フレームワーク「TOGAF」は何の役に立つ? 学習メリットを解説エンタープライズアーキテクチャを理解する【前編】

エンタープライズアーキテクチャのフレームワークであり、認証プログラムも存在する「TOGAF」。学習を通して得られるスキルやメリットを解説する。

2024年06月04日 07時30分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

関連キーワード

フレームワーク | IT戦略


 企業のIT環境は、異なるアプリケーションやビジネスプロセス、データ、ネットワーク機器などが複雑に絡み合い、幅広い関係者やプロセスにまたがって構成される。特に、大規模なシステムの設計や管理に頭を抱えるITアーキテクトは少なくない。

 複雑なIT環境の可視化と管理に役立つのが、「The Open Group Architectural Framework」(以下、TOGAF)だ。これはオープン標準の策定と認証を手掛ける非営利団体The Open Groupが提供するエンタープライズアーキテクチャ(EA)フレームワークだ。これは、組織のビジネス戦略とIT戦略を統合的に管理するための指針を提供するフレームワークを指す。

 The Open GroupはTOGAFの認定試験も提供している。学習や資格取得を通してどのような知識やスキルを得られるのか、基本的な内容と合わせて解説する。

「TOGAF」は何の役に立つのか?

 TOGAFの主な目的は、EAに関する基本的なスキルを身に付けることだ。主要なシステムの設計原則やフレームワークの概念を学び、これらのガイドラインを用いて組織におけるIT戦略の整合性を取る。その結果、異なる部門やプロジェクトが一貫した目標に向かって進むことができ、効率化につながる。

 EAの共通用語を理解するためにもTOGAFが役立つ。ITアーキテクトには技術的な知識だけでなく、異なるステークホルダーと意思疎通を図るスキルが求められる。経営者や他部署の従業員など、非技術者を含めたステークホルダーとのコミュニケーション円滑化にもTOGAFは有効だ。

 TOGAFの中核となるフレームワークがアーキテクチャ開発方法(ADM)だ。これは、企業のビジネスゴールをアーキテクチャに適合し、組織固有のアーキテクチャを開発するための方法を指す。

 学習を通して身に付けた知識は、以下のようなタスクや用途において価値を発揮する。

  • ソフトウェア開発にかかる時間を正確に予測する
  • 大規模アプリケーションのデプロイ(配備)環境を構築する
  • オーケストレーション(設定や管理、運用のプロセスの自動化)を実現する
  • ITリソースのプロビジョニング(供給)を最適化する

 後編は、TOGAFの資格取得に向けた準備方法を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...