過去記事一覧 (2020 年)

11 月

/tt/news/2011/28/news01.jpg
営業職からジャーナリストまでキャリアはさまざま

Java学習者が「Javaエンジニア」の道を選ばない“納得の事情”

「Java」を学んだ人でも、必ず開発職になる必要はない。有識者の経験談を交えながら、Java学習者が選び得るさまざまな進路の可能性を紹介する。

/tt/news/2011/27/news01.jpg
「League of Legends」を支えるデータマネジメント【後編】

Riot Gamesは「データスチュワードシップ」への社内の抵抗をどう抑えたのか

データの適切な定義や利用を推進する「データスチュワードシップ」に取り組もうとしていたRiot Gamesは、業務増加を懸念する社内からの抵抗に直面した。どう対処したのか。同社データマネジメント責任者が明かす。

/tt/news/2011/20/news01.jpg
実例で探る「Apache Kafka」の可能性【後編】

ウォルマートが「Apache Kafka」に貢献してまで克服したかった“壁”とは

Walmartは「Apache Kafka」を利用して、自社サービスのオンライン取引の不正検出を実行するシステムを開発した。同社はある課題を解決するために、Kafkaプロジェクトへの貢献を惜しまなかったという。その課題とは。

/tt/news/2011/19/news02.jpg
「自然な文章」の真実

用途を広げる自然言語処理AI「GPT-3」の、既に見えた限界と課題

人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。

/tt/news/2011/17/news05.jpg
モバイルアプリ開発環境の選び方【後編】

モバイルアプリ開発者が選ぶべきプログラミング言語とテストツールは?

モバイルアプリケーション開発はさまざまな要件が絡み合う。開発で使用するプログラミング言語とテストツールを選ぶ際に役立つヒントを解説する。

/tt/news/2011/17/news04.jpg
多様化するデータへの挑戦【前編】

「RDBMS」でも「NoSQL」でも解決できないデータベースの課題とは?

データの多様化が進むにつれて、従来の主流だったRDBMSで全てのデータを取り扱うことが難しくなってきた。NoSQLはそうした課題の一部を解決するものの、依然として解決が難しい課題は残る。それは何なのか。

/tt/news/2011/12/news06.jpg
実例で探る「Apache Kafka」の可能性【前編】

医療機関がコロナ対策に「Apache Kafka」を活用 ストリーム処理の実力は

ストリーム処理を実現する「Apache Kafka」は、どのような場面で役立っているのか。米国における新型コロナウイルス感染症の臨床実験データ収集プロジェクトでの活用事例を紹介する。

/tt/news/2011/11/news06.jpg
コロナ禍で高まる需要

Javaエンジニアこそ「COBOL」を学ぶべき“切実な理由”

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「COBOL」への関心が急激に高まっているという。それはなぜなのか。「Java」を使うエンジニアがCOBOLを学ぶ意義とは。有識者に聞いた。

/tt/news/2011/09/news15.jpg
モバイルアプリ開発環境の選び方【前編】

Androidアプリ、iOSアプリ、ハイブリッドアプリ開発に使える主な言語とツールまとめ

モバイルアプリケーション開発の主な要件にデバイスのOSの種類がある。「iOS」「Android」あるいはその両方で利用できるアプリケーションの開発に適したプログラミング言語やツールには、どのようなものがあるのか。

/tt/news/2011/06/news03.jpg
若者が語る低価格コンピュータの重要性

Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢

Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。

/tt/news/2011/05/news07.jpg
メリットは料金だけではない

オープンソースのAPI管理プラットフォーム「Tyk」導入事例

1日当たり140億回のAPI呼び出しを必要とするHotelbedsは、API処理のコスト増に悩んでいた。リクエスト数に依存しない料金体系のTykはコストの大幅な削減を実現したが、他にも多くのメリットがあった。

/tt/news/2011/02/news27.jpg
「League of Legends」を支えるデータマネジメント【前編】

「リーグ・オブ・レジェンド」のデータはどのように管理されているのか?

「League of Legends」で知られるRiot Gamesは、同社が提供するゲームの多様化に伴い、データの所有者や目的が不明瞭になる課題を抱えていた。どのように解決したのか。同社のデータマネジメント責任者に聞いた。

10 月

/tt/news/2010/29/news02.jpg
新型コロナで拡大する「VR」「AR」【後編】

VR/ARがコロナ禍のマーケティングに役立つ「社会的距離の確保」以外の理由

コロナ禍で「VR」「AR」技術導入の機運が高まっている。遠隔地にいる相手と共に業務を遂行する「リモートコラボレーション」やマーケティングにおいて、VR/AR技術はどのような効果を発揮するのか。

/tt/news/2010/27/news10.jpg
「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道

「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法

「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。

/tt/news/2010/26/news03.jpg
AIによるソフトウェア開発【前編】

GPT-3の登場で見えてきた「AIによるコード生成」の可能性

OpenAIの「GPT-3」は自然言語処理分野に大きな驚きをもたらした。GPT-3が持つ文章生成能力は、プログラムのコーディングにも応用できるのではないか。そう考えた人々による取り組みも始まっている。

/tt/news/2010/26/news06.jpg
歴史から探る相違点と類似点

「WildFly」「JBoss EAP」の基本的な違いは? Java2大APサーバ比較

「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。

/tt/news/2010/22/news07.jpg
柔軟なビルド、デプロイを実現

Monorepoの運用を支援する、OSSのキャッシュビルドシステム「Zim」

複数のパッケージを単一リポジトリで管理するMonorepoが注目されている。1つの変更を関連する複数のパッケージに適用できるなどのメリットがあるが、優れたツールがなければ破綻する。

/tt/news/2010/16/news01.jpg
IBCによる相互接続

開発者が知っておくべきブロックチェーン間通信

特定のタスクに専門化した異なるブロックチェーンを相互運用することによるメリットは計り知れない。それを実現するIBCは開発者の必須知識となるだろう。

/tt/news/2009/08/news03.jpg
コンテナネットワークの基礎知識【第4回】

Kubernetesだけじゃない「コンテナオーケストレーター」 Mesos、Swarmとは?

「Docker」の普及で利用が広がったコンテナ。その大規模運用の際に威力を発揮するのが「コンテナオーケストレーター」です。「Kubernetes」などの主要なコンテナオーケストレーターを紹介します。

/tt/news/2010/08/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Netflixが「REST」から「GraphQL」に乗り換えた理由

動画配信サービス「Netflix」は基盤テクノロジーとして、クエリ言語「GraphQL」を採用した。そのメリットや、過去に利用していた「REST」との違いを担当者が語る。

/tt/news/2010/06/news03.jpg
「Knative」とは何か【後編】

「Knative」のメリットを“帳消し”にしかねない注意点とは?

「Kubernetes」でイベント駆動型プログラミングを実装するために、「Knative」は良い選択肢になり得るが、注意すべき点も幾つかある。何に注意すべきなのか。

/tt/news/2010/02/news03.jpg
ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【後編】

コニカミノルタ系がSQL Serverから「PostgreSQL」に移行した訳と、直面した壁

Konica Minolta Healthcare Americasは、それまで利用していた「SQL Server」から「PostgreSQL」に移行した。PostgreSQLを選択した理由と、運用時に直面した課題を担当者が説明する。

/tt/news/2010/01/news09.jpg
事例で学ぶデータ活用成功の鍵【後編】

急成長のエネルギー企業が「データ品質」を何よりも重視する納得の理由

質の高いデータ分析は、どうすれば実現できるのか。そのために重要なことは「データ品質」の維持だと、データ分析を成長に生かすエネルギー企業のEmber Resourcesは指摘する。それはどういうことなのか。

9 月

/tt/news/2009/28/news07.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度上半期)

「Windows 10」フリーズの対処法とは? 「Windows 7」が愛された理由は?

「システム運用管理」「システム開発」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度上半期にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2009/28/news05.jpg
「Knative」とは何か【前編】

「Knative」とは? Kubernetesでサーバレスを実現する「FaaS」以外の選択肢

「Kubernetes」ユーザーがイベント駆動型プログラミングによるサーバレスアーキテクチャを実現したい場合、有力な手段となるのが「Knative」だ。クラウドサービスの「FaaS」とは何が違うのか。

/tt/news/2009/25/news10.jpg
ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【前編】

IKEAはプロプライエタリDBMSから「PostgreSQL」にどう乗り換えたのか

小売業大手のIKEAはオープンソースRDBMS「PostgreSQL」を活用している。数あるRDBMSの中からPostgreSQLを選択するに至ったプロセスと理由を担当者が語る。

/tt/news/2009/23/news02.jpg
「AIOps」とは何か【第4回】

「MLOps」ツールの機能とは? 使える機械学習モデルを生み出す

「AIOps」に似た言葉として「MLOps」がある。機械学習モデルの開発における課題を解消することがその目的だ。MLOpsツールが持つ役割を紹介する。

/tt/news/2009/16/news01.jpg
企業が直面する間違いとは?

DevSecOpsを確立する方法

シンガポールのSP DigitalはDevOpsで大きな成果を挙げている。同社は一歩進んでDevSecOpsの確立に着手した。だが、DevSecOpsには不可欠な要素がある。

/tt/news/2009/16/news04.jpg
「AIOps」とは何か【第3回】

「MLOps」とは? 機械学習モデル開発にDevOpsを生かす

DevOpsの考え方を取り入れた機械学習モデルの開発手法が「MLOps」だ。従来の開発手法と何が違うのか。機械学習の要件を踏まえて登場したMLOpsの基礎を解説する。

/tt/news/2009/15/news04.jpg
事例で学ぶデータ活用成功の鍵【前編】

「コロナ禍でもやることは同じ」と言い切るエネルギー企業のデータ活用術

データマネジメントやデータ分析を長年続けているエネルギー企業のEmber Resourcesは、新型コロナウイルス感染症流行下においても、特別なことをせずにビジネスを維持できているという。その裏側とは。

/tt/news/2009/02/news02.jpg
コンテナネットワークの基礎知識【第3回】

「コンテナ」の商用利用で考慮すべき5つのポイントとは?

コンテナを商用利用する際は、大量のコンテナを効率的に運用する必要があります。大規模運用の際、どのような点を考慮すべきなのでしょうか。

/tt/news/2009/02/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

アプリケーションモダナイゼーションの障壁を克服するには

クラウドネイティブと誰もが口にするものの、ほとんどの企業は何もない所からやり直せるほど幸運ではない。レガシーアプリケーションをどうすれば前進させられるかを検討する。

8 月

/tt/news/2008/31/news03.jpg
Computer Weekly製品ガイド

レガシーアプリケーションをモダナイズせよ

アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。

/tt/news/2008/28/news01.jpg
Azure Quantumの活用事例も公開

Microsoftの量子コンピューティング環境「Azure Quantum」登場

Azure Quantumは、Microsoftが提供する量子コンピューティング環境だ。開発キット(QDK)と開発言語(Q#)も提供されている。

/tt/news/2008/27/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

レガシーアプリをクラウドネイティブ化する方法

レガシーアプリケーションと新しいデジタルプラットフォームを統合する方法について検討する。

/tt/news/2008/26/news01.jpg
今の機械学習開発スタイルは時代遅れ

MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル

機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。

/tt/news/2008/21/news01.jpg
プロプライエタリDBに移行してコスト削減

OSSのデータベースに限界を感じた企業が選んだデータベースとは?

日本のPropre Japanは、オープンソースのデータベースに見切りをつけてあるプロプライエタリのデータベースに移行した。結果、大幅なコスト削減に成功したという。

/tt/news/2008/20/news02.jpg
DevOpsチームが取り組むテレワーク【後編】

「Slackを常にアクティブにせよ」はNG? DevOpsチームの在宅勤務ガイド

新型コロナウイルス感染症によるテレワーク導入の波はDevOpsチームにも迫っている。従来対面での定期的な話し合いを前提としてきたDevOpsチームがテレワークを乗り切るにはどうすればよいのか。専門家に聞いた。

/tt/news/2008/12/news02.jpg
もうAPIだけでは足りない

コネクターを必要としないAPI開発を実現する「APIスキーマ」

システムを連携させるAPIとAPI記述言語が増えるに伴い、SOAPにとってのWSDLのような「APIスキーマ」が必要になってきた。なぜAPIスキーマが必要なのか。

/tt/news/2008/11/news01.jpg
動的型付け言語の弱点をカバー

Pythonコードの脆弱性を検知する「AppSec」

動的型付け言語(動的言語)の場合、変数に値が代入されるまで型が決定されないため、静的テストでは十分な検証ができない。動的言語の一つであるPythonもこの問題を抱えている。

/tt/news/2008/07/news08.jpg
6大Java向けIDEを比較【後編】

「NetBeans」「JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」 4大Java向けIDEの違い

「Java」向け統合開発環境(IDE)の「NetBeans IDE」「Oracle JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」は何が違うのか。それぞれの特徴と、Java向けIDE選びのポイントを解説する。

/tt/news/2008/06/news02.jpg
アプリとインフラを分離

MicrosoftとAlibaba Cloudが立ち上げた「Open Application Model」とは

MicrosoftとAlibaba Cloudが提携し、「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。OAMとは何か。OAMによって何が実現するのか。

/tt/news/2008/06/news06.jpg
DevOpsチームが取り組むテレワーク【中編】

在宅勤務がDevOpsチームの「業務の属人化解消」の“特効薬”になる?

新型コロナウイルス感染症の影響で、企業のDevOpsチームはテレワークを強いられている。DevOpsチームがテレワークを実施する際の心得を、専門家のアドバイスとともに紹介する。

7 月

/tt/news/2007/31/news07.jpg
6大Java向けIDEを比較【前編】

「Eclipse」と「IntelliJ IDEA」の違いとは? Java向けIDE比較のヒント

複数あるJava向けIDEのうち、自社の要件に合ったものはどれなのか。まずは主要なJava向けIDE「Eclipse IDE」と「IntelliJ IDEA」の特徴と違いを整理しよう。

/tt/news/2007/22/news07.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【前編】

AWSが提供する「ハイブリッドクラウド」に役立つ主要サービスとは?

Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略は、何が違うのか。まずはAWSの主要な取り組みを見ていこう。

/tt/news/2007/20/news07.jpg
それぞれのメリットとデメリットを解説

「VM」「コンテナ」「サーバレス」の違い アプリ実行に最適な技術は?

アプリケーションを稼働させるITインフラの自由度を高める技術に「仮想マシン」「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」がある。どの技術を選ぶべきなのだろうか。

/tt/news/2007/20/news06.jpg
DevOpsとテレワークの関係【前編】

DevOpsチームが「在宅勤務」よりも「出社」を選びたくなる切実な理由

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークを余儀なくされたDevOpsチームは、仕事のスケジュールにも悪影響が出る恐れがある。その原因は、DevOpsチームの働き方や業務の性質にあるという。どういうことなのか。

/tt/news/2007/15/news01.jpg
Kubernetesはどうなる?

Kubernetesの進化の方向と改善点

コンテナオーケストレーションのデファクトスタンダードとなったKubernetesは次にどのように進化するのか。進化とともに改善すべき点とは何か。

/tt/news/2007/15/news04.jpg
Bamboo、GitLab、Spinnaker、TeamCity、CloudBees CIを紹介

“脱Jenkins”を考える人が選ぶべき代替「CI/CDツール」5選

広く利用されているCI/CDツールの「Jenkins」。その自由度の高さ故の運用の難しさから、他の選択肢を検討するユーザー企業もあるだろう。Jenkinsの代わりになるCI/CDツールを5つ紹介する。

6 月

/tt/news/2006/26/news01.jpg
ランタイムのOSS化で自由度拡大

Pythonの知識だけでWebアプリを開発できる「Anvil」

Anvilは、Pythonだけで開発できるフルスタックのWebアプリケーション開発環境だ。ランタイムがオープンソース化されたことで、オフライン環境にもアプリケーションをデプロイできるようになった。

/tt/news/2006/25/news08.jpg
Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉

Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?

Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。

/tt/news/2006/16/news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Java」「Rust」がC/C++の代替になるこれだけの根拠

「Java」と「C」「C++」はどちらが速いのか。C/C++の後継と目される「Rust」とはどのようなプログラミング言語なのか。これらの疑問に答えよう。

/tt/news/2006/08/news03.jpg
人事部門のRPA活用事例集【後編】

RPAの真の活用は雇用の喪失ではなく高齢化の支援をもたらす

RPAが普及し組織での利用が拡大するとどうなるのか。正しく活用するなら、それは雇用を奪うものではないという。先進事例からRPA活用の在り方を考えよう。

/tt/news/2006/04/news02.jpg
量子コンピュータ時代に備えよう

量子コンピュータプログラミングの入門方法

この数年間で量子コンピュータ分野は大きく進み、研究者でなくても触れられる可能性が拡大した。来る量子コンピュータ時代に備えてプログラミングを学ぶ方法とは。

5 月

/tt/news/2005/28/news01.jpg
人事部門のRPA活用事例集【前編】

新入社員が直面する「残念なエクスペリエンス」をRPAで解決

RPAによる人事プロセスの自動化はさまざまなメリットをもたらす。3つの成功事例がRPA導入のヒントを提供してくれる。

/tt/news/2005/27/news02.jpg
アプリケーションモダナイゼーション【前編】

ミッション:メインフレームのDb2データをSQL Serverに移行せよ

アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。メインフレームで運用していたデータベースを最新のデータウェアハウスに移行するのは困難を伴った。

/tt/news/2005/26/news03.jpg
5Gの複雑性を解決

HPEが5Gインフラ構築用オープンソースソフトウェアを提供

HPEが地理的に分散し複数世代の技術が混在した環境を前提に、5Gインフラの構築を実現するソフトウェアを提供するイニシアチブを発表した。

/tt/news/2005/26/news02.jpg
テレワークがIT部門に与えた影響【後編】

IT部門こそ新型コロナウイルスの感染拡大を「IT」で乗り切るべし

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、IT部門が処理しなければならない問題は増加傾向にある。これらの問題を効率的に処理するには、どのようにすればいいのか。事例を基に説明する。

/tt/news/2005/25/news02.jpg
幅広いプラットフォームに対応

OpenJDK 14ビルドの「Zulu」提供開始 Community版は無料

Java SE 14仕様に完全準拠したOpenJDK 14ビルドの「Zulu」が一般公開された。Zuluを中心にJavaの動向の一部を紹介する。

/tt/news/2005/21/news02.jpg
AIでコンテナを管理する【後編】

コンテナ管理を「AI」で楽にするために必要な手段とは?

コンテナ監視を省力化するために、AI技術を応用することは効果的だ。その際に必要な手段を紹介する。

/tt/news/2005/16/news01.jpg
Oracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説

「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらい

Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。

/tt/news/2005/15/news09.jpg
バッファオーバーフロー攻撃に備える【後編】

「バッファオーバーフロー攻撃」の被害を防ぐ6つの対策

Webアプリケーションを狙う「バッファオーバーフロー攻撃」による被害を防ぐには、どうすればよいのか。開発から運用までのベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2005/13/news02.jpg
「データカタログ」とは何か【後編】

「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介

データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。

/tt/news/2005/11/news02.jpg
一時的な効率低下をどう解決した?

自治体事例:AI&RPAで時間とコストの削減およびサービス向上に成功

自治体もまた、一般企業と同じくコスト削減とサービス向上に迫られている。スウェーデンの自治体は大学の研究プログラムを利用してAIやRPAのトライアルに着手。現場の不信感を解消しつつ成果を挙げている。

/tt/news/2005/07/news03.jpg
脆弱性最少言語はPython

最も脆弱性が多い言語は? OSSの脆弱性は増大傾向

WhiteSource Softwareがオープンソースコードのセキュリティ状況を調査し、レポートを公開した。脆弱性は前年比50%増と増大傾向にあるという。プログラミング言語別の脆弱性の状況も明らかになった。

4 月

/tt/news/2004/30/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

CI/CDによる高速化で品質も向上――ただし条件付き

継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)はソフトウェア開発の高速化を約束する。だが採用に当たってはまず、成果を引き出すための基本事項を押さえておく必要がある。

/tt/news/2004/30/news04.jpg
AIでコンテナを管理する【前編】

「本物のAIツール」と「偽物のAIツール」の違いとは?

「AI」という言葉がさまざまな意味や意図で使われ過ぎた結果、一般的なITツールと「AIツール」との区別が付きにくくなっている。両者はどう違うのか。

/tt/news/2004/24/news06.jpg
「データカタログ」とは何か【前編】

「データカタログ」とは? 欲しいデータをすぐに取得できる仕組み

データ分析担当者が、必要に応じて欲しいデータを収集、整理できる手段が「データカタログ」だ。その仕組みや有効な場面を紹介する。

/tt/news/2004/23/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

CI/CDチームの編制時に重視すべきスキルはコーディング能力と……

継続的インテグレーションと継続的デリバリーを採用すれば、ソフトウェアの開発を加速させることができ、弾力的な運用を実現する一助になる。CI/CDを機能させるためのツールや企業文化の変化について解説する。

/tt/news/2004/08/news07.jpg
ロボットの自律走行を目指す

竹中工務店が建築ロボットの制御を「AWS RoboMaker」で実現へ 効果と課題は

建築現場用ロボットと、その制御システム「建築ロボットプラットフォーム」を開発する竹中工務店。それらの中核要素として採用したのが「AWS RoboMaker」などのAWSサービスだ。選定理由とメリット、課題を整理する。

/tt/news/2004/08/news02.jpg
「GraphQL」大規模導入で得た教訓【前編】

FinTech企業が大規模導入で学んだ「GraphQL」の注意点とは?

データ連携に「GraphQL」を利用するCredit Karmaは、アプリケーション改修と実際の運用を経て、GraphQL活用のための教訓を得たという。その教訓と、浮かび上がった課題とは何か。

/tt/news/2004/06/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

ローコード開発導入の前に検討すべき課題

ローコード開発ツールには生産性の向上や製品化の期間短縮、専門スキルへの依存度低下など、数多くのメリットがある。だがコストやセキュリティ、製品の選定やアプリケーションについては慎重な検討が必要だ。

/tt/news/2004/03/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

開発者とユーザーの垣根をなくすローコード開発

5年前に初めて“ローコード開発”という用語が登場した。そして今、エンタープライズアプリケーション開発における新たな成熟期を迎えている。このトレンドはあらゆる種類の組織が恩恵を受ける。

/tt/news/2004/01/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

ローコード/ノーコードソフトウェア開発が内包するリスク

最新のローコード開発ツールは、ビジネスユーザーと開発者の両方の助けになり得る。その現状を解説する。

/tt/news/2004/01/news06.jpg
「GraphQL」大規模導入で得た教訓【前編】

FinTech企業が「GraphQL」を使って「マイクロサービス」を実現した理由

クエリ言語の「GraphQL」を活用し、旧来のモノリシック構造のアプリケーションを改修したCredit Karma。GraphQLを選んだ理由と、その活用場面を同社幹部に聞く。

3 月

/tt/news/2003/31/news02.jpg
VMwareのコンテナ市場での戦い【後編】

VMwareが「コンテナ」市場でRed Hat、Dockerを追い抜く日

コンテナ市場の拡大に合わせて、Red HatやDockerなどのベンダーが新たな戦略を打ち出している。サーバ仮想化製品大手のVMwareも例外ではない。それぞれどんなアプローチを取っているのか。

/tt/news/2003/25/news03.jpg
VMwareのコンテナ市場での戦い【中編】

VMwareは「コンテナ」市場で存在感を示すために何をしているのか

コンテナ型仮想化技術の人気上昇を受け、VMwareが戦略を転換しつつある。市場で優位に立っているRed HatやDockerに対抗するため、VMwareはどのようなアプローチを取るのか。

/tt/news/2003/22/news01.jpg
選ぶべき命名規則は

URL命名規則「ケバブケース」「キャメルケース」「スネークケース」「スクリーミングスネークケース」の違いは?

Webサイトにアクセスするために必要なURL。その命名規則にはどのようなものがあるのか。主要な4種を紹介する。

/tt/news/2003/18/news01.jpg
クラウドベンダーのOSS利用は是か非か

オープンソースの目的は金銭的利益ではなかった

クラウドベンダーがオープンソースを搾取している、オープンソースに貢献していない、という批判がある。だが、オープンソースとは貢献を要求されるものだったのだろうか。

/tt/news/2003/18/news09.jpg
VMwareのコンテナ市場での戦い【前編】

VMwareが「コンテナ」市場でRed HatとDockerに引き離されている理由

仮想マシン(VM)に代わる技術として、コンテナが注目を集めている。VM技術ベンダーの大手VMwareは、なぜRed HatやDockerに対してコンテナ市場で後れを取っているのか。

/tt/news/2003/06/news05.jpg
わずか2カ月の開発期間

米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?

2020年2月3日のアイオワ州党員集会では、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。

2 月

/tt/news/2002/28/news01.jpg
GraphQLなしのAPI呼び出しは絶望的

専門家が語る、REST APIオンリーの限界とGraphQLを使うべき理由

『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。

/tt/news/2002/20/news03.jpg
柔軟なシステム構築を支える

「マイクロサービスアーキテクチャ」アプリ開発者が重視すべき3項目とは?

「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づくアプリケーションを開発する際、重視すべきこととは何だろうか。主要な3つの項目を紹介する。

/tt/news/2002/19/news01.jpg
CI/CDパイプラインの活用【後編】

継続的な改善の基盤となるCI/CDパイプライン活用術

CI/CDパイプラインをいかに使うか。チェックインやリリースのタイミングはいつにするか。CI/CDパイプラインにどのような機能を持たせるか。識者の意見を聞いた。

/tt/news/2002/18/news04.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】

「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由

2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。

/tt/news/2002/17/news06.jpg
「Android」アプリ開発者が注目

Javaから「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由

Javaの代替となる可能性を秘めたプログラミング言語がある。Androidアプリケーション開発者を中心に利用が広がっている「Kotlin」だ。注目の背景を探る。

/tt/news/2002/13/news04.jpg
「MaaS」で広がる可能性【後編】

「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題

アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。

/tt/news/2002/10/news04.jpg
APIによるデータ連携手法の選択

「GraphQL」に移るべき人、「REST」を使い続けるべき人を分ける条件

API(アプリケーションプログラミングインタフェース)におけるデータ連携の仕組みとして、従来の「REST」に代わる新たな選択肢が「GraphQL」だ。GraphQLとRESTを比較し、両者のメリットを考える。

/tt/news/2002/07/news01.jpg
「コンテナエスケープ」の脅威と対策【後編】

コンテナ経由でホストを攻撃 「コンテナエスケープ」に備える3大ポイント

コンテナからホストシステムに抜け出す「コンテナエスケープ」を引き起こす脆弱性が、セキュリティ担当者にとって新たな問題となっている。コンテナエスケープによる被害を防ぐ方法を紹介しよう。

/tt/news/1912/25/news03.jpg
可視化・分析ソフトウェアを導入

旧AS/400「IBM i」で動くコメリの基幹系 年500件の修正負荷を半減できた訳

「IBM i」で稼働するコメリの基幹システム修正は、年間およそ500件に上るという。同社のシステム開発会社であるビット・エイは、そうしたシステム修正に伴うドキュメント作成作業をどのように効率化したのか。

/tt/news/2002/06/news09.jpg
「GitHub」と上手に付き合う

いまさら聞けない「OSS」はなぜ魅力的で、なぜ手を出しにくいのか?

「オープンソースソフトウェア」(OSS)は一般的に無料でコストメリットに優れるが、採用の際には注意すべき点もある。OSSの長所と短所を正しく見極めることが、導入可否の判断に役立つ。

/tt/news/2002/05/news07.jpg
「MaaS」で広がる可能性【前編】

「MaaS」とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢

開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する環境を整えることは簡単ではない。そのための場として利用できる「MaaS」(Market as a Service)とは何だろうか。

/tt/news/2002/04/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAに組み込むべきセキュリティ対策

RPAの利点は人の行動を模倣できる点にある。その原則を念頭に、botによる自動化のセキュリティ対策を講じ、セキュリティの失敗を防止しなければならない。

1 月

/tt/news/2001/31/news01.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【後編】

「Kubernetes」と「Mesos」 コンテナ管理にはどちらを選ぶべきか?

コンテナを連携させながら運用する場合では「Kubernetes」「Apache Mesos」のどちらを選ぶべきだろうか。システム構成や目的によって異なる選択のヒントを紹介する。

/tt/news/2001/30/news03.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAによって自動化したプロセスをさらにスマート化する方法

組織のデジタルトランスフォーメーション戦略を支援するRPAについて解説する。

/tt/news/2001/29/news01.jpg
CI/CDパイプラインの活用【前編】

いまさら聞けないCI/CD入門

ソフトウェア開発の新潮流として継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)が注目され、多くの企業が取り入れつつある。CI/CDを学ぶのは今からでも遅くはない。

/tt/news/2001/24/news04.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

/tt/news/2001/22/news01.jpg
データベースのモダナイズ【後編】

マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

/tt/news/2001/21/news04.jpg
「サーバレス」で開発にまつわる負担を軽減

機械学習アプリを「FaaS」で開発すべきこれだけの理由

機械学習を導入する際は、幾つかのハードルを越えなければならない。その有力な手段となり得るのが「FaaS」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2001/17/news07.jpg
「Kubernetes」か「Mesos」か【前編】

コンテナ連携ツール「Mesos」とは? 「Kubernetes」との違いは

複数のコンテナを連携させながら管理する手段は「Kubernetes」だけではない。有力な対抗馬が「Apache Mesos」だ。Mesosにはどのような特徴があるのか。

/tt/news/2001/15/news02.jpg
ハックしたくなる要素山盛り

独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

/tt/news/2001/15/news04.jpg
Netflixを支える「GraphQL」【後編】

Netflixが「REST」をやめて「GraphQL」に乗り換えた理由

Netflixは、データ統合システム用のクエリ言語として「GraphQL」を採用している。同社のコンテンツエンジニアリングチームのエンジニアが、そのメリットや懸念点を語る。

/tt/news/2001/14/news10.jpg
「AR」の理想と現実【後編】

「AR」(拡張現実)で稼ぐ5つのヒント

AR(拡張現実)技術のビジネス利用が広がりつつある。ただしAR技術は未成熟な部分もあるため、ビジネス利用を検討する企業は注意が必要だ。何に気を付けるべきなのか。

/tt/news/2001/10/news05.jpg
「コンテナエスケープ」の脅威と対策【前編】

Dockerも利用する「runc」に重大な脆弱性 何が危険か? 対策は?

主要なコンテナランタイム「runc」に重大な脆弱性が見つかった。攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、コンテナ経由でホストシステムの管理者権限を奪える可能性がある。対策はあるのか。

/tt/news/2001/09/news04.jpg
「Neo」と「Cloud Foundry」が中核要素

「SAP Cloud Platform」とは? クラウド版SAP S/4HANAとの違いは

SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」は、同社の他のサービスとどう違うのか。主要な機能と特徴を説明する。

/tt/news/2001/08/news02.jpg
Netflixを支える「GraphQL」【前編】

Netflixがクエリ言語「GraphQL」を採用 何にどう使っているのか

Netflixがクエリ言語として「GraphQL」を採用した。どのように利用しているのか。得られた効果は。同社に聞いた。

/tt/news/2001/06/news03.jpg
「AR」の理想と現実【前編】

「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?

「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。