スクラムマスターの5大認定資格【前編】
スクラムマスター認定資格「PSM」(Professional Scrum Master)とは? 合格するには
スクラムマスターの認定資格には幾つかの選択肢がある。そのうち「Scrum.org」が提供する「Professional Scrum Master」にはどのような特徴があるのか。(2022/5/17)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【後編】
「私の年収、低過ぎ?」の不満をなくすIT製品とは?
従業員に賃金を平等に支給し、適正な金額であること証明する上で役立つIT製品がある。「同一労働同一賃金」の実現に役立つ主要製品を紹介する。(2022/5/11)

従業員の身元調査にまつわる是非【前編】
「従業員の身元調査」の気になる中身と、実施に必要な“覚悟”とは?
調査によれば、9割以上の企業が従業員に対して何らかの身元調査を実施している。企業は従業員の何を調べているのか。身元調査に踏み切る企業が直面する課題とは何か。調査結果を交えて説明する。(2022/4/26)

IT業界の女性活躍に必要なこと【後編】
IT業界の女性は「メンター」を求めている? 企業は女性のキャリア支援で何ができるか
女性がキャリアを積みやすい企業になるには、どのような施策が必要なのか。調査を基にIT業界で働く女性が求めている支援策を紹介する。(2022/4/20)

持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【後編】
これからの「企業価値」の話をしよう 投資家にも社員にも愛される企業とは
株主利益を最優先とする「株主資本主義」から、利害関係者全ての利益を追求する「ステークホルダー資本主義」へと、世の中の価値観が変わりつつある。この変化の中で重視すべきサステナビリティ向上のトレンドは。(2022/4/13)

外部パートナーとの協働を成功に導く4つのステップ【後編】
中国では「Zoom」じゃなく「Zhumu」を使う? 取引先の所在地事情に合わせた「配慮」のこつ
取引先とスムーズに共同作業をするためには、相手の状況に合わせた環境整備が不可欠だ。パートナー企業の拠点が海外ならば、使えるツールや業務時間帯が異なることもある。環境整備のポイントを紹介する。(2022/4/12)

「AIOps」の肝 システム運用における機械学習の活用法【後編】
AIにシステムを任せるのは危険? 部分的なシステム自動化が無難なのか
企業のシステムが複雑になる中で、機械学習をシステム運用に取り入れることが重要になってきた。全てを機械学習モデルに任せることは簡単ではないが、部分的に活用するだけでもメリットを享受できる可能性がある。(2022/4/1)

RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【後編】
RPA導入の大学IT幹部が語る「コロナ禍の大混乱」と「Azure×スマホ」活用
「RPA」導入により校務効率化を進めるスタッフォードシャー大学。同校のIT幹部は、パンデミックにおける混乱にどう向き合ったのか。今後ITをどう活用しようとしているのか。(2022/3/30)

「AIOps」の肝 システム運用における機械学習の活用法【前編】
システム障害のよくある原因と、トラブル対処に使える「機械学習モデル」一覧
インシデント対処の質向上とコスト削減を図るための選択肢として、機械学習が注目されている。どのような問題に対して、どのような機械学習の手法が有効なのだろうか。(2022/3/25)

リーバイスのAI教育【前編】
リーバイスの「AIブートキャンプ」とは? 狭き門を突破し、参加するには?
リーバイスのAIスキル研修「AIブートキャンプ」に参加するのは簡単ではない。参加定員100人に対し、これまでに約450人の従業員が応募した。そもそもAIブートキャンプとは何なのか。同社責任者に聞いた。(2022/3/22)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【後編】
“稼ぐフリーランスエンジニア”が身に付けている「考え方」と「スキル」
フリーランスエンジニアがより多くの利益を得るためには、見込み客との交渉にどう臨めばよいのか。どのようなスキルが必要なのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/3/18)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【中編】
優秀なエンジニアが知っているCEO、COO、CIO、CFOの“頭の中”
フリーランスエンジニアが、顧客の求めているものを正しく理解し、期待に応えるためには、何をすればよいのか。より良いコミュニケーションを実現する上で知っておくべきヒントを紹介する。(2022/3/11)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【前編】
「Microsoft製品のプロ」「Googleサービス職人」を目指す必要がない理由
ソフトウェア開発者は、自分がフリーランスになるかどうかを判断する前に、そもそも「優れたフリーランスエンジニア」はどのような存在であるかを考えるべきだ。専門家の意見を紹介する。(2022/3/5)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【前編】
10代向けのデータセンター人材“英才教育”に教育機関が本腰 その内容は
データセンター業界に特化した学習プログラムを英国の教育機関UTC Heathrowが提供する。データセンター業界の複数企業が協力して作成した、そのプログラムの中身とは。(2022/2/25)

エンジニアの年齢差別問題【後編】
40歳を過ぎたエンジニアが面接で“年齢”を効果的にアピールする方法
年齢を重ねても働き続けたいと考えるエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには何をすべきなのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/2/25)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第2回】
BIA、プロジェクト管理、そしてIT知識が事業継続管理者を助ける理由
次世代の事業継続管理者は、変化に適応しつつ的確にリスクに対処する力を求められる。ビジネスインパクト分析(BIA)、プロジェクト管理、ITに関する知識や経験は大きな力になる。その理由は何か。(2022/2/24)

エンジニアの年齢差別問題【前編】
「40歳を過ぎても求められるエンジニア」が迷わずやること、決してやらないこと
エンジニアの年齢差別はなかなかなくならない。これまでに培った経験をセールスポイントとして売り込むにはどうしたらよいのか。(2022/2/19)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】
次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは
パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。(2022/2/17)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【後編】
優秀な技術者が思わず入社したくなる「人材採用・育成術」5選
技術者に対する需要が高まる中、スキルを持つ人材を採用し、会社に定着してもらうために企業は何をすればよいのか。幾つかの例を挙げる。(2022/2/16)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【後編】
Google認定の機械学習資格「Professional Machine Learning Engineer」とは? 合格するには
機械学習開発の最先端を走るGoogle。同社認定の機械学習認定資格「Professional Machine Learning Engineer」を取得すれば、キャリアアップにつながる可能性がある。取得するには、どうすればいいのか。(2022/2/16)

「オンボーディング」のRPA活用【後編】
「RPA」があれば楽になる新人受け入れ作業5選
新人スタッフの受け入れ時、人事部門にはさまざまな手作業のプロセスが発生する。中にはRPAで自動化できる工程もある。RPAが活用する5つの利用シーンを紹介する。(2022/2/10)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【前編】
IT人材不足の真犯人は“これまでのIT人材”への固執だった?
技術系人材の需要に、供給が追い付かない――。そうした悩みに直面している企業は、旧来の人材像にとらわれてはいないだろうか。視野を広げれば、技術職を望む新たな人材候補が見えてくる。(2022/2/9)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【中編】
初心者歓迎の機械学習資格「Azure Data Scientist Associate」とは? 合格するには
IT分野でのキャリアパスを広げるには、機械学習認定資格の取得が役立つ。実は機械学習の初心者でも挑戦できる資格がある。「Azure Data Scientist Associate」がそれだ。どのような知識があれば合格できるのか。(2022/2/9)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【前編】
“機械学習のプロ”を認める「AWS Certified Machine Learning - Specialty」とは? 合格するには
大手クラウドベンダー3社は、キャリアアップに役立つ機械学習認定資格を用意している。AWSの機械学習資格「AWS Certified Machine Learning - Specialty」を取得するためのお役立ち情報をお届けする。(2022/2/2)

Computer Weeklyリバイバル
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie 攻撃」の仕組みと緩和策
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/22)

トロント大学ミシサガ校が実践、「オンライン教育」移行のこつ【後編】
“学部主導のIT導入”で混乱の大学が「オンライン教育」に爆速移行 その作戦は
トロント大学ミシサガ校は、新型コロナウイルス感染症の影響で迅速なオンライン教育移行が求められていた。従来、各学部がそれぞれにIT機器導入をしていた同校が、今回選んだ移行方法とは。(2022/1/7)

教育ITニュースフラッシュ
「GIGAスクール構想」がプログラミング教育を遅らせる? 小学校教員が嘆き
小学校教員に対するプログラミング教育の調査結果や、法政大学の「オープンバッジ」導入事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2021/12/28)

背景には「修理する権利」意識の高まり
Appleがついに“iPhoneセルフサービス修理”開始 それでも素直に喜べない理由
Appleは電子機器の修理スキルを持つユーザー向けに、セルフサービス修理プログラムを2022年に開始する。ただし専門家は「ユーザーは自分で修理したがらないだろう」とみる。その理由は。(2021/12/27)

トロント大学ミシサガ校が実践、「オンライン教育」移行のこつ【前編】
大学が「オンライン教育」に3カ月で移行、成功に導いた“強力な味方”とは
トロント大学ミシサガ校はパンデミックを受けて、オンライン教育へと迅速に移行した。移行を支援したのは、教育分野未経験のITベンダーだ。両者はどのように移行を進めたのか。(2021/12/24)

クリニカルパスのデジタル化がもたらす価値【前編】
「デジタル患者パス管理システム」で医療接遇はどう変わる? 導入した医療機関に聞く
オーストラリアの医療グループCALHNは、医療スタートアップと協力してクリニカルパスをデジタル化したシステムを導入した。このシステムで何ができるのか。導入後の運用手順は。(2021/12/22)

IT業界の格差解消に向けた取り組み【後編】
Nokiaが実現した「無料のオンラインIT講座」とは? 黒人技術者増加目指す
黒人などのマイノリティー技術者の増加に向けて、NokiaはITに関する無料のオンライン奨学金プログラムを実現した。「ナノ学位」を取得できるプログラムの詳細とは。(2021/12/8)

VAST DataのストレージOSの新機能
「変更不可能なスナップショット」はランサムウェア対策の切り札になるか
ランサムウェアはバックアップデータも暗号化しようとする。だが何らかのデータ(スナップショットなど)が無事であれば復旧は可能だ。(2021/12/8)

IT業界の格差解消に向けた取り組み【前編】
黒人技術者がほぼいない 「多様性」からは遠いIT業界の“悲しい現実”
世界中の企業が「多様性」を重視する傾向にある。一方でIT業界において技術者の多様性は実現できていない。黒人技術者の現状に注目して、現状を探る。(2021/12/1)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【後編】
「成功するBCP・DR管理職」になる鍵は何? 面接でアピールすべきスキルは?
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職を目指すには、そのためのスキルや認定資格が要る。採用面接の想定質問に沿って、身に付けるべき「武器」を紹介する。(2021/11/25)

実録、高速ランサムウェア攻撃
攻撃開始から暗号化までの3時間、ランサムウェア攻撃者は何をした?
ごく短時間で実施されるランサムウェア攻撃が発見された。調査によって、攻撃開始から終了までの攻撃者の行動が明らかにされた。攻撃者は3時間の間に何をしていたのか。(2021/11/24)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【前編】
「ワクチン接種義務化」が医療従事者の離職を招く?
米国ニューヨーク州は医療従事者へのワクチン接種を義務化した。ニューヨーク州知事は、医療人材不足をしのぐ施策の一つに移民活用を挙げるが、効果を疑問視する専門家もいる。(2021/11/23)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【前編】
「いくらBCP予算が必要か」の狙いは数字ではない いじわるな質問に答えるこつ
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職は幅広いスキルを持つ必要がある。自分が即戦力であることを採用面接でどう伝えればいいのか。質問の具体例に沿ってヒントを探る。(2021/11/18)

“異色”を生かした女性ITディレクター【前編】
失敗で人は強くなる――60人束ねる「敏腕女性IT幹部」の“異色のキャリア”とは
英国のブラッドフォード大学でIT部門を率いるジュリエット・アトキンソン氏。歩んできたのはいわゆるストレートなキャリアパスではない。独特な経歴がもたらす強みとは。(2021/11/17)

Exchange「Autodiscover」の脆弱性とは【中編】
「Exchange Server」「Exchange Online」の情報漏えいを防ぐ2つの対策
「Exchange Server」「Exchange Online」の自動設定検出機能「Autodiscover」の脆弱性は、情報漏えいを招く恐れがある。この問題を指摘したGuardicoreは、どのような対策を呼び掛けているのか。(2021/11/2)

コンピューティングと女子の関係【後編】
女子はなぜ、コンピュータ、数学、物理などの「STEM」科目を避けてしまうのか
英国GCE A Level試験では、女子のコンピューティング受験者数は増加傾向にある。ただし女子の間で、コンピューティングなどのSTEM科目を学ぶ動きは十分に広がっていない。その背景には何があるのか。(2021/10/31)

クラウドニュースフラッシュ
NTTドコモが実践、「Amazon EC2」の料金を“半額”にする方法
NTTドコモがAWSの利用料金を削減するために実施した取り組みや、福井銀行の顧客情報管理システムのクラウドサービスへの移行事例など、クラウドに関する主要ニュースを紹介する。(2021/10/30)

注意していても見破りにくい理由
なぜ「Office 365になりすますフィッシング攻撃」は防ぎにくいのか
Office 365になりすましたフィッシング攻撃が多発している。この攻撃は、フィッシング攻撃について教育されたユーザーでも引っ掛かってしまう仕掛けがあるという。なぜこの攻撃が危険なのか。(2021/10/29)

狙われる教育機関、サイバー攻撃を防ぐためには【後編】
ランサムウェア攻撃者が「学校は身代金を払う」と考える“おぞましい根拠”
攻撃者が教育機関を標的にすることが目立ってきた。その背景には何があるのか。実害を招かないために、教育機関はどのように対処すればよいのか。セキュリティの専門家の話から、その答えを探る。(2021/10/27)

Exchange「Autodiscover」の脆弱性とは【前編】
「Exchange」の“設計上のミス”が招いた情報漏えいとは?
セキュリティベンダーGuardicoreは、「Exchange Server」「Exchange Online」の自動検出機能「Autodiscover」の脆弱性を発見した。同社の検証から分かった情報漏えいの仕組みや規模はどのようなものか。(2021/10/26)

コンピューティングと女子の関係【中編】
女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”
2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。(2021/10/24)

コンピューティングと女子の関係【前編】
女子は男子よりも「コンピュータ」をうまく使える? 英国試験が示す事実
コンピューティングは女子の方が男子よりも得意――。2021年夏の英国GCE A Level試験で、こうした状況が明らかになった。数字上は男女問わず前年から成績が向上したが、この見方には慎重論もある。(2021/10/17)

Uberが個人情報の取り扱いで犯したミス【前編】
Uberの「100万人分以上の個人情報漏えい事件」はなぜ起こったのか
オーストラリアのプライバシー監視機関の調査によって、個人情報を保護する適切な措置をUberが講じていなかったことが判明した。報告書の情報から、問題が発生した背景を読み解く。(2021/10/11)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第2回】
「KSAC」とは? 研修前に定義したい「コールセンタースタッフの必要条件」
コールセンタースタッフ研修を成功させるためには、企業は幾つかの要素を押さえる必要がある。その一つが「KSAC」の要件を決めることだ。具体的な内容を紹介する。(2021/10/5)

ブロガーが語るネットワークの3つの問題【後編】
リーダーの資質とは? ネットワークエンジニア「初級」「上級」の最大の違いは
ネットワークエンジニアとして優れた役割を果たすために必要なのは、技術的なスキルだけではない。ある専門家は初級エンジニアと上級エンジニアの違いを挙げて、リーダーが持っている“ある資質”を解説する。(2021/9/29)

女性×ITを英国GCSE受験者動向で考える【前編】
女子生徒が「コンピュータサイエンス」を敬遠の“謎” 英国卒業試験で受験者減
英国のGCSEで、選択受験科目であるコンピュータサイエンスの女子受験者が減少した。総受験者数は増加傾向にあるにもかかわらずだ。女子のみ受験者が減った理由は幾つかある。(2021/9/27)