareは、なぜRed HatやDockerに対してコンテナ市場で後れを取っているのか。

/tt/news/2003/06/news05.jpg
わずか2カ月の開発期間

米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?

2020年2月3日のアイオワ州党員集会では、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。

2 月

/tt/news/2002/28/news01.jpg
GraphQLなしのAPI呼び出しは絶望的

専門家が語る、REST APIオンリーの限界とGraphQLを使うべき理由

『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。

/tt/news/2002/20/news03.jpg
柔軟なシステム構築を支える

「マイクロサービスアーキテクチャ」アプリ開発者が重視すべき3項目とは?

「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づくアプリケーションを開発する際、重視すべきこととは何だろうか。主要な3つの項目を紹介する。

/tt/news/2002/19/news01.jpg
CI/CDパイプラインの活用【後編】

継続的な改善の基盤となるCI/CDパイプライン活用術

CI/CDパイプラインをいかに使うか。チェックインやリリースのタイミングはいつにするか。CI/CDパイプラインにどのような機能を持たせるか。識者の意見を聞いた。

/tt/news/2002/18/news04.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】

「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由

2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。

/tt/news/2002/17/news06.jpg
「Android」アプリ開発者が注目

Javaから「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由

Javaの代替となる可能性を秘めたプログラミング言語がある。Androidアプリケーション開発者を中心に利用が広がっている「Kotlin」だ。注目の背景を探る。

/tt/news/2002/13/news04.jpg
「MaaS」で広がる可能性【後編】

「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題

アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。

/tt/news/2002/10/news04.jpg
APIによるデータ連携手法の選択

「GraphQL」に移るべき人、「REST」を使い続けるべき人を分ける条件

API(アプリケーションプログラミングインタフェース)におけるデータ連携の仕組みとして、従来の「REST」に代わる新たな選択肢が「GraphQL」だ。GraphQLとRESTを比較し、両者のメリットを考える。

/tt/news/2002/07/news01.jpg
「コンテナエスケープ」の脅威と対策【後編】

コンテナ経由でホストを攻撃 「コンテナエスケープ」に備える3大ポイント

コンテナからホストシステムに抜け出す「コンテナエスケープ」を引き起こす脆弱性が、セキュリティ担当者にとって新たな問題となっている。コンテナエスケープによる被害を防ぐ方法を紹介しよう。

/tt/news/1912/25/news03.jpg
可視化・分析ソフトウェアを導入

旧AS/400「IBM i」で動くコメリの基幹系 年500件の修正負荷を半減できた訳

「IBM i」で稼働するコメリの基幹システム修正は、年間およそ500件に上るという。同社のシステム開発会社であるビット・エイは、そうしたシステム修正に伴うドキュメント作成作業をどのように効率化したのか。

/tt/news/2002/06/news09.jpg
「GitHub」と上手に付き合う

いまさら聞けない「OSS」はなぜ魅力的で、なぜ手を出しにくいのか?

「オープンソースソフトウェア」(OSS)は一般的に無料でコストメリットに優れるが、採用の際には注意すべき点もある。OSSの長所と短所を正しく見極めることが、導入可否の判断に役立つ。

/tt/news/2002/05/news07.jpg
「MaaS」で広がる可能性【前編】

「MaaS」とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢

開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する環境を整えることは簡単ではない。そのための場として利用できる「MaaS」(Market as a Service)とは何だろうか。

/tt/news/2002/04/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAに組み込むべきセキュリティ対策

RPAの利点は人の行動を模倣できる点にある。その原則を念頭に、botによる自動化のセキュリティ対策を講じ、セキュリティの失敗を防止しなければならない。

1 月

/tt/news/2001/31/news01.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【後編】

「Kubernetes」と「Mesos」 コンテナ管理にはどちらを選ぶべきか?

コンテナを連携させながら運用する場合では「Kubernetes」「Apache Mesos」のどちらを選ぶべきだろうか。システム構成や目的によって異なる選択のヒントを紹介する。

/tt/news/2001/30/news03.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAによって自動化したプロセスをさらにスマート化する方法

組織のデジタルトランスフォーメーション戦略を支援するRPAについて解説する。

/tt/news/2001/29/news01.jpg
CI/CDパイプラインの活用【前編】

いまさら聞けないCI/CD入門

ソフトウェア開発の新潮流として継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)が注目され、多くの企業が取り入れつつある。CI/CDを学ぶのは今からでも遅くはない。

/tt/news/2001/24/news04.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

/tt/news/2001/22/news01.jpg
データベースのモダナイズ【後編】

マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

/tt/news/2001/21/news04.jpg
「サーバレス」で開発にまつわる負担を軽減

機械学習アプリを「FaaS」で開発すべきこれだけの理由

機械学習を導入する際は、幾つかのハードルを越えなければならない。その有力な手段となり得るのが「FaaS」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2001/17/news07.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【前編】

コンテナ連携ツール「Mesos」とは? 「Kubernetes」との違いは

複数のコンテナを連携させながら管理する手段は「Kubernetes」だけではない。有力な対抗馬が「Apache Mesos」だ。Mesosにはどのような特徴があるのか。

/tt/news/2001/15/news02.jpg
ハックしたくなる要素山盛り

独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

/tt/news/2001/15/news04.jpg
Netflixを支える「GraphQL」【後編】

Netflixが「REST」をやめて「GraphQL」に乗り換えた理由

Netflixは、データ統合システム用のクエリ言語として「GraphQL」を採用している。同社のコンテンツエンジニアリングチームのエンジニアが、そのメリットや懸念点を語る。

/tt/news/2001/14/news10.jpg
「AR」の理想と現実【後編】

「AR」(拡張現実)で稼ぐ5つのヒント

AR(拡張現実)技術のビジネス利用が広がりつつある。ただしAR技術は未成熟な部分もあるため、ビジネス利用を検討する企業は注意が必要だ。何に気を付けるべきなのか。

/tt/news/2001/10/news05.jpg
「コンテナエスケープ」の脅威と対策【前編】

Dockerも利用する「runc」に重大な脆弱性 何が危険か? 対策は?

主要なコンテナランタイム「runc」に重大な脆弱性が見つかった。攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、コンテナ経由でホストシステムの管理者権限を奪える可能性がある。対策はあるのか。

/tt/news/2001/09/news04.jpg
「Neo」と「Cloud Foundry」が中核要素

「SAP Cloud Platform」とは? クラウド版SAP S/4HANAとの違いは

SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」は、同社の他のサービスとどう違うのか。主要な機能と特徴を説明する。

/tt/news/2001/08/news02.jpg
Netflixを支える「GraphQL」【前編】

Netflixがクエリ言語「GraphQL」を採用 何にどう使っているのか

Netflixがクエリ言語として「GraphQL」を採用した。どのように利用しているのか。得られた効果は。同社に聞いた。

/tt/news/2001/06/news03.jpg
「AR」の理想と現実【前編】

「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?

「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。