長期テレワークに備えたセキュリティ計画【前編】
テレワークを本気で続けたいなら対処すべき「2大セキュリティリスク」とは
新型コロナウイルス感染症対策で導入したテレワークを一時的ではなく長期的な取り組みにするのであれば、あらためてテレワークのリスクを洗い出す必要があります。どのようなリスクがあるのでしょうか。(2021/1/12)

「5G」通信に潜む脅威【前編】
「5G」導入前に知っておきたい、通信事業者が恐れるセキュリティリスクとは?
新たな通信規格として注目を集める「5G」。導入を検討する企業は、5Gに対する通信事業者の懸念事項を把握しておく必要がある。調査レポートを基に5G通信のセキュリティリスクを解説する。(2019/8/30)

「何となく感じる不安」を放置しても大丈夫か
急ごしらえのテレワーク、長期化に伴うセキュリティリスクを数値化するには
新型コロナウイルス感染症対策の一環として急きょテレワーク環境を導入した企業は珍しくない。だが、これほど長期にわたって、大規模にテレワークが導入されることまでは想定していなかっただろう。そこにさまざまな課題が生じている。(2020/11/30)

リスクが急増する日
Windows 10 Version 1909サポート終了で発生するリスク
2021年5月にWindows 10 Version 1909のサポートが終了した。新バージョンに更新しなかったユーザーは、以後定常的にセキュリティリスクを抱えることになる。そして「あるタイミング」は特にリスクが高まるという。(2021/6/18)

もう後回しにはできない
今こそ見直したいテレワークセキュリティ対策 どこから着手する?
テレワークは「感染症拡大防止の一時的な対策」ではなく、今や標準的な働き方として定着しつつある。ならばテレワーク特有のセキュリティリスクを放置するわけにはいかない。どのようにリスクを可視化し、対策の優先順位を決めるべきか。(2021/3/8)

職務分掌の設計が重要
無思慮なS/4HANA移行で発生するセキュリティリスク
SAP ERPの導入時にありがちなのが「誰が何をできるのか」を十分に考慮して実装しないことだという。S/4HANA移行が本格化しつつある今、再び同じミスを繰り返してはならない。(2020/7/22)

全てのアクセスを信用しない理由
テレワーク推進で高まるセキュリティリスク 解決策は「ゼロトラスト」
テレワークは「ゼロトラストセキュリティ」を意識しないとリスクが高まってしまう。だが、企業が今後向かうべきゼロトラストセキュリティの第一歩としてテレワークを捉えるべきだ。(2020/4/10)

クラウドの事故が多いのはなぜか
クラウドの設定ミス防止やワークロード保護に役立つ技術とは
新しい成長市場には新たなセキュリティリスクが生まれる。クラウドやコンテナといったデジタルインフラも例外ではない。セキュリティポリシーの適用に悩む企業は多い。その解となるのが「CSPM」「CWPP」、そして「DevSecOps」の実現だ。(2021/4/13)

今ある資産をつないで価値を生む
DX推進の要、API活用のセキュリティリスクと解決策は
金融機関や自治体、公共サービスなどを中心に自社システムのAPI公開を進める動きが活発だ。ユーザーのインテグレーションを阻害せず、セキュリティを維持して運用するにはどういった方法があるだろうか。(2020/6/16)

ニューノーマル対応、DX推進……激変する企業ICTにセキュリティをビルトイン:
「セキュリティ・バイ・ビジネスデザイン」とは何か
COVID-19により企業セキュリティは大きな変革が求められた。緊急のテレワーク移行に加え、急速なDX推進に伴うビジネス開発においてもセキュリティリスクが顕在化した。増え続ける一方のサイバー攻撃から組織をどう守るか。専門家に聞いた。(2021/3/29)

ブロートウェアの取り除き方【後編】
Windows 10やAndroid、iPhoneの厄介アプリ「ブロートウェア」を取り除く方法
セキュリティリスクを生むプリインストールアプリケーション「ブロートウェア」をアンインストールするにはどうすればよいのか。「Windows 10」「macOS」「Android」「iOS」それぞれの方法を解説する。(2021/3/11)

2019年の事件から考えるセキュリティ対策【後編】
「キャッシュレス」「5G」「AI」のセキュリティリスクとは? 対策を整理
「キャッシュレス決済」「5G」「AI技術」といったさまざまな技術が国内で普及する裏側で、それらを狙ったり悪用したりするサイバー攻撃が登場している。どのような脅威があるのか。どう立ち向かえばよいのか。(2020/4/2)

パッチ適用を巡る諸問題【前編】
「迅速なパッチ適用」を妨げる事業部門
各種ソフトウェアのパッチを適用することはセキュリティリスクを低減させるが、システムが稼働しなくなるというリスクを内包している。技術的な課題を解決したIT部門は、さらに事業部門との問題も解決しなければならない。(2021/2/25)

Computer Weekly製品ガイド
分断化されたセキュリティリスクを一元管理する方法
デジタル化の時代は組織に新たなリスクをもたらす。従ってセキュリティ対策も連携性を強化する必要がある。(2020/3/3)

キーワードは「SASE」
クラウドとテレワークで広がる“社外”の勤務場所 安全・便利を両立させるには
クラウドやモバイルデバイスの普及により、テレワークなど新たな働き方が浸透する中、従業員の働く場所は社内外に広がっている。そうした状況におけるセキュリティリスクとはどのようなもので、どう対処すべきなのか。(2020/11/25)

期待の裏で高まる危険
「5G」導入が“致命傷”になる? 高まるセキュリティリスクと対策
5Gはそのメリットばかりが注目されがちだが、実はセキュリティの観点で注意すべき点が少なくない。利用する際は具体的にどのようなリスクに対処すればいいのだろうか。(2019/11/11)

人的要因が招くクラウドのリスク【後編】
「クラウドを理解していない承認者」が生むセキュリティリスクと解消方法
クラウド利用時には常に人的要因というセキュリティの脅威が伴う。それを克服するために大切なポイントを紹介しよう。(2019/10/16)

リスク回避とガバナンス整備の必要性
なし崩しのRPA導入が企業にもたらす多大なセキュリティリスクとは
安易にRPAを導入すると、統制が効かない「野良ロボット」が社内に増殖しセキュリティリスクの恐れがある。RPAの導入は、業務プロセスの可視化と管理を前提に考えるべきだ。(2018/3/30)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】
「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?
「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。(2020/8/4)

新たな技術と新たな脅威【中編】
「5G」「RPA」「AI」はなぜ危険なのか? リスクが生まれる原因を解説
企業が新たな技術を導入すると、それに応じて攻撃の接点も増加することになる。「5G」「RPA」「AI」といった新興技術はどのようなセキュリティリスクをもたらすのか(2020/5/12)

Computer Weekly製品ガイド
懐疑論者にゼロトラストの意義を納得させる方法
信用はセキュリティリスクの重要な要素であり、ゼロトラストでは「信用しながら検証する」としてきた従来のモデルが変化する。セキュリティ担当者は懐疑的な上層部を納得させなければならない。(2020/6/25)

新たな技術と新たな脅威【前編】
“何でもかんでも「IoT」化”が危険なこれだけの根拠
さまざまなデバイスをインターネットに接続して活用の幅を広げる「IoT」は、利便性の向上だけでなくセキュリティリスクの増加も招く恐れがある。どのような点に注意し、どう対処すべきか。(2020/4/27)

医療機器のセキュリティ対策の要点を解説
医療IoT「IoMT」のセキュリティリスク 患者の命をサイバー攻撃から守るには?
医療機器とソフトウェアをインターネットで接続する、医療におけるモノのインターネット「IoMT」。そのリスクと、セキュリティ対策で検討すべき事項とは。(2019/5/31)

自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【前編】
「パスワードは最低12文字」では不十分? 在宅勤務での情報漏えいを防ぐ方法
在宅勤務時やさまざまなインターネット接続デバイスの家庭内LAN利用において、セキュリティリスクの削減は頭の痛い問題だ。パスワード、マルウェア対策、プライバシー保護の観点から対策を紹介する。(2020/4/11)

人手での作業に伴う課題を解決
OSS利用に不可欠のライセンス・セキュリティリスク管理をDTSはどう効率化したか
システムインテグレーターのDTSは、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用してBIツールなどの製品を開発している。避けては通れないOSSライセンス違反のチェックや脆弱(ぜいじゃく)性検査を同社が効率化できた要因は何だろうか。(2019/6/17)

新規格WPA3で実現するセキュリティとは
Wi-Fiにありがちな11のセキュリティリスク
Wi-Fiは生産性に恩恵をもたらす半面、深刻なセキュリティ問題を発生させる恐れもある。企業がワイヤレスに関するセキュリティ問題を発見し、対策を強化するためにはどうすればいいのか。(2018/11/18)

攻撃者にとって格好の侵入口に
IoTのセキュリティリスクを甘く見てはいけない“これだけの理由”
「IoT」は、スマートフォンやスマートホームなど、普段の生活に役立つモノばかりでなく、企業内にも広く普及する。企業がIoTシステムやIoT機器の導入に取り組むには、セキュリティリスクへの注意が必要だ。(2017/8/24)

Webサービスは生体認証でパスワードレスの時代に
SaaS型生体認証の導入でパスワード認証に潜む危険を回避
Webサービスはフィッシング詐欺やパスワード漏えいなどセキュリティリスクがありながらもパスワード認証を使用している。パスワードレスな認証方式を利用すればこれらのリスクは回避可能だ。その解決策として、簡単に導入可能な生体認証SaaSを紹介する。(2020/3/23)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

人的要因が招くクラウドのリスク【前編】
クラウドセキュリティの“最大の敵”が「人」である理由
さまざまな場面でクラウドを導入する時代になっても、従来のオンプレミス環境と変わらないセキュリティリスクが存在する。そのようなリスクはなぜ生まれ、企業にどう影響を与えるのか。(2019/10/10)

モバイル管理システムの進化
「MDM」から「EMM」、そして「UEM」へ 歴史から学ぶデバイス管理の進化
クラウドサービスやモバイルデバイスの普及、セキュリティリスクの増大などが、デバイス管理システムを進化させてきた。「MDM」製品から「UEM」製品への進化の歴史を振り返る。(2020/1/23)

定期的な確認が大切
古いハードウェアを使い続けるリスクと、それでも使い続ける際の注意点
古いハードウェアは脅威をもたらす恐れがある。今日の企業が扱う機密データの量を考えれば、その可能性は十分ある。セキュリティリスクを低減するために何をすべきか。(2019/12/26)

Office 365とBox+αの構成なら考えておきたいシンプルSSO
「Office 365とBox+α」を使う企業のSSO、簡単便利ですぐ入る構成はどれか
業務環境の利便性を高めるSaaS。便利な一方で各種サービスのアカウント管理が新たなセキュリティリスクになる。対策としてのSSO導入は事前の検討内容次第で長期戦になりかねない。最短で決着させるためには、何が必要か。(2019/11/7)

アクセス制御やロボット自体の保護が重要
“危険なRPA”を生まないためにやるべきセキュリティ対策とは?
業務フローの革新を推進するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)。そのセキュリティリスクを管理しなければ、実益よりも損害の方が大きくなりかねない。具体的な対策を探る。(2019/10/28)

不正操作、盗み聞き、音声模倣
「音声アシスタント」に盗聴や“声まね詐欺”のリスク 気を付けるべき脅威と対策
音声アシスタントは便利な半面、セキュリティリスクも潜んでいる。導入する際に注意すべきことと、対策を紹介する。(2019/7/12)

コンテナセキュリティの基礎知識【前編】
いまさら聞けない「コンテナ」「オーケストレーター」の仕組みと役割
企業のシステム運用開発における新たな潮流がコンテナだ。コンテナとオーケストレーターの役割を知り、それらにまつわるセキュリティリスクに対処するための備えをしておくことが重要だ。(2019/6/21)

セキュリティと可用性を守りたいなら
SaaSアプリが医療現場のセキュリティリスクを軽減する4つの理由
医療機関はSaaS(Software as a Service)を利用すれば、ハッカーからの攻撃のリスクを減らすことができる。他のアプリケーションが攻撃を受けても、SaaSアプリケーションは稼働状態を維持できるからだ。(2018/4/4)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
テレワークでの情報漏えいやデータ消失リスクを回避する「保険付きPC」とは?
働き方改革の一環としてテレワークが普及する一方、持ち出しPCのデータ消失や情報漏えいといったセキュリティリスクはいまだ課題として残っている。その回避手段として注目されるのが、「テレワーク保険」が付帯されたノートPCだ。(2019/3/27)

BoxやDropbox、Microsoft OneDrive、Google Driveなど
いまさら聞けない モバイル向けファイル共有アプリで知っておきたい「3つの基礎」
企業向けファイル同期/共有アプリケーションをモバイルデバイスで利用する場合、自動同期機能の動作の違いやセキュリティリスクに注意が必要だ。(2019/1/20)

閉領網だからこそ実現できる
「無線LAN」でオフィス内IoTに潜むセキュリティリスクを回避する方法
PCだけでなく複合機やサイネージなど、オフィス内にある機器が社内ネットワークに接続されている。利便性を最大化しつつセキュリティも確保する方法がある。(2018/3/5)

Win 10導入における働き方改革のポイント
働き方改革に向けたシステム対応の死角はどこにあるか
働き方改革に向けたシステム整備は、考える以上にやるべきことが多い。だが、最も基本的なクライアント端末のOSを忘れてはいないだろうか。OSが大きなセキュリティリスクとなり得る。(2018/12/18)

兼松エレクトロニクス株式会社提供ホワイトペーパー
物理ネットワークが抱えるセキュリティリスク、低コストで克服する方法は?
物理アプライアンスのみで構成された従来型ネットワークには、構成変更作業に時間と人的リソースが必要、機器の入れ替えによるコスト増、セキュリティリスクの増大といった課題がある。そこで、これらの問題を解決する方法として、ネットワーク仮想化が注目されている。(2016/6/30)

従業員 vs. 管理者の戦いを終わらせるには
働き方の「いつでも、どこでも」と「セキュリティ」を実現するには
モバイルデバイスとクラウドサービスの活用により、従業員は簡単に「いつでも、どこでも」社内と同じように業務を行えるようになった。一方で、企業のシステム管理者は見えないセキュリティリスクを懸念する。(2018/11/13)

進むMFAの実装
生体認証導入で医療機関でもパスワードはなくなる? そのメリットと課題
医療機関を狙うサイバー脅威は増加している。生体認証はパスワード管理からユーザーを開放する手段だが、セキュリティリスクとソフトウェア要件に関する懸念が伴う。(2018/9/17)

McKinseyやKPMGなどの専門家が議論
「RPA」と「AI」のセキュリティ対策に違いはあるか?
企業にも従業員にもメリットをもたらす「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)。見過ごされやすいのが、そのセキュリティリスクだ。具体的にどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。(2018/5/17)

重要なのはエンドユーザーのニーズを知ること
熟練PCユーザーが自信をなくすiPhone、Androidの“3大セキュリティリスク”
モバイル時代のセキュリティ対策は、クライアントPCでの対策とは別物だ。IT部門が知るべき3大モバイルセキュリティリスクに対する最善の対策とは。(2016/3/18)

業務部門と情報システム部門の役割分担が鍵
ファイルサーバの無法地帯化を防止する効率的なアクセス権管理とは?
人事異動や組織変更のたびに、ファイルサーバのフォルダのアクセス権変更作業に追われる企業は少なくない。しかしこの作業を怠ると、重大なセキュリティリスクを招く。(2018/8/13)

「パスコードロックをかけない従業員」が災いを招く
iPhone最大のセキュリティリスクは「ダメなユーザー」 徹底したい安全3カ条とは
iOS端末の安全は高い評価を誇るが、警戒すべき“脆弱性”を抱えている。それは、「どのような行動が危険を招くか」を理解していないユーザーの存在だ。(2017/8/10)

最大のセキュリティリスクはやはり「人間」?
最大のセキュリティリスク“人の脆弱性”の問題とは? 米大統領選サイバー攻撃から学ぶ
米大統領選中に発生した地方自治体職員へのサイバー攻撃は、新たな流出文書でロシアの関与が明らかになった。投票改ざんの有無は不明だが、攻撃者は地方特有の“隙”を狙ったのではないか、という見方がある。(2017/6/21)

Googleは「VPNを使わない安全な通信」を既に利用中
VPNの安全神話は崩壊? 次に利用を検討すべきVPN代替製品
大手ベンダーのVPN製品に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。この脆弱性は深刻なセキュリティリスクをもたらす可能性があるという。脆弱性に対し、企業はどんな対策を取ればいいのか? VPNに代わるサービス情報と併せて解説する。(2018/4/12)