「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第1回】
ウェザーニューズが気象サービス「WxTech」構築で直面したインフラ面の課題とは
気象データを提供する「WxTech」サービスを構築する上で、ウェザーニューズはインフラに関する“ある課題”に直面した。それは何だったのか。(2021/7/28)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

Computer Weekly日本語版
RPAの正しい使い方
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/7/19)

ネットワークの重点投資分野【後編】
ネットワーク投資で「5G」「スマートNIC」「SD-WAN」に着目すべき理由
ネットワークの注目すべき投資分野として、専門家は「5G」や「スマートNIC」「SD-WAN」などを挙げる。その理由を紹介する。(2021/7/14)

AI市場に押し寄せるM&Aの波【前編】
AI企業を買収する側とされる側、それぞれの事情
新型コロナウイルスの流行に伴って、AIソフトウェア関連の合併買収(M&A)が活発化している。その背景には何があるのか。(2021/7/5)

RPA導入成功の条件【後編】
RPA導入を成功させるために不可欠な「経営陣との合意」
RPAのメリット/デメリットを理解し、効果的なユースケースを検討するだけではまだ足りない。経営陣はRPAの導入効果について“誤った考え方”に傾きがちだ。RPA推進者はこれを防ぐ必要がある。(2021/6/28)

TechTarget発 世界のITニュース
MicrosoftがTeamsアプリの開発ツール群を提供 ユーザー数は増加するのか?
Microsoftは「Teams」の魅力を高めてユーザーを増やすために、Teams用アプリケーションの開発を支援するツール群を投入する。開発者にとって何が変わるのか。(2021/7/22)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【中編】
「AWS Outposts」の機能と注意点とは? AWSのクラウドアプライアンス
AWSのアプライアンス「AWS Outposts」は、AWSサービスをオンプレミスインフラで実行する。AWS Outpostsで実行できるAWSサービスとは何か。「VMware Cloud on AWS Outpost」との違いや、利用時の注意点は。(2021/6/23)

RPA導入成功の条件【前編】
APIは万能ではない――APIではなくRPAを使うべき理由
APIによるシステム統合はモダナイズの要と考えられているが、全てのケースにAPIがマッチするわけではない。APIを使うべきではない場合もあり得る。APIよりもRPAが向いている場面とは何か。(2021/6/21)

顧客の心をつかむ7つの方法【第4回】
ZoomやTeamsがいくら便利でも、結局「対面」が重要な理由
ITの進歩により、顧客とのコミュニケーション手段は充実した。それでも依然として「対面」でのコミュニケーションは、顧客の心をつかむ上で重要だ。それはなぜなのか。(2021/6/8)

AWSの「クラウドIAM」7選【中編】
AWSアカウントの一元管理に役立つ「AWS RAM」と「AWS Organizations」とは
AWSは複数のAWSアカウントを管理しやすくするために「AWS RAM」「AWS Organizations」を提供する。これらの特徴と用途を整理しよう。(2021/6/3)

「Visual Studio Marketplace」があるのに「Open VSX Registry」が必要な訳
無料の人気エディタ「Visual Studio Code」の拡張機能が抱える“厄介な問題”
「Visual Studio Code」用拡張機能を提供するマーケットプレース「Visual Studio Marketplace」。オープンソースの「Open VSX Registry」はその代替を目指すという。Visual Studio Marketplaceだけでは駄目なのか。(2021/5/31)

「Pepper」だった可能性も
「Java」は昔、「Oak」だった――改名の理由と“幻の改名候補”
「Java」は登場当初から「Java」だったわけではない。元の名前は別であり、ある理由で改名を余儀なくされた。なぜ改名が必要だったのか。Java以外にはどのような候補があったのか。(2021/5/30)

AWSの「クラウドIAM」7選【前編】
AWS IAM、Amazon Cognito、AWS Directory Serviceとは? AWSの主要クラウドIAM
AWSはIDおよびアクセス管理(IAM)のクラウドサービス「クラウドIAM」を提供する。その中から「AWS IAM」「Amazon Cognito」「AWS Directory Service」の特徴を説明する。(2021/5/27)

ネットワークセキュリティの新常識
知っておきたい「SASE」のアクセス管理 今までと何が違うのか?
ネットワークとセキュリティの機能を集約した「SASE」は、アクセス管理の仕組みに従来のネットワークセキュリティ製品との違いがある。どう違うのか。(2021/5/26)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第1回】
「SD-WAN」の基本の基 WAN仮想化の全体像をざっくりとつかむ
テレワークの導入、クラウドサービスの利用拡大、IoTのような新たなアプリケーションの構築など、ネットワークの変更や調達が必要になる要素が多くなってきた。こうした中で「SD-WAN」が役立つ理由とは何か。(2021/6/2)

製品や技術を世に広める
“陽キャ”なプロ開発者「デベロッパーアドボケート」とは? 転身できる4条件
コーディングが好きで、ITに関する知識を誰かに伝えたいと思っている人は「デベロッパーアドボケート」の適正がある。どのような役割を持ち、どのような人が向いているのか。(2021/5/22)

コンテナオーケストレーターの基礎知識を深める
いまさら聞けない「OpenShift」と「Kubernetes」の基礎 どう違うのか?
コンテナオーケストレーターの「OpenShift」と「Kubernetes」は似ているが、全てが同じわけではない。両者の共通点を整理しつつ、どのような違いがあるのかを解説する。(2021/5/19)

「API」に著作権はあるのか【中編】
「API流用」は全て合法なのか? Google対OracleのJava訴訟判決で残る謎
Googleによる「Java」のAPIソースコード引用について、米最高裁は判決で合法との判断を示した。開発者にとっては朗報との見方がある一方、「判決には疑問の余地がある」と考える専門家がいる。どういうことなのか。(2021/5/17)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【後編】
COBOLも使える無料エディタ「Visual Studio Code」 M1搭載Macでも利用可能に
Microsoftが無償提供するオープンソースのソースコードエディタ「Visual Studio Code」は、利用可能なプログラミング言語や動作可能なデバイスを拡充させている。現状を整理しよう。(2021/5/16)

「API」に著作権はあるのか【前編】
JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?
「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。(2021/5/11)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【中編】
無料エディタ「Visual Studio Code」がMicrosoftファンを増やす“納得の理由”
ソースコードエディタ「Visual Studio Code」が開発者に好まれる理由はさまざまだ。機能面の理由だけではなく、MicrosoftがVisual Studio Codeの開発で示した姿勢も重要な理由になっているとみられる。それは何か。(2021/5/9)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【前編】
無料エディタ「Visual Studio Code」大人気の理由 “新世代のEmacs”か
月間1400万ユーザーを誇るソースコードエディタ「Visual Studio Code」。なぜ人気なのか。ユーザーの声を基に、その理由を探る。(2021/5/2)

コールセンターにおける「文字起こし機能」の価値【前編】
コールセンター関連会社がコスト半額で「文字起こし精度」を高められた理由
コールセンター向けクラウドサービスを手掛けるSharpen Technologiesは、自社サービスの自動文字起こし機能の精度向上を目指して音声認識システムを刷新した。システム移行の背景は。(2021/4/22)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】
Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野
「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。(2021/4/14)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「ハイブリッドクラウド」はさらに複雑化 役立つ運用管理ツールはあるのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスが混在し、企業のシステム運用は複雑になっている。この問題は簡単に解決しない。今後さらに複雑になる可能性もある。それはなぜなのか。(2021/4/12)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
デジタル競争に勝つために、モダンアプリ戦略を推進する4つの方法を学ぶ
デジタルサービス時代において、クラウドネイティブなモダンアプリケーションは成長を左右する要因になる。しかし、多くの組織はモノリシックでクリティカルな既存のアプリケーションも抱えている。スムーズな移行方法はないものか。(2021/4/9)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

コンテナネットワークの基礎知識【第6回】
AWS、Azure、GCPの「Kubernetesサービス」とは? 可用性を高めるための工夫
Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。(2021/4/14)

「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【前編】
AWSの2大検索サービス「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」とは
AWSの主な検索サービスには「Amazon Kendra」と「Amazon Elasticsearch Service」がある。それぞれの機能と特徴、利用方法を説明する。(2021/3/17)

「CASB」選定ガイド【前編】
「プロキシ型CASB」とは? フォワードプロキシ型とリバースプロキシ型の違いは
安全にSaaSを利用するセキュリティ対策として利用が広がりつつあるのが「CASB」だ。その主要な種類である「プロキシ型CASB」とは何か。「フォワードプロキシ型CASB」と「リバースプロキシ型CASB」の違いとは。(2021/3/12)

「クラウドファイル共有」7選【第3回】
クラウドファイル共有「Egnyte」「FileCloud」とは オンプレミスからの接続も
「クラウドファイル共有」は、異なる場所で作業をする人同士のコラボレーションを支援するためにさまざまな機能を搭載する。代表的なサービスである「Egnyte」「FileCloud」で何かできるのか、詳細に見てみよう。(2021/3/10)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

TechTarget発 世界のITニュース
「AI」で小売業者のECシフトを支援 Googleの新クラウドサービスの中身は?
Googleは、AI技術を利用した小売業者向けクラウドサービス3種を発表した。小売業者のECへの移行を支援するという。これらのクラウドサービスで小売業者は何ができるのか。(2021/2/26)

AaaSからXaaSまで
「as a Service」主要43種の一覧 あなたは幾つ知っている?
クラウドサービスの普及と共に、多様化が進んだ「as a Service」。具体的にはどのようなサービスがあるのか。主要なas a Serviceをアルファベット順に紹介する。(2021/4/1)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

auカブコム証券が取り組む内部不正対策【後編】
auカブコム証券が考える、ログを「取りっ放し」にしないセキュリティ活用術
auカブコム証券は内部・外部不正対策として複数ログを相関的に分析している。巧妙化するサイバー攻撃の対策として同社が目指すこととは。(2021/3/8)

サプライチェーンの再考が成功の鍵
AmazonにWalmart――コロナ禍の“勝ち組小売り”は何をした? Accentureに聞く
小売業者はサプライチェーンを成長要因として再考することで、パンデミックに伴う消費者行動の変化に対処している。具体的に何をしているのか。Accentureの調査結果と幾つかの事例を基に探る。(2021/2/4)

受け入れがたい問題に直面
「海外で発生したロックダウン」による影響から学んだ教訓
自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。(2021/2/2)

auカブコム証券が取り組む内部不正対策【前編】
auカブコム証券を煩わせた「人手でのログ確認」 その課題とは?
インターネット証券会社のauカブコム証券は、さまざまなログを分析して内部不正対策に取り組んでいる。だがそこには人手だけでは対処し切れない課題があった。それはどのようなものか。(2021/3/2)

仮想化時代の一押し技術【後編】
運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術
オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。(2021/1/29)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

2021年のWindows【後編】
Microsoftの対Apple/Android戦略とArmサポートの強化が意味すること
Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。(2021/1/29)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

TechTarget発 世界のITニュース
RingCentralがAI音声分析スタートアップを買収 「UC」×「AI」で何が変わる?
スタートアップのDeepAffectsは、音声通話やWeb会議などの音声を分析可能なAI技術を開発する。RingCentralは買収を通じて、DeepAffectsの技術をどう生かすのか。(2021/1/21)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】
Kubernetesエコシステムのゴールとは何か?
複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。(2021/1/19)