もぐらたたき状態のサイバー攻撃対策、組織が取るべき3つのアプローチとは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

日々進化を続けるサイバー攻撃に対処するには、自社のIT環境が既に侵害されていると想定し、セキュリティ対策を強化することが重要だ。これを実現するための3つのアプローチと、それらの実践を成功に導く秘訣を紹介する。

2023年11月06日 10時00分 公開
[ITmedia]

 デジタルインフラへの依存度が高まる中、サイバー攻撃はますます巧妙化している。1つ対処してもすぐに別の脅威が現れることから、自社のIT環境が既に侵害を受けていると想定し、セキュリティ対策を強化することの必要性が高まっている。

 そこでまず実践したいのが、攻撃対象領域の縮小だ。具体的にはエッジやコア、クラウドなどさまざまな領域で、アプリケーションやシステム、ネットワークの侵害につながる可能性のある脆弱性とエントリーポイントを特定する必要がある。さらに、侵入テストや脆弱性評価を定期的に実施し、対策が不足している領域を特定して補うことで、リスクの軽減につなげられる。

 本資料では、終わりの見えないサイバー攻撃に立ち向かうための3つのアプローチを紹介する。併せて、リソースと知識の不足を補い、それらを実践するためには、経験豊富なセキュリティプロフェッショナルと連携することが重要だと指摘。近年注目度を高めている生成AIがサイバーセキュリティにとって“もろ刃の剣”である理由についても解説している。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー搭載 Dell VxRailがもたらすメリット

 デル・テクノロジーズとVMwareが共同で設計し、あらゆるコンポーネントの最適化と検証を経て出荷されるDell VxRailは、DXを実現する次世代ITインフラに新たなユーザ体験をもたらします。

 データセンターのモダナイゼーションを促進する、ハイブリッドクラウドを導入する、あるいは開発者向けKubernetesプラットフォームを構築するなどの幅広い用途において、Dell VxRailが提供するターンキーエクスペリエンスで、継続的なイノベーションが可能になります。

 Dell VxRailは、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらす
インテル® Xeon® Platinum プロセッサーを搭載。クラウド、5Gエッジ・コンピューティング、人工知能を活用したデータ中心型コンピューティングの新たな時代における多種多様なデータセンター・ワークロードのニーズに対応します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.