デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
“万が一”でも回復戦略を実行、サイバー攻撃からデータを保護する最適解とは?
ランサムウェアや標的型攻撃をはじめ、金融機関のシステムを狙ったサイバー攻撃の脅威は増加する一方だ。データへの攻撃を防ぐためのセキュリティ対策はもちろん、万が一システムが破壊された場合の回復戦略も構築しておく必要がある。(2021/1/15)

ニューノーマル時代のデータの守り方
どこで分かれる? 災害やサイバー攻撃で「データを喪失するか、復旧できるか」
突然やってくる自然災害や感染症による都市やオフィスの機能停滞、そこを狙うサイバー攻撃による被害を未然に防ぐことは困難だ。事業継続計画(BCP)の重要性を見直し、「いかに早く、いかに小さな被害で復旧できるか」に注力するときだ。(2020/12/8)

今すぐ始めるべし
AI型サイバー攻撃に対抗する方法
AIを使ったサイバー攻撃は主流ではないが、いずれ犯罪者が活用するようになることは明白だ。こうした攻撃に対抗する方法とは何か。今すぐ始められることは何か。(2020/9/11)

メールを狙う標的型攻撃の傾向と対策【前編】
サイバー攻撃者の視点で理解する「なぜメールばかりが狙われるのか」
IPA「情報セキュリティ10大脅威」によると、組織における脅威の上位にメールを入り口としたサイバー攻撃が並んでいます。これほどにメールが狙われる理由は、攻撃者の立場から想像すると一目瞭然でしょう。(2019/6/19)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
サイバー攻撃からの復旧はDRではない──そのデータを確実に復旧する方法
サイバー攻撃に対する検出機能は多くの企業で導入が進んでいる。しかし、もし攻撃による被害が出てしまった場合に、データを確実にリカバリーする体制は確立できているだろうか? サイバー攻撃被害から復旧する方法を徹底解説する。(2019/8/20)

組織の壁を越えてITとOTが連携
現実味を増す社会インフラへのサイバー攻撃 東武鉄道はどう対処したか
社会インフラを狙うサイバー攻撃の脅威が顕在化しつつある。これにどう対処すべきか。稼働中OT(Operational Technology)システムのセキュリティを強化して国のガイドラインにいち早く対応した東武鉄道の事例に学ぶ。(2020/6/22)

国内企業もひとごとではないサイバー犯罪
“国家レベル”に凶悪化するサイバー犯罪に対抗する脅威インテリジェンス活用法
計画的かつ高度なサイバー攻撃は、かつては国家やそれに近い組織の専売特許だった。しかし今、こうした手法がサイバー犯罪者にも広まり、あらゆる企業が高度なサイバー攻撃の標的になりつつある。われわれが身を守るすべは何だろうか。(2021/1/22)

東京五輪に備えるセキュリティ対策【前編】
東京五輪で増えるサイバー攻撃、「自社は無関係」と考えてはいけない理由
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の裏側で、多くのサイバー攻撃が仕掛けられると専門家は予想している。その中でも「サプライチェーン攻撃」「Webサイトへの攻撃」に注意すべき理由とは。(2019/11/12)

シミュレーションを基に学ぶ
「AIサイバー攻撃」とは何か? Twitterの悪用を例に解説
人工知能(AI)技術をセキュリティ対策に応用する動きが広がる一方、攻撃者がAI技術を活用する「AIサイバー攻撃」の存在が意識され始めている。(2018/7/4)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
「破壊的なマルウェア」が強いる巨額のコスト、従来の攻撃との違いは?
中東を標的としていたサイバー攻撃の矛先が、企業に転じ始めた。その攻撃手法はシステムを徹底的に破壊するため、平均250億円という甚大な被害を及ぼすという。この警戒すべき攻撃をはじめ、サイバー攻撃の注目トピックスを解説する。(2020/5/21)

被災想定は「もし」から「いつ?」へ
企業の25%がサイバー攻撃される時代、外せないBCPの要素とは
万が一に備えたBCP(事業継続計画)にも、サイバー攻撃への備えが必要になってきている。災害対策とは異なる視点とは。(2018/12/10)

「サイバー攻撃とデータ保護」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazon ギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2020/10/16)

Computer Weekly日本語版
AI型サイバー攻撃に対抗する方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/9/2)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「サイバー攻撃対策製品」に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先での「サイバー攻撃対策製品」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2019/2/6)

規制緩和でリスクが増大
新型コロナ禍で医療従事者の自宅PCがサイバー攻撃の標的に 対策は?
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の医療機関は医療従事者の在宅勤務体制を整えつつある。一方で医療従事者の自宅用PCが攻撃された場合、医療システムへの侵入口となる恐れがある。どう対処すべきか。(2020/5/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は
米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。(2017/3/3)

平時以上に意識すべきセキュリティ対策
“コロナ便乗攻撃”に慌てない「バックアップ」のベストプラクティス
新型コロナウイルス感染症に乗じたサイバー攻撃への備えとして、有効な手段である「バックアップ」。そのベストプラクティスを紹介する。(2020/9/4)

受け手の関心事や話題に便乗
EMOTETだけではない「メールを悪用するサイバー攻撃」対策のポイント
2019年10〜12月に猛威を振るったマルウェア「EMOTET」の脅威はまだ終わっていない。人々の関心事や話題に便乗する攻撃を技術で制する方法はあるのだろうか。(2020/5/25)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
サイバー攻撃は「破壊」「恐喝」へ──調査で分かった「サイバー復旧」の現状
現在のサイバー攻撃は データ捕縛による身代金要求など巧妙化する一方だ。欧米企業では被害後を考えたデータ保護対策の導入が急速に進む一方で、日本企業を対象にした調査では「復旧」に対する温度差が見えてきた。(2019/8/20)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
高まるサイバーレジリエンス戦略の重要性、“攻撃を受けた場合”に備えるには?
データ主導型ビジネスへの転換が進んでいる現代。サイバー攻撃を受けた場合に組織はデータを迅速に回復させる必要がある。ビジネスの継続性を高めるためには、万一の事態に備えたサイバーレジリエンス戦略を構築したい。(2021/1/15)

何が違うの? MSSとSOC
セキュリティ対策を包括支援する「マネージドセキュリティサービス」とは
高度化、複雑化するサイバー攻撃に一般的な企業が自社の力のみで太刀打ちすることはほぼ不可能となっている。企業セキュリティを包括的に支援するサービスとは何か。どのようにサービスを選定して導入すべきかを解説する。(2021/1/27)

「レッドチーム演習」入門【前編】
いまさら聞けない「レッドチーム演習」の基礎 そもそもレッドチームとは?
「レッドチーム演習」は、企業がサイバー攻撃のシミュレーションを通じて自社の防御強化につなげるセキュリティ対策だ。演習ではどのようなことをするのか。そもそもレッドチームとは何なのか。(2020/12/11)

見えない敵にどう立ち向かうか
セキュリティ対策の次の一手、「EDR」でサイバー攻撃者の”足跡”をたどる
どれほどの対策を講じても、進化し続けるサイバー攻撃による侵害はゼロにはできない。これからのセキュリティ対策は、侵害を前提とした対策が必要だ。(2018/8/22)

対DDoS攻撃戦略【後編】
DDoS攻撃を緩和する2つの効果的な方法
DDoS攻撃は他のサイバー攻撃のカムフラージュである可能性がある。「DDoS攻撃が終わったら復旧すればいい」という認識は新たなリスクを生み出す。DDoS攻撃を受けてもシステムをダウンさせてはならない。(2021/1/18)

既存のセキュリティ対策だけでは足りない
「安全だけど使いにくいWebサイト」を作らないための新発想のセキュリティ対策
EC事業者などWebサイトをビジネスの核とする企業は、Webサイトのセキュリティを強化しつつも利便性は犠牲にできない。両者のバランスを保ちながら巧妙化するサイバー攻撃に対処するには、何に注目してセキュリティ対策を講じるべきなのか。(2021/1/8)

医療IoTのリスクと対策【前編】
ペースメーカー停止の恐れも 「医療IoTセキュリティ」を無視できない理由
インターネット接続が可能な医療機器は進歩を続けている。普及するほどサイバー攻撃者に狙われるリスクも増す。医療IoTを標的とした侵害事例を振り返り、医療IoTセキュリティの重要性を理解する。(2020/10/21)

2020年の新たな脅威【後編】
人気アプリの偽物も? 国家規模の組織が関わるサイバー攻撃に注意
2020年のサイバーセキュリティにおける新たな脅威を取り上げる。2019年に観測された「TikTok」の“偽アプリ”などのスパイウェアに対し、国家レベルの組織が攻撃に関与しているという見方がある。何に注意すべきか。(2020/3/19)

年々複雑化し、手口は巧妙に:
不正送金、フィッシング、DDoS――攻撃の背後にあるbotを排除するには
残念ながらサイバー攻撃に関するネガティブな話題には事欠かないが、打ち出される対策を見ていると一つ、重要なポイントが抜け落ちているように見える。攻撃者に操られ、さまざまな攻撃に扱われる「bot」への対策だ。(2020/12/11)

激変するビジネス環境とサイバー攻撃
セキュリティのトップランナーが語る「今、企業に必要な意識変革」とは
疫病の流行により、ビジネスやワークスタイルなど企業を取り巻く環境は大きく変わった。周りの変化を追うかのように、サイバー攻撃手法も変わり続けている。今まさにセキュリティに対する意識変革が求められている。(2020/12/7)

新世代テープ規格「LTO-9」のインパクト【後編】
「テープ時代の再来」が誇張ではない理由 LTOは360TBも視野に
テープの新規格「LTO-9」は、データの長期アーカイブやサイバー攻撃対策としての用途が期待できる。LTO-9の特徴とともに、進化を続ける「LTO」の今後の動向を確認しよう。(2020/11/26)