開発エンジニアなら挑戦したいGoogleとAWSの「クラウド認定資格」とは?役立つクラウド認定資格11選【第2回】

IT管理者が自身のITスキルを証明するための方法の一つが、クラウド認定資格を取得することだ。本稿はDevOpsやアプリケーション開発に関するクラウド管理中級者向けの資格を紹介する。

2024年06月05日 08時00分 公開
[Damon GarnTechTarget]

 AWSやGoogle、Microsoftなどのクラウドベンダーは、複数のクラウド認定資格を提供している。IT管理者は認定資格を取得することで、雇用先や求職先の企業に対して自身のスキルをアピールできる。

 本稿はIT管理者の習熟度や分野別に、代表的なクラウド資格を紹介する。認定資格の詳細や費用、取得のための前提条件も掲載する。

3.DevOpsへの理解を深めるクラウド認定資格

 クラウドサービスに関するより専門的な知識や、エンジニアとしてのキャリアを蓄積することを求める人は、DevOpsの資格取得を検討するとよい。DevOpsの知識は、クラウド管理に必要になることがある。GoogleはDevOpsに特化した認定資格を提供している。

Professional Cloud DevOps Engineer

 DevOpsの手法や「Google Cloud」サービスの知識を問う認定資格として、Googleは「Professional Cloud DevOps Engineer」を提供している。受験者はGoogle Cloudのクラウドサービス群を使用して開発と運用のワークフローを構築する手法や、アプリケーションの信頼性とパフォーマンスの管理、サイト信頼性エンジニアリング(SRE)に関する知識を確認できる。

試験費用 200ドル
試験時間 120分
問題数 50〜60問
最低合格点 非公開

 Googleはこの資格試験の受験者に対し、Google Cloudを使用した本番用インフラの設計と管理の経験を1年以上含む、3年以上のIT業界経験を積むことを推奨している。同社は受験者向けに、ハンズオンラボやトレーニングコースなど、さまざまな学習サービスを提供している。これらの学習サービスは、推奨する3年間の経験を補完するために利用できる。

4.開発者向けのクラウド認定資格

 AWSは、クラウド開発者が高性能かつセキュアなクラウドアプリケーションを作成できるようにすることを目的としたトレーニングプログラムと認定資格を幾つか提供している。

AWS Certified Developer - Associate

 AWSの開発者向け認定資格の一つが「AWS Certified Developer - Associate」(DVA-C02)だ。少なくとも1つの高水準プログラミング言語の知識と、基本的なクラウドデプロイメントの経験を持つ開発者は、同資格の取得を目指すとよい。この試験には、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)やクラウドアプリケーションの効率的な開発方法、セキュアなコーディングについての知識が含まれる。

試験費用 150ドル
試験時間 130分
問題数 65問(選択肢式と複数回答式)
最低合格点 720点

 AWS DVA-C02試験の対象者や目的などの詳細は、公式試験ガイドで確認できる。


 第3回は、セキュリティ分野のクラウド認定資格を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...

news004.jpg

ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要...